アーカイブ - 2007年 9月 26日 - car

「持続可能なデジタル保存・アクセスのための国際ブルーリボンタスクフォース」結成

全米科学財団(NSF)とアンドリュー・W・メロン財団が協同で出資し、米国議会図書館(LC)、米国国立公文書館・記録管理所(NARA)、図書館情報資源振興財団(CLIR)、英国情報システム合同委員会(JISC)が支援する、「持続可能なデジタル保存・アクセスのための国際ブルーリボンタスクフォ…

今年はSecond LifeやSNSでも禁書週間のイベント(米国)

米国で、毎年9月に行われている、図書館や書店が読書の自由を訴えるイベント「禁書週間」(Banned Books Week)が、今年も行われます。今年は9月29日〜10月6日がその週間にあたっており、米国図書館協会(ALA)では仮想都市コミュニティサイト“Second Life”、ソーシャルネットワーキングサイト(SN…

IMLSが博物館・図書館に対し総額1,800万ドルの助成金

米国の博物館・図書館情報サービス機構(IMLS)はこのほど、先進的な活動を行っている博物館・図書館43機関に対し、総額1,800万ドル(約20億円)の助成を行いました。$18 Million Awarded to Advance Innovation and Public Service at Nation’s Museums and Librarieshttp://www.imls.gov/news/2007/092507.shtm

ボストン図書館コンソーシアムがOpen Content Allianceに参加を表明

MITやボストン大学他、19機関で構成するボストン図書館コンソーシアム(BLC)がこのほど、Yahoo!とInternet Archiveが中心となって進めている電子図書館プロジェクト、Open Content Alliance(OCA)への参加を表明しました。Internet Archiveの技術を用いることにより、スキャニングにかかる費用は1ページあた…

図書館でファッションショー?(日本)

奈良県立図書情報館は、開館2周年を記念して、図書情報館内でファッションショーを開催するとアナウンスしています。開館2周年記念 tribute to 光明 Fashion Show 開催! - 奈良県立図書情報館http://www.library.pref.nara.jp/event/koen.html#MIRANO11月にファッションショー-2周年の県図書情報館 - 奈良新聞http://www.na

2008年版オープンアクセスカレンダー

英国の学術情報産業コンサルタント、Key Perspectives社の取締役であるスワン(Alma Swan)氏が、これまでのオープンアクセスの動向のうち、特筆すべき出来事を書き込んだカレンダーの2008年版を作成し、同社のウェブサイトで公開しています。2008 Open Access Calendarhttp://www.keyperspectives.co.uk/aboutus/Being_cr

[お知らせ]カレントアウェアネス-E114号発行

『カレントアウェアネス-E』114号を発行しました。□目次□■E695■ アフリカにおける全国書誌の現状■E696■ 第1回大韓民国図書館フェスティバル■E697■ Elsevier社,無償のがん情報提供ポータルサイトを開始■E698■ Googleブック検索に新機能が追加■E699■ 地方の小さな図書館の「利用者向…

ひらめき思考を代行する発想支援ソフト「アイデア革命」

京都大学情報学研究科の研究グループと同大学発のベンチャー企業、AIセンチュリー株式会社が共同で、ひらめき思考を代行するという発想支援ソフト「アイデア革命」を開発しました。これは、KJ法等に代表されるカード式発想支援方法をパソコン画面上で実現したものとなっています。京都大…

司書になった学生に対する連邦政府学生ローンの返還免除に関する法律案のまとめ(米国)

米国では、ベビーブーム世代の大量退職に備え、司書になった学生に対し連邦政府学生ローンの返還を免除するよう法制化することで、司書になる学生を増やそうと米国図書館協会(ALA)などが働きかけています。このような法律案が複数、議会に提出されていることから、法制化を求める背景…

図書館利用カードを作った児童・生徒に50ドル支給(ニューヨーク)

ニューヨーク市では、ブルームバーグ(Michael Bloomberg)市長が貧困対策プログラム“Opportunity NYC”を推し進めています。これは、金銭のインセンティブにより教育・健康維持・就業を促進するものです。このプログラムの一環として、図書館利用カードを作った児童・生徒(小学生〜高校生)に50…

[お知らせ]『カレントアウェアネス』293号発行

『カレントアウェアネス』293号を発行しました。□目次□◆CA1634◆「システムズライブラリアン」の位置づけをめぐって / 澤田大祐◆CA1635◆韓国の図書館関連法規の最新動向 / 金容媛◆CA1636◆中国におけるバーチャルレファレンスサービス / 清水扶美子◆CA1637◆日本における漫画の保存と利用 / …