アーカイブ - 2007年 8月 21日 - car

ノースカロライナ州立大学図書館、ファセット方式のOPAC導入を語る(米国)

ファセット方式のOPACを取り入れたとして有名になった米国ノースカロライナ州立大学(NCSU)図書館の Head of Information Technology が、その経緯や経験を米国議会図書館(LC)で講演し、その模様がWebcastとして公開されています。NCSU's Faceted Catalog: 18 Months Later http://www.loc.gov/today/cyberlc/feature_wdes

CrossRef、バックファイルのDOI登録を強化

CrossRefは、電子ジャーナルのバックファイルのDOI登録の価格を1論文あたり12セントに引き下げると発表しています。現在CrossRefには2800万件以上のDOIが登録されていますが、今回の措置にはバックファイルのDOI登録を強化する狙いがあります。なお、カレント分(近年3年間)については1論文あたり…

ゲームと学習と図書館に関するシンポジウム、開かれる(米国)

米国図書館協会のALA TechSourceと大学研究図書館協会(ACRL)が共催して、7月にゲームと学習と図書館をテーマとした3日間のシンポジウムを開催しました。図書館はゲームを使って学習や教育をどのように支援できるか、を中心テーマとして25以上のセッションが開かれたようです。ALA TechSourceで、…

IFLAが乳幼児向け図書館サービスのガイドラインを発表

IFLAは2006年から2007年にかけて、第3部会(Division of Libraries Serving the General Public)の全分科会による協同プロジェクトとして乳幼児向け図書館サービスのガイドライン作成に取り組んでいましたが、このほどガイドラインが完成し、発表されました。このガイドラインは、世界中の公共図書館が質の…