アーカイブ - 2007年 8月 9日 - car

アジア経済研究所図書館、アジア動向データベースをオンライン公開

日本貿易振興機構(JETRO)アジア経済研究所図書館が、「アジア動向データベース」をオンライン公開しています。これは、アジア経済研究所が1970年から刊行している『アジア動向年報』(アジア各国の政治・経済動向を現地の第一次資料に基いて分析したもの)をデータベース化したもので、…

大学図書館から見たSPARC Japanパートナー学会/誌の評価

国立情報学研究所(NII)の国際学術情報流通基盤整備事業(SPARC Japan)運営委員会パートナー学会及びパートナー誌評価ワーキンググループが、『大学図書館から見た国際学術情報流通基盤整備事業パートナー学会及びパートナー誌評価報告書』を作成、公開しています。大学図書館から見た国…

BL、Web 2.0スタイルで年報を公開

英国図書館(BL)が、2006/2007年の年報を公開しています。この年報はWeb 2.0スタイルを謳っており、3分間のダイジェストをMP3形式の音声ファイルで提供したり、利用者による評価を(利用者が出演する)動画で紹介したりしているほか、自分の感想をBLに送ったり、人にメールで紹介したりできる…

クリエイティブ・コモンズ・ジャパン、NPO法人化

日本においてクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの普及・実践を行っている組織、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンが、NPO法人化しています。あわせて、法人化後の今年度の活動として、セミナー等の開催、Japan OpenCourseWare(JOCW)との連携による大学教材の柔軟な流通の促進、クリエイ…

Google Book Searchにコーネル大図書館が参加

Google Book Searchの27番目の参加館として、コーネル大学が加わると発表されています。プレスリリースによると、コーネル大学マン図書館(Albert R. Mann Library)が所蔵する図書約50万冊以上をデジタル化するとのことです。生物学、天然資源、動・植物、環境学、応用経済学、経営学、公共政策、人…

オーストラリア国立図書館のスタッフペーパー「目録を再考する」

オーストラリア国立図書館が、新しい目録システムに取り組んでいる担当者によるスタッフペーパー「目録を再考する(Rethinking the catalogue)」を公開しています。このペーパーでは、将来にわたってコレクションへの利用者のアクセスを提供し続ける、という目録の使命のために必要な戦略とし…

NDIIPPの新プロジェクト“Preserving Creative America”

米国議会図書館(LC)の全米デジタル情報基盤整備・保存プログラム(NDIIPP)で、新しいプロジェクト“Preserving Creative America”の開始と、そのパートナーとなる8機関が発表されています。このイニシアチブは、米国の創造的なデジタルコンテンツを長期保存するための取り組みに対し総額215万ド…