アーカイブ - 2007年 5月 8日 - car

“RLG Union Catalog”と“WorldCat”の統合作業、第一段階が終了

RLGが提供していた総合目録“RLG Union Catalog”を、“WorldCat”に統合する作業が進められています。このほど第一段階として、“RLG Union Catalog”と“WorldCat”の書誌をマッチングさせ、“WorldCat”にない書誌レコードを、“RLG Union Catalog”から移行させたと発表しています。OCLCの発表によると、約5,000…

ドイツ国立図書館、WorldCatに書誌情報を提供へ

ドイツ国立図書館が、1913年〜2007年までの書誌情報約7,900万点をWorldCatに提供すると、2007年4月12日に発表しています。今後、毎月1万5千冊以上の書誌情報を提供するそうです。Deutsche Nationalbibliothek ist Bestandteil des weltweit größten Bibliothekskatalogshttp://www.d-nb.de/aktuell/presse/pressemitt_worldcat.htm

Bnf、欧州デジタル図書館向けプロトタイプシステムを構築

フランス国立図書館(BnF)が、欧州デジタル図書館向けの電子図書館システム“Europeana”を試作し、公開しています。Europeanaのウェブサイトによると、BnFが提供する電子図書館Gallicaから約10,000点の資料を収録しているほか、ハンガリー国立図書館、ポルトガル国立図書館が所蔵する、電子化済み…

シンガポール国立図書館、利用者マナー向上キャンペーンを展開

シンガポール国立図書館が、利用者のエチケット向上を目指した取り組み“I Love My Library 2007”キャンペーンを展開すると発表しています。図書館内がうるさい、手にした本を所定の場所に戻さない、大声でしゃべっているといった、利用者のマナー違反に対する苦情が、図書館に寄せられている…

ドイツでOpen-access.netオープン

ドイツでオープンアクセスに関する総合情報サイトOpen-access.netがオープンしました。これは、ドイツ研究協会(DFG)の助成を受けて、ビーレフェルト大学、ゲッティンゲン大学、コンスタンス大学、ベルリン自由大学の各図書館が共同で運営するもので、オープンアクセスに関するニュース、コ…

エルゼビア、Scopusにh-indexの機能を追加

エルゼビア(Elsevier)社は、Scopusに新しい機能、論文数と被引用数から研究者の科学的影響力を測る指数h-index(H指数)を追加したと発表しています。

h-indexは、物理学者Jorge Hirsch教授が2005年に考案したもので、ある研究者が発表した論文について、被引用数がh以上の論文がh以上あることを満たす数値(h)をその研究者の研究評価に使うものです。

また、日本のエルゼビア・ジャパン株式会社からは、Scopusの著者検索(Author Search)や引用分析の機能が強化されたとのプレスリリースが出されています。

Scopus Incorporates the h-index to Provide Users with a Simple Metric Indicating an Author's Scientific Influence
http://www.elsevier.com/wps/find/authored_newsitem.cws_home/companynews05_00648

H指数:Wikipedia