アーカイブ - 2007年 8月 - car

8月 8日

インド政府が図書館の改善計画に100億ルピーを拠出予定

インドでは2007年10月より、図書館・情報サービスについての国家的使命(National Mission on Library and Information Services)に着手する予定であると、インドの新聞Telegraph紙が報じています。100億ルピー(約291億円)を投入し、国立図書館を初めとした図書館の蔵書構築や、図書館間ネットワークの構築等…

JLA、お話会・読み聞かせに関する著作権Q&Aを公表

JLA著作権委員会が、お話会・読み聞かせ等の活動で著作物を利用するときに気をつけるべき、著作権法上の注意をQ&A形式でまとめ、公表しています。お話会・読み聞かせに関する著作権Q&A〜児童書四者懇談会の「お話会・読み聞かせ団体等による著作物の利用について」の疑問点を中心に〜(PD…

JLA、権利制限の要望の背景となる「図書館像」について公式見解を示す

JLAが、文化審議会著作権分科会法制問題小委員会に対し、『図書館に関する権利制限の要望の背景となる「図書館像」について』を提出しました。図書館に関する権利制限の要望の背景となる「図書館像」について(PDF)http://www.jla.or.jp/kenkai/20070802.pdf

[お知らせ]カレントアウェアネス-E111号発行

『カレントアウェアネス-E』111号を発行しました。□目次□■E675■ 新潟県中越沖地震による県内図書館の被害状況と現状■E676■ Google Book Search, 日本へ本格進出■E677■ デューイ十進分類法を採用しない図書館,議論の的に(米国)■E678■ 出版業界における電子タグ実証実験の動向(日本…

8月 7日

図書館とNIIの集い“NII Library Forum 2007”

国立情報学研究所(NII)が、2007年9月12日〜10月5日のうちの6日間、全国6会場で、NIIの学術コンテンツ事業を報告する「図書館とNIIの集い」を開催すると発表しています。平成19年度図書館とNIIの集いhttp://www.nii.ac.jp/csi/nlf2007/index.html

情報管理 50(5)

情報管理 Vol. 50 (2007) , No. 5 http://www.jstage.jst.go.jp/browse/johokanri/50/5/_contents/-char/ja/講演 バイオテクノロジーと特許制度のあり方第1回:問題の所在田村 善之 医療情報の国際標準規格HL7その意義,解決される問題点木村 通男 UCEE研究者データベースのコンセプト 藤野 真人, 篠崎 和夫, 名取 幸和, 太…

情報の科学と技術 57(8)

情報の科学と技術Vol. 57 (2007), No.8http://www.infosta.or.jp/journal/newjmoku.html特集=「図書館・情報活動と<評価>」 情報・情報システムの評価の概要と問題点 岸田 和明ビブリオメトリックスとは 孫 媛情報検索システムの評価:テストコレクションを中心に 栗山 和子電子図書館の質的評価 宇陀 …

情報管理 50(4)

情報管理Vol. 50 (2007) , No. 4 http://www.jstage.jst.go.jp/browse/johokanri/50/4/_contents/-char/ja/日本の全国書誌サービス─その歩みと展望中井 万知子 日本繁殖生物学会におけるJ-STAGE投稿審査システム導入事例Journal of Reproduction and Development(JRD)誌のオンライン投稿審査システム大蔵 聡 索引作業におけるより高…

情報の科学と技術 57(7)

情報の科学と技術Vol. 57 (2007), No.7http://www.infosta.or.jp/journal/back2007j.html#7特集=「図書館業務のアウトソーシング」 アウトソーシングと大学図書館論 牛崎 進経営におけるアウトソーシング 島田 達巳明治大学図書館におけるアウトソーシング−サービスの拡大・多様化・高度化に向けて− 飯澤 …

ウィキペディアの記事の信頼度を示す工夫とは?

ウィキペディアは大きな人気を得ている一方、記事の内容が事実に基づいて書かれているかという信頼性が問題とされてきました。カリフォルニア大学サンタクルーズ校(UCSC)は、ウィキペディアの記事の個々のフレーズを信頼度によって色づけするプログラムを開発し、この問題に対処しようとしています。

このプログラムは、当該記事の編集記録を全て分析して、個々のフレーズの信頼度を算出します。変更されずに生き残っている表現は信頼度が高いと判断され、変更が度々加えられているは表現は低いと判断されます。

デモサイトで実際に色づけされたウィキペディアの記事を見ることができますが、信頼度の高低が、オレンジ色の濃淡で表現されており、オレンジが濃いほど信頼度が低いことを示しています。

New Program color-codes text in Wikipedia entries to indicate trustworthiness
−UCSCのプレスリリース
http://www.ucsc.edu/news_events/press_releases/text.asp?pid=1471

ベネズエラの“ラバ図書館”

ベネズエラにあるMomboy大学は、驚くべき方法を使って、読書の喜びを僻地に住む人々に伝えています。その方法とは、家畜である“ラバ”を使った移動図書館です。2頭のラバは本を背負って、アンデスの険しい山をゆっくりと、しかし着実に越えながら、いくつかの集落を周ります。この移動図…

デジタルオーディオブックの大手同士がお互いを訴える騒ぎに(米国)

デジタルオーディオブックの出版社Recorded Booksとそのコンテンツを配信してきたNetLibraryの間で独占的契約を巡って訴訟騒ぎになっているそうです。Recorded Books, NetLibrary in Lawsuits Over Audiobook Servicehttp://www.libraryjournal.com/article/CA6460213.htmlCourt Battle Between Recorded Books and NetLibrary Heats Uphttp://www.libraryjournal.c

南アフリカ国立図書館がWorldCatに参加

OCLC Abstractの記事によると、オーストラリア国立図書館、ニュージーランド国立図書館とともに、南アフリカ国立図書館がWorldCatに参加することになったようです。記事によると約1,200件のデータをWorldCatに登録するそうです。WorldCat Registry more global with the help of national librarieshttp://www5.oclc.org/downloads/

8月 6日

ERIC、マイクロフィッシュデジタル化の成果2万点を公開

米国教育省教育学研究所によって運営されている、教育学分野の研究・情報を提供するデータベース“ERIC(Education Resources Information Center)”は、1966年から1992年までの文献34万点を、マイクロフィッシュからデジタル化して提供するというプロジェクトを、2009年3月までの予定で行っています。こ…

イェール大学図書館、BioMed Centralへのメンバーシップを打ち切りへ

2007年8月3日、イェール大学のカッシング・ホイットニー医学図書館(Harvey Cushing/John Hay Whitney Medical Library)とクライン理学図書館(Kline Science Libraries)が、BioMed Centralへのオープンアクセス・メンバーシップを打ち切ることを発表しました。BioMed Centralのオープンアクセス・メンバーシップでは、…

カナダ国立図書館・文書館(LAC)がISBN付与サービスシステムをリプレイス

2007年8月1日をもって、LACのISBN付与サービスシステムCISS(Canadian ISBN Service System)が新しくなりました。ISBNを取得しようという出版社はまず、CISSのウェブサイトにアクセスし、自社のプロフィールと該当資料についての記述を入力して、アカウント登録をします。登録後は、いつでもCISSにアクセ…

NYPL、パブリックドメイン図書のオンデマンド印刷サービスを実演

米国のニューヨーク公共図書館(NYPL)が、パブリックドメインの本を利用者に無料で印刷・提供するサービスを始めるというニュースが報じられていましたが、9月7日までの予定で、自動印刷機器(EBM)による製作実演が行われています。サービスを申し込んだSchool Libraray Journalの記者によると…

ハリー・ポッターシリーズは子どもの読書への興味を刺激したか?

ハリー・ポッターシリーズが世界的なベストセラーとなって以来、この物語の登場によって子どもたちは読書に興味を持つようになった、あるいは、それほど影響は及ぼしていないといった議論が各所で交わされています。このほど米国芸術基金(National Endowsment for the Arts)が行った調査による…

8月 3日

三重県教育委員会、「新しい県立図書館づくり〜知識と情報の拠点を目指して〜」を公表

三重県教育委員会が、2010(平成22)年度を目標年度とした、新しい県立図書館づくりのための方針として「新しい県立図書館づくり〜知識と情報の拠点を目指して〜」を作成、公表しています。新しい県立図書館づくり〜知識と情報の拠点を目指して〜http://www.pref.mie.jp/SHOGAKU/HP/tosyokan/三重県立図…

欧州規模の電子学位論文ポータルを構築する実験

英国情報システム合同委員会(JISC)、スウェーデン国立図書館、オランダのSURF財団が協同で、欧州各国の機関リポジトリからデータをハーベストして、欧州規模の電子学位論文ポータルを構築する実験“European e-Theses portal”を行った成果の報告書“A PORTAL FOR DOCTORAL E-THESES IN EUROPE; Lessons Learned from…

ページ