アーカイブ - 2007年 5月 15日 - car

ブログのデジタル保存に関するブロガー意識調査、実施中(米国)

米国ノースカロライナ大学チャペルヒル校情報・図書館学大学院のチームが、ブログのデジタル保存に関する意識調査をオンラインで行っています。Blogger Perceptions on Digital Preservation - UNC-Chapel Hillhttp://www.ils.unc.edu/~hcarolyn/blogsurvey/May 13, 2007付けPeter Scott's Library Blogの記事http://xrefer.blogspot.com/

図書館を必要としているのは誰?−『研究図書館とそのサービスの研究者の利用について』に関するワークショップ資料(英国)

英国の研究情報ネットワーク(RIN)と研究図書館コンソーシアム(CURL)が2007年4月に刊行したレポート『研究図書館とそのサービスの研究者の利用について』について説明し、議論するというワークショップが4月30日、ロンドンで行われました。このワークショップで発表された、同レポートを…

Thomson、Reuterを買収しThomson Learningを売却

Thomsonが通信社Reuterを買収し、学習・高等教育部門のThomson Learningを売却すると発表しています。後者の売却先は、Apax PartnersおよびOMERS Capital Partnersとのことで、図書館向けレファレンスツール出版を行っていたGaleブランドも売却されます。The Thomson Corporation and Reuters Group PLC Recommended Transaction http://…

鹿大図書館、奄美古文書所在目録データベースを公開

鹿児島大学附属図書館が、鹿児島県歴史資料センター黎明館と協力し、奄美古文書所在目録データベースを構築し、3月から公開しています。奄美古文書所在目録データベースを公開http://www.lib.kagoshima-u.ac.jp/modules/news/article.php?storyid=340奄美古文書所在目録データベースhttp://reo.lib.kagoshima-u.ac.jp/~amami/

東洋文庫、中国語図書、キリル文字資料の検索システムを公開

財団法人東洋文庫が所蔵資料検索システムのうち、中国語図書(簡体字)検索とキリル文字資料検索を公開したと発表しています。財団法人東洋文庫 What's Newhttp://www.toyo-bunko.or.jp/news/WhatsNew.html

ビッグ・ディールで論文への引用行動は変化したか?

ビッグ・ディールで研究状況はどのように変わったのか? カナダのSimon Fraser University Libraryがビッグディール前とビッグディール後で、学内研究者の論文に引用される購読(契約)ジャーナルの引用率がどの程度変化したのか、を調査した論文を発表しています。E-LISに登録されており、OAで読…

LCのコレクションが“Science.gov”から検索可能に(米国)

米国連邦政府機関の自然科学系ポータルサイト“Science.gov”を運営する“Science.gov Alliance”に、米国議会図書館(LC)が加盟すると発表されています。これによりScience.govを経由して、LCの蔵書と連邦政府他機関の情報を、一括検索できるようになるそうです。Library of Congress joins Science.gov Alliance!http…

コネチカット州の公共図書館、“LibraryThing for Libraries”を導入

先日発表された“LibraryThing”の図書館向け新機能“LibraryThing for Libraries”を、コネチカット州ダンブリー図書館が導入しています。現在、“Other editions and translations(他の版・翻訳版の表示機能)”、“Similar books(類似の本の表示機能)”、“Tags and Tag Browser(LibraryThingのユーザーが付けたタグの…

豪日交流基金オーストラリア図書館、5月末でサービス終了へ

東京のオーストラリア大使館内に併設されている、豪日交流基金オーストラリア図書館が、5月31日で業務を終了することになりました。同館が所蔵する約1万5千点の資料は、大阪の追手門学院大学図書館に寄贈され、2008年春から一般公開を予定しているとのことです。オーストラリア図書館業務…