アーカイブ - 2007年 5月 24日 - car

日本の公文書館制度の現状と課題

内閣府の広報誌「内閣府アイ+プラス」2007年春号がオンラインで公開されています。この中に、日本の公文書館制度の現状と課題を紹介する「歴史資料として重要な公文書の保存・利用について」という記事が掲載されています。

歴史資料として重要な公文書の保存・利用について
―公文書館制度の現状と課題を中心に―
http://www.cao.go.jp/kanbou/i/200705/1/koubunnshokann.html

内閣府アイ +プラス  2007春号
http://www.cao.go.jp/kanbou/i/200705/index.html

文化庁、「誰でもできる著作権契約[入門編]」を公開

文化庁が5月24日、ウェブサイトで「誰でもできる著作権契約[入門編]」を公開しました。2006年6月30日にすでに公開されている「著作権契約書作成支援システム」の導入編という位置付けとされています。誰でもできる著作権契約 - 文化庁http://www.bunka.go.jp/chosakuken/keiyaku_intro/index.html誰でもでき…

自治体ウェブサイトのオンライン手続きで最も利用されているのは?(日本)

総務省が5月23日、住民の視点での電子自治体の取組を推進するため、オンライン手続きと自治体ホームページに関する住民の利用状況、利用満足度、ニーズなどについて、オンラインアンケートを行った結果を「電子自治体推進のための住民アンケートと改善のポイント」として発表しました。…

Google、論文代筆サービスの広告掲載を取りやめ

Googleが、大学等から剽窃を助長するとして批判を受けている論文代筆サービスの広告掲載を取りやめることにしたと英国BBCが報じています。これに対し、英国情報システム合同委員会(JISC)の剽窃アドバイザリーサービス(JISCPAS)が歓迎のコメントを出しています。Google bans essay writing adverts - BB…

欧州図書館、ポータルサイトをバージョンアップ

欧州連合各国の国立図書館のコンテンツを検索できるポータルサイト「欧州図書館(TEL)」が5月18日にバージョンアップしています。各言語に対応したヴァーチャル・キーボード、ナビゲーションの単純化といった機能改修、新コンテンツの追加のほか、TELのハンドブック、メタデータ・レジス…

Google Book Searchにゲント大学(ベルギー)参加

Google Book Searchにベルギーのゲント大学が参加すると発表されています。Google and Ghent University Library to make hundreds of thousands of books available onlinehttp://lib1.ugent.be/cmsites/default.aspx?ref=ABAF&lang=NL_BOGhent University joins Google Book Search - Inside Google Book Searchhttp://booksearch.blogspot.com/2007/05/ghent-university-joins-google-book.html

QUT OAK Law Project、学位論文をリポジトリに登録・公開するための学生向け著作権処理ガイドを公表

クイーンズランド工科大学(オーストラリア)のOAK Law プロジェクトが、学生向けに、学位論文をリポジトリに登録・公開する際に必要な著作権関係の知識と解決策を解説するガイドを作成、公開しています。著作権の初歩から、第三者が著作権を保有する著作物を使っている場合の許諾処理の…

DSpaceリポジトリ内コンテンツに限ったGoogle検索

Google Custom Search Engineを使って、世界中のDSpaceリポジトリ内のコンテンツが検索できるようにしたツールをDSpace Federationが公開しています。もちろん日本のDSpaceリポジトリ内コンテンツも検索できます。DSPACE: Google Co-op search enginehttp://www.google.com/custom?cx=002016835368729837274%3A_wvysrx-tsc&sa=Search&cof=CX%3ADSPACE%