アーカイブ - 2007年 6月 26日 - car

ARL、学術コミュニケーションに関するディスカッションにおけるリーダーのためのガイドを作成

北米研究図書館協会(ARL)が、学術コミュニケーションについて図書館スタッフ間でディスカッションを行う際に役立つような、リーダー向けのガイド(brown-bag lunch:「弁当」)を作成し、発表しています。このガイドは以下の6つのテーマからなっており、それぞれ、スコープの設定、目標の設…

NISOのSERU、ドラフト0.9版に

米国情報標準化機構(NISO)のワーキンググループSERU (Shared E-Resource Understanding)が、図書館−出版社間の電子情報資源の契約に用いることができる標準化された利用条件等を記した覚書のドラフト0.9版を作成しました。Draft Recommended Practice for Trial Use Now Available - SERU, NISOhttp://www.niso.org/committees/SERU/NIS

ソーシャル・タグはどのくらい構造化されているのか?

利用者がコンテンツにタグをつけて分類する「フォークソノミー」を実現している代表的なソーシャル・タギングサイト“del.icio.us”、“Furl”、“Technorati”のタグが、米国情報標準化機構(NISO)の定めるシソーラスに関するガイドライン(ANSI/NISO Z39.19 -2005 Guidelines for the Construction, Format, and Manage…

カリフォルニア大学図書館の次世代総合目録はWorldCat Localで

米国カリフォルニア大学図書館が、同大学図書館の総合目録“Melvyl Catalog”の次世代モデルを、OCLCのWorldCat Localベースで開発すると発表しています。2008年の早い段階でリリースされる予定です。University of California Libraries Collaborate with OCLC on Next Generation Melvyl CatalogUC Libraries Become Newest Institutions to Pil…

Google、オープンソースのOCRを開発中

Googleが公式ブログで、現在開発中のオープンソースの光学式文字認識(Optical Character Reconginition:OCR)ソフトウェアを紹介しています。Google and open source OCR - Official Google Bloghttp://googleblog.blogspot.com/2007/06/google-and-open-source-ocr.htmlocropus - Google Codehttp://code.google.com/p/ocropus/参考:オープンソースのOCRシス…

NII、「オープンアクセス・ムーブメント関連年表」を翻訳、発表

オープンアクセスに関するニュースサイト“Open Access News”のズーバー(Peter Suber)氏が作成した「オープンアクセス・ムーブメント関連年表」を、国立情報学研究所(NII)が翻訳し、次世代学術コンテンツ基盤共同構築事業のウェブサイトで提供しています。Peter Suber オープンアクセス・ムー…

「鳥取県立図書館の目指す図書館像」アクションプラン(案)

鳥取県立図書館が2007年6月、2006年3月に作成した「鳥取県立図書館の目指す図書館像」を実現するための具体的な施策としてアクションプラン(行動計画)の案を定め、意見募集に付しています。「鳥取県立図書館の目指す図書館像」アクションプラン(案)について意見募集のお知らせhttp://www.l

RDA Part A, chapters 6-7の改訂版ドラフト発表

英米目録規則(AACR)改訂合同運営委員会(JSC)が6月17日、RDA(Resource Description and Access)のパートAの第6章(Persons, families, and corporate bodies associated with a resource)・第7章(Related resource)の改訂版ドラフトを発表しました。2006年6月20日の初版ドラフトから、第6章と第7章が入れ替わるなど、いくつか…

ALAの新アドヴォカシーサイト“ilovelibraries.org”

米国図書館協会(ALA)が、6月21日からの年次大会開催にあわせて、新しいアドヴォカシーサイト“ilovelibraries.org”を立ち上げました。図書館を取り上げているニュースの紹介、ALAが表彰した作品の紹介のほか、各地の図書館が作成しYoutubeに投稿したビデオ、Flickrに投稿した写真なども見ることが…

Bowker社、“AquaBrowser”のMedialab Solutions社を併合

“Books in Print”の刊行元として知られる書誌情報サービスの大手Bowker社が、ファセット方式での検索や入力語と関連する語のマップ表示などで知られるOPACシステム“AquaBrowser”のMedialab Solutions社を併合したと発表しています。R.R. Bowker Acquires Medialab Solutions, Developer of AquaBrowser Libraryhttp://www.bowker.com/

愛知県図書館の協力・支援活動についてのアンケート結果

愛知県図書館が、県内の市町村立図書館、公民館図書館の職員を対象に行った「愛知県図書館の協力・支援活動についてのアンケート」の調査結果を公表しています。「愛知県図書館の協力・支援活動についてのアンケート」調査結果http://www.aichi-pref-library.jp/enquete/H18enquete-kyouryoku.pdf

LC、全米電子新聞プログラムの成果"Chronicling America"ベータ版を公開

米国議会図書館(LC)は、全国人文科学基金(NEH)の支援の下、全米の歴史的な新聞をデジタル化する全米電子新聞プログラム (NDNP)を協力機関とともに展開していますが、このほど20世紀初頭発行の31万ページ分をベータ版として公開したと発表しています。また、今年度は、ノーステキサス大学等3…

19世紀の新聞の大規模デジタル化計画(オーストラリア)

オーストラリア国立図書館(NLA)は、800万ドル以上をかけ、19世紀の新聞350万ページ分をデジタル化して公開すると発表しています。National Library to digitise newspapers for the nationhttp://www.nla.gov.au/pressrel/NationalLibrarytodigitisenewspapersforthenation.html参考:CA1577 (No.286) - 動向レビュー:新聞資料のデジタル化を…