アーカイブ - 2007年 5月 16日 - car

国際シンポジウム「信頼できる医学情報の共有 - 医療専門家から消費者まで-」

世界保健機構(WHO)が実施している健康情報提供プロジェクト“Global Health Library(GHL)”の一環として、医学文献データベース“Global Index Medicus(GIM)”の構築が進められています。GIMは、米国医学図書館(NLM)のMEDLINEを補完する役割を果たしており、欧米以外の国や発展途上国からの文献も多…

英国公文書館、“Your Archives”立ち上げ

英国公文書館が、オンラインサービスの一環として、“Your Archives”というwikiを利用したコミュニティサイトを立ち上げています。

この“Your Archives”は、利用者が英国公文書館などの所蔵する資料に関する知識を共有することができるようすることを目的に開設されたもので、誰でもアカウントの登録をし、編集することができるようになっています。

いくつかのサンプル記事として、Adrian Jonesについての記事などが登録されています。

'Your Archives' now open for contributions
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/stories/159.htm

文化審議会著作権分科会 過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会(第2回)配付資料

2007年4月27日に開催された、文化庁の文化審議会著作権委員会に設置された「過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会」第2回の配布資料が、文部科学省のウェブサイトで公開されました。国立国会図書館を含む関係者ヒアリングの資料も含まれています。著作権分科会 過去の著作物等の保…

ローザンヌ大学図書館、“Google Book Search”に参加

2007年5月15日、スイスのローザンヌ大学図書館が“Google Book Search”に参加することを発表しました。17〜19世紀にかけてのフランス語図書を中心に、約10万冊を電子化するとのことです。また、大学のプレス・リリースや“Google Librarian Central”の記事によると、日本語図書も電子化の対象に含まれる…

SLA、閉鎖縮小問題を抱えるEPAとの対話進む

米国専門図書館協会(SLA)が、閉鎖・縮小の危機にある環境保護局(EPA)図書館ネットワークの問題についてEPAと対話を続けているとのプレスリリースを、5月9日付け出しています。EPAのMike Flynn(Director, Office of Information Analysis and Access Office of Environmental Information)が、これ以上の図書館の閉鎖は“…

浜松市立図書館のRFID導入事例の紹介記事

浜松市立図書館が2006年10月に実施した、資料へのRFID(無線ICタグ)貼付・RFIDシステム導入の事例を紹介した記事(連載の第1回)が、IT Proで掲載されています。「日経RFIDテクノロジ」2007年1月号の記事を元に再編集したものとのことです。第1回 周辺市町村との合併を契機に全蔵書にICタグ 自…

IPA、「組込みシステムの脅威と対策に関するセキュリティ技術マップの調査報告書」を発表

情報処理推進機構(IPA)が5月10日、組込みシステムの情報セキュリティ対策に関し、保護すべき情報資産とその脅威や対策を洗い出し、ライフサイクルに沿って整理したセキュリティ技術マップを調査報告書として公表しました。この報告書は7分野の組込みシステムを扱っており、図書館業界と…