アーカイブ - 2007年 3月 2日 - car

ホロコースト生存者の回顧録を読む読書プログラム、ブログ上で展開

ブログを活用した読書プログラムがミシガン州で、Margaret Lincoln氏により進められています。この企画は、ホロコースト生存者である ゲルダ・ヴァイスマン・クライン 氏(Gerda Weissmann Klein)の回顧録『All But My Life』を読み、その感想や、これまでのホロコーストに関する学習歴などをブログ上で…

フィリピンの図書館員ブログ“Filipino Librarian”、2周年

フィリピンの図書館や図書館員の事情を伝えているブログ“Filipino Librarian”が、2周年を向かえたのを期に、アクセス数等の統計情報についてポストしています。ClustrMapのサービスを使い、世界のどのような地域からアクセスされているのかの地図を掲載しています。北米、ヨーロッパなどから多…

「アジア・アフリカと共に歩む会」、南アフリカに図書館バスを送るキャンペーン

「アジア・アフリカと共に歩む会(TAAA)」では、日本国内で不要となった英語の本や配車となった移動図書館車を南アフリカ共和国に送る活動を行っていますが、2007年3月1日から3月31日まで、個人向けソーシャル・ネットワーク・サービス型レコメンデーションサービス「フェイバリットDB」と…

NISO、電子情報資源の新しい取引メカニズムを模索

米国情報標準化機構(NISO)が、ライセンスなしで電子情報資源を適切に売買するための新しいメカニズムを構築しようとするワーキンググループShared E-Resource Understanding (SERU)を立ち上げています。SERUには、ARL、SPARC、Oxford University Press、EBSCO、ALPSP等、出版界と図書館界のステークホルダーが参加…

シンガポールを探検しよう!“Explore Singapore!”キャンペーン終了

国立遺産局(National Heritage Board)が、国立図書館局(National Library Board)などとともに行っていたキャンペーン“Explore Singapore”が終了しました。このキャンペーンは、2006年11月から2007年1月にかけてシンガポールの楽しく魅力的な文化的遺産を再発見しようという企画で、期間中図書館や博物館での…

米国外交官のオーラル・ヒストリー、ウェブで公開(LC)

米国議会図書館が構築を進めているアメリカン・メモリーのコンテンツとして、外交官のオーラルヒストリーの筆記録が公開されました。米国の著名な外交官のインタビューのコレクションを、オンラインで利用することができます。

1920年代、30年代のものも若干含まれますが、ほとんどのものは第2次世界大戦後の1940年代から90年台までのもので、21世紀になってからのものも今後追加を予定しているとのことです。

なお、公開されている1,301の筆記録は、非営利団体の“Association for Diplomatic Studies and Training” (ADST)にから寄贈されたものとのことです。

Frontline Diplomacy
http://memory.loc.gov/ammem/collections/diplomacy/

Online Collection Presents Oral Histories of U.S. Diplomats(プレスリリース、2007年2月21日)

家宝を守る!災害後の資料補修の技術とコツ(LC)

米国議会図書館(LC)が、人災・天災によりダメージを受けてしまった資料の復旧方法に関するウェブサイトを立ち上げています。一般利用者向けに、「家宝」を保存するための準備、保管方法、被災後の復旧方法についてわかりやすく解説したものですが、デモンストレーションのビデオも数…