アーカイブ - 2007年 8月 23日 - car

IFLAダーバン大会で、土着の知(Indigenous Knowledge)が話題に

2007年8月19日に南アフリカ共和国のダーバンで開幕したIFLA年次大会が、今日閉幕しました。大会では、「未来への図書館(Libraries for the Future)」という大会のテーマに関連して、土着の知(Indigenous Knowledge)とオーラルヒストリーの重要性が改めて強調されました。この記事では、大会の様子もあ…

AquaBrowserとLibraryThingがパートナーシップを組み、OPACにコミュニケーション機能を追加

ビジュアルに優れたOPACシステムとして急成長するBedialab社のAquaBrowserに、利用者が図書館資料についてコメントやオススメを書き込むことのできる機能"My Discoveries"が加わりました。この"My Discoveries"では、本についてのレビューを書いことや、タグ付けができますが、ここに愛書家のSNSとして最大…

「ローテク」で図書館へのアクセスを向上させる試み

米国メリーランド州のアナポリス・バレー地域図書館(AVRL)が、アウトリーチサービスの1つとして郵便による本の貸出サービス、“Books by Mail”をスタートしました。これは、交通手段がないため来館が難しく、インターネットも利用できない人々を対象に考案されたサービスです。利用者が読…

英国のオンライン書店、本に関わる人を繋ぐウェブ上のコミュニティを開設

300万点を超える書籍やゲームを取り揃え、1997年の開設以来、10万人以上の顧客からの購入実績を誇る英国の老舗オンライン書店・Countrybookshop.co.ukがこのほど、読者、著作者、書店、出版社、イベント企画者など、本に関わる人が交流できるネット上のコミュニティ、“booksconnect”を開始すること…

岐阜県立看護大学図書館、学外看護職者へのアンケート結果を発表

岐阜県立看護大学図書館が、平成18年度に行った学外の看護職者の利用者75名へのアンケート調査の結果を公表しています。学外看護職者へのアンケート結果を報告しますhttp://www.gifu-cn.ac.jp/library/2007/08/post_12.html岐阜県立看護大学図書館が学外看護職者へのアンケート結果を発表 - Academic Resource Guid…

札幌医科大学総合情報センター、24時間開館実施後のアンケート調査

札幌医科大学総合情報センターが、24時間開館実施に伴うアンケート調査を行っています。270名から回答を得ています。図書館の利用に関するアンケートについて - 札幌医科大学総合情報センターhttp://infonavi.sapmed.ac.jp/jpn/modules/news/article.php?storyid=76