アーカイブ - 2007年 3月 - car

3月 14日

カリフォルニアデジタルライブラリー、XFTで“Dynamic FRBR”を実験中

カリフォルニア大学図書館の1組織である“カリフォルニアデジタルライブラリー(CDL: California Digital Library)”では、XTF(The CDL eXtensible Text Framewok)という、デジタルコレクションのプラットフォーム(オープンソース)の開発を行っており、既に“Encyclopedia of Chicago”などカリフォルニア大学図書…

病院図書館員のためのWiki

医学図書館協会の病院図書館部会のスポンサーにより、病院図書館員のためのWikiが立ち上がっています。現時点で内容はほとんどありませんが、エビデンス・ベースト・プラクティス(EBP)の考え方にのっとり、ベストプラクティスを集める場となることを目指しているようです。http://mla-hls.wik

セマンティックWebのためのDB“Freebase”アルファ版

ナレッジベースに資するためのデータベース“Freebase”のアルファ版が、Metaweb社から公開されました。これはインターネットから情報を収集し、自由に編集したりリンキングできるようにするデータベースツールで、セマンティックWebに利用できるのではないかと期待されています。またDB内コ…

図書館界 58(6)

『図書館界』58巻6号(通巻333号)March, 2007http://wwwsoc.nii.ac.jp/nal/kai/v58/cont6.html湯浅 俊彦 ISBN論争から見た日本の出版流通:書誌情報・物流情報のデジタル化から出版コンテンツのデジタル化へ後藤 敏行 電子ジャーナルのアーカイビング:論点,動向,将来展望《特集・2006年度図書館学セミナー…

図書館界 58(5)

『図書館界』58巻5号(通巻332号)January, 2007http://wwwsoc.nii.ac.jp/nal/kai/v58/cont5.html《誌上討論》現代社会において公立図書館の果たすべき役割は何か(第4回) 手嶋 孝典  貸出しを大切にしている図書館からの意見  石嶋 日出男  小規模分館から見た「貸出し:資料提供」:日野市立図書館の…

図書館界 58(4)

『図書館界』58巻4号(通巻331号)November, 2006http://wwwsoc.nii.ac.jp/nal/kai/v58/cont4.html青柳 英治 企業内専門図書館の活動の推移:統計データと研究テーマを中心として 藤野 寛之 イギリス伝記事典の伝統と変遷:DNBとODNB《追悼・拝田真紹先生》

オフラインのデジタル資料の自発的納本の枠組みを再編(英国)

英国では、2003年法定納本図書館法によりオフラインのデジタル資料やマイクロ資料といった非印刷出版物の法定納本が明記されましたが、現在まで運用のための規則が定まっていないため、2000年に始まった出版者と法定納本図書館との間の「自発的な納本の枠組み」による納本が続いています…

SPARC、ウェブサイトをリニューアル

SPARCのウェブサイトがリニューアルされています。各種情報へのアクセスがわかりやすくなったとともに、新たに出版社向け、著者向けのページも作られています。

SPARC
http://www.arl.org/sparc/

Google、研究者間の大容量データ授受を支援しつつデータを収集する試みを実施中

英国放送協会(BBC)によると、テラバイト(TB)単位に達している大容量データを他の研究者と交換(共有)したいと考えている研究者に対し、大容量ハードディスクを提供する試みを、Googleが非公式に進めているようです。テラバイト単位のデータともなると、ネットワークを介してのやり取…

OCLCに台湾の202図書館が加盟

OCLCに、台湾にある202の図書館が参加すると発表されました。すべての大学図書館と、いくつかの研究機関、政府、企業、大規模公共図書館などが参加するようです。OCLC welcomes 202 Taiwan libraries to OCLC cooperativehttp://www.oclc.org/news/releases/200654.htm

JISC、CLIRの電子ジャーナルアーカイビング事業の調査レポートをレビュー・分析

CLIRが2006年9月に刊行した、電子ジャーナルアーカイビング事業を比較・レビューしたレポートについて、さらにJISCがレビュー・分析を加えています。Review and analysis of the CLIR e-Journal Archiving survey - JISChttp://www.jisc.ac.uk/whatwedo/programmes/programme_preservation/ejournalarchiving参考:電子ジャーナルのアーカイビ…

地理空間データのリポジトリ内をGoogle Mapsで検索するインターフェース(英国)

英国情報システム合同委員会(JISC)の助成のもと、国家レベルのデータセンターの一つとして機能しているエディンバラ大学の“EDINA”などが実施している地理空間リポジトリ評価プロジェクト“GRADE”が、リポジトリに格納されているデータをGoogle Mapsから検索できるようにするインターフェー…

2006年版「全国農村読書調査」の結果(日本)

社団法人家の光協会が毎年実施している全国農村読書調査の2006年版(第61回)が、同協会のウェブサイトで公開されています。今年は、昨年までと標本抽出方法が変わっているため、経年比較はむずかしいようですが、総合読書率、雑誌読書率とも過去最低水準であるとのことです。第61回全国…

[お知らせ]カレントアウェアネス-E102号発行

『カレントアウェアネス-E』102号を発行しました。□目次□■E615■ マンガの選書のために: レイティングシステムの新たな動き■E616■ ソーシャルネットワークでつながる愛書家たちの本棚■E617■ MLAは公共図書館をどこへ導くのか?(英国)■E618■ 被災した“家宝”を助ける方法,教え…

3月 13日

欧州図書館がサイト向け「検索窓」の提供開始

欧州図書館(European Library)が、ウェブサイト上への検索窓“Mini search box”の提供を開始しています。A mini library on your sitehttp://libraries.theeuropeanlibrary.org/minisearchbox_en.html参考:E412 (No.71) - 欧州図書館ポータルサイト,検索システムの課題http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=418E312 (No.56) - 欧州図…

「信頼できるデジタル・リポジトリの認証のための監査チェックリスト」刊行(米国)

2007年2月、研究図書館センター(CRL)とOCLCが「信頼できるデジタル・リポジトリの認証のための監査チェックリスト(An Audit Checklist for the Certification of Trusted Digital Repositories)」の正式版(Ver 1.0)を刊行しました。Trustworthy Repositories Audit & Certification: Criteria and Checklisthttp://www.crl.edu/PDF/trac.pdfTrustworth

ソーシャルネットワークに関するシンポジウムの動画・音声ファイル公開(OCLC)

米国図書館協会(ALA)冬季大会期間中の、1月19日にワシントン州シアトルで行われた、OCLCシンポジウムの動画・音声ファイルが公開されています。このシンポジウムは、ソーシャルネットワーキングの実践とトレンドについて議論したものであり、Michael Stephens、Howard Rheingold、danah boyd、Marc Smith…

電子学位論文システム“EThOS”、正式運用開始へ(英国)

英JISC(情報システム合同委員会)を中心に、英国図書館(BL)やCURL、各大学図書館が協力して行っている全英的電子学位論文プロジェクト“EThOS”ですが、このほど2年間の試行期間を終え、正式サービスとして提供すると発表しました。EThOS, the much-needed new UK electronic theses service, is to go live.http://…

ケニア・ペルーの遠隔地向け図書館サービスを紹介するDVD

カナダのテレビディレクターが作成した、ケニアとペルーにおける遠隔地への図書館サービスを紹介するドキュメンタリー“REMOTE ACCESS: Distant Libraries of the World”が、DVDで販売されています。その動画のダイジェストは、ウェブサイトでも見ることができます。このDVDでは、ラクダやロバを使って…

Google Answersの有料回答者、新しい人力回答サイト“Uclue”を立ち上げ

2006年11月に閉鎖された有料の人力検索支援サイト“Google Answers”で有料回答を行っていた人々が、新たなサイト“Uclue”を立ち上げました。このUclueも有料で運営されます。uclue.com (beta)http://uclue.com/Former Google Answers researchers get Uclue - ars technicahttp://arstechnica.com/news.ars/post/20070307-former-google-answers-researc

ページ