アーカイブ - 2007年 3月 20日 - car

Evidence Based Library and Information Practice 2(5)

オープンアクセス誌“EBLIP”(Evidence based Library and Practice)の通算第5号目が刊行されています。CommentaryとしてPeter Brophy氏の“Narrative-based Practice ”が掲載されています。また、英国の図書館を対象とする第2回“Evidence in Practice ”賞のエントリー受付開始がアナウンスされています。http://ejournals.library

コーネル大学の機関リポジトリが失敗している理由

米国コーネル大学が運営している機関リポジトリが、教員にあまり使われていない理由を調査・分析した論考が、D-Lib Magazine 13(3/4)に掲載されています。同大学は、(1)コンテンツ登録への教員の参加度合い、(2)他の大学との比較、(3)各学部の教員へのインタビューの3とおりで機関リポジトリの評…

「青少年を取り巻く有害環境対策の推進」に関する企画公募2件(文部科学省)

文部科学省が、「青少年を取り巻く有害環境対策の推進」に関する企画公募を2件行っています。1つは「地域コンソーシアムの構築」で、青少年がメディアを安全・安心に利用するために都道府県レベルで関係団体によるコンソーシアムを構築し、広報・啓発活動を行うというものです。この活…

オープンソースの電子図書館ソフト“Greenstone”インストールマニュアル

ユネスコ等の支援のもと、ニュージーランドのWaikato大学が開発しているオープンソースの電子図書館ソフト“Greenstone”の初心者向けインストールマニュアルが、E-LISで公開されています。Building up a Digital Library with Greenstone: a Self-Instructional Guide for Beginner’s & Other Guides - ResourceShelfhttp://www.resourceshel

Internet Archive、ウェブサイト20億ページの収集を開始

メロン財団の支援のもと、Internet Archiveが全世界のウェブサイト20億ページ分を機械的に収集すると発表しています。6月1日から収集が始まり、12月15日にはInternet Archiveから見られるようになるとのことです。Around the World in 2 Billion Pages - Internet Archive Web Archivehttp://wa.archive.org/aroundtheworld/

Dublin Core Metadata Initiative資料のリポジトリ

2006年4月にDublin Core Metadata Initiative(DCMI)に加入した韓国国立中央図書館が、DCMIの会議資料を格納するリポジトリの提供を開始しました。2007年3月20日現在、2002年〜2005年の資料139点が公開されています。DCMI Conference Papershttp://purl.org/dcpapersDublin Core Metadata Initiative (DCMI)http://dublincore.org/韓国ダブリン…

"ERIC"検索データから、リンクリゾルバ・WorldCatへのリンク機能搭載

米国教育省が提供する教育関係論文データベース“ERIC”に、“Find a Library”機能が追加されています。検索元のIPアドレスに応じて、リンクリゾルバ(契約していた場合)またはOCLCのWordlCatの書誌・所蔵を検索できるようになっています。ERIC(Education Resources Information Center)http://www.eric.ed.gov/ERIC Adds …

岡山県がハンセン病関係資料集を作成、図書館等に配布

岡山県が、県内ハンセン病療養所「長島愛生園」「邑久光明園」に残る資料を収集・編纂して「長島は語る 県ハンセン病関係資料集・前編」を刊行しました。前編は戦前編として、未公表資料を中心に約500点を掲載(約800ページ)しています。700部(+CD-ROM版100部)を製作し、県内の公共図書館…

NACSIS-CATに全国漢籍DBデータを追加

2月にNACSIS-CATに全国漢籍データベース中の京都大学人文科学研究所附属漢字情報センター所蔵分6,517件の書誌・所蔵データが追加されています。全国漢籍データベースは、京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター、国立情報学研究所、東京大学東洋文化研究所附属東洋学研究情報センタ…

[お知らせ]『カレントアウェアネス』291号発行

『カレントアウェアネス』291号を発行しました。□目次□◆CA1622◆図書館サイトの現状−再点検の必要性と危機感の欠如− / 岡本真◆CA1623◆ファインダビリティ向上を実現するフォークソノミー / 篠原稔和◆CA1624◆次世代の図書館サービス?―Library 2.0とは何か / 村上浩介◆CA1625◆動向レビュー…

北大、HUSCAPでオンライン・ジャーナルを創刊

北海道大学の科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)が、3月15日に新しいオンライン・ジャーナル『科学技術コミュニケーション』を創刊しました。同誌は、日本初の科学技術コミュニケーション専門誌であるとともに、創刊時から本文が北海道大学学術成果コレクションHUSCAPに収録され…

米生物医学研究機関がエルゼビアとパブリック・アクセス協定を締結

年間6億ドル(約720億円)の研究助成を行っている米Howard Hughes Medical Institute (HHMI)が、エルゼビア(Elsevier)社とパブリック・アクセス協定を結んだと発表しています。HHMIの研究者がエルゼビアおよびセル・プレス(Cell Press)のジャーナルに発表した論文の著者原稿を、エルゼビアが公表後6ヵ月…