アーカイブ - 2007年 8月 28日 - car

宮崎大学附属図書館、OPACにJuNii+をマッシュアップしてリポジトリコンテンツをリコメンドする試み

宮崎大学附属図書館が、宮崎大学学術情報リポジトリを公開するとともに、OPACの検索結果に、日本のリポジトリコンテンツのサービスプロバイダであるJuNii+の検索結果も合わせて表示するマッシュアップを実現し、DRF(Digital Repository Federation)のML等で話題を呼んでいます。[drf:50] OPACにJuNii+をマ…

福井県立図書館、レファレンス協同データベースへの提供事例へのアクセスランキングを発表

福井新聞が、国立国会図書館と全国の図書館の協同で進めているレファレンス協同データベースの利用状況について簡単にリポートしています。福井県立図書館は約300の事例を登録していますが、これら提供事例に7月の1ヶ月で約6000件のアクセスがありました。これは全アクセス数の約1割になり…

雑誌の目次RSSを集約して新たな図書館サービスの可能性を探るプロジェクト"ticTOCs"

英リヴァプール大学図書館(University of Liverpool Library)を中心としたグループが、様々な出版社から配信されている電子ジャーナルの目次RSSを集約して、様々なサービスを展開しようとするプロジェクト"ticTOCs"を立ち上げています。目次RSSを集約することで、研究者が目当ての論文を捜しやすくな…

インタラクティブ版報告書「デジタル時代の大学出版」の試み

ミシガン大学図書館学術出版局が、E679で紹介したithakaのレポート“University Publishing In A Digital Age”について、読者が本文にコメントを付けていくことができるバージョンを公開しています。これは、 Institute For the Future of the Book という研究グループが開発した、本文の余白にコメントが書き込め…