アーカイブ - 2007年 5月 29日 - car

カナダ研究図書館協会、報告書3点を公開

カナダ研究図書館協会(CARL)が、報告書3点を公開しています。Rights or Restrictions?An Examination of Several Key Issues and Debates Surrounding the Use and Potential Legislative Protection of DRM systemshttp://www.carl-abrc.ca/drm.pdf(※デジタル著作権管理に関する論点、議論を紹介。米、英、オーストラリア、欧州連合の状況も紹…

Thomson、日本の論文の引用動向を発表

トムソンサイエンティフィック(Thomson Scientific)が、過去11年間の日本の論文の引用動向、研究機関ごとの集計結果を発表しています。特に、4分野(材料科学、物理学、化学、生物学・生化学)について詳しく分析されています。また、過去10年間の学術論文の引用データから、各国の全分野に…

サウスカロライナ州のバーチャルライブラリー、リニューアル

米国サウスカロライナ州のバーチャルライブラリー“DISCUS”がリニューアルされています(試験公開中)。タグクラウドなどのWeb2.0機能を取り込んでいるほか、音声ガイドなどもついており、わかりやすいものになっています。なお、DISCUSは、サウスカロライナの公共、学校、大学図書館が共同…

カリフォルニア州のレファレンスサービス、“Next Level”へ?

カリフォルニア州では、2006年度よりレファレンスサービスの新しいモデルをデザインするプロジェクトが進行しています。デザインを提案するプレゼンテーションや、このプロジェクトの背景に関するサマリーが公開されています。California Statewide Reference:A Design Proposalhttp://www.library.ca.gov/assets/acr

LC「書誌コントロールの将来」第2回WGの議事要旨

米国議会図書館(LC)の「書誌コントロールの将来」第2回WG(2007年5月9日、シカゴの米国図書館協会(ALA)で開催)の議事概要が公開されています。Meetings - Working Group on the Future of Bibliographic Control (Library of Congress)http://www.loc.gov/bibliographic-future/meetings/参考:E634 (No.104) - LC,書誌コントロールの将来…

BLで寄託本を汚損する事件が発生

英国国立図書館(BL)で、ある個人から保存のため寄託されていた300年前の日記が、汚損されてしまっていた事件が発覚したとTimes紙が報じています。この個人が日記を見に行ったところ、皮の表紙が切り裂かれており、また中の紙も汚損していたとのことです。BLも即座に内部調査を開始し、そ…

視覚障害者向け目録DBの事業化可能性調査(英国)

英国では、王立盲人援護協会(RNIB)と盲人図書館(NLB)が中心となって視覚障害者向けの本(拡大写本やオーディオブック、DAISYを含む)の目録データベースRevealwebが作成・公開されています。このRevealwebをヴァージョンアップさせる計画があり、Revealweb IIの事業化可能性調査がMLAの委任を受け…

ダーウィンの手紙をデジタル化して公開(英国)

英ケンブリッジ大学の研究者が中心となって進めているDarwin Correspondence Projectが、チャールズ・ダーウィンの手紙約5000通をデジタル化して公開しています。その多くはケンブリッジ大学図書館が収蔵しているものとのことです。Darwin Correspondence Project: 5000 Darwin letters go online http://www.darwinproject.ac.uk

国立国語研究所、KOTONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」をオンライン試験公開

国立国語研究所が作成しているKOTONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」が、5月28日、オンラインで試験公開されました。これは、現代日本語のさまざまな書き言葉データを大量に集積し、言語研究や言語施策に活用することを目指すもので、5月28日の段階では、各省庁刊行の白書のデータ約50…