アーカイブ - 2006年 - car

12月 6日

New York Times紙が選ぶLibrarian Award 2006

米New York Times紙が選ぶ“Librarian Award”の2006年度の受賞者として、全米の公共図書館から21名、大学図書館から3名が受賞者に選ばれました。受賞者には賞金2,500ドル(約29万円)と記念の盾が贈られます。New York Times Librarian Awards Announced; Academic Librarians Included - Library Journalhttp://www.libraryjournal.com/article

近頃の学生は、実は情報が探せない?(米国)

現代の学生はITに詳しいという思い込みがあるのに対して、実際には、多くの学生がITに関する知識を情報検索に適用することができず、大学や職場で成功するのに十分な情報リテラシースキルを欠いている、というレポートが出されました。この調査は、米国のETS社(Educational Testing Service)による…

OCLCの年報・2005/2006会計年度版

2005/2006会計年度版のOCLCの年報が公開されています。WorldCatに関する数値のほか、RLGとの合併、7月31日に逝去した設立者キルゴア(Frederick Kilgour)氏の業績など、今年のトピックについても触れられています。OCLC Annual Report 2005/2006http://www.oclc.org/news/publications/annualreports/2006/2006.pdf参考:E486 (No.83) - RL…

“OPAC2.0”を目指すオープンソースソフト、MATCを受賞

米国のアンドリュー・メロン(Andrew W. Mellon)財団の情報技術研究プログラム(Research in Information Technology Program)は毎年、オープンソースソフトウェアに貢献している個人・組織を表彰する“Mellon Awards for Technology Collaboration”(MATC)を発表していますが、このほど発表された2006年度の対象に、プ…

Ask.com、『AskCity』の提供を開始

自然語検索で知られる検索エンジンAskJeevesは、今年2月にブランド名を『Ask.com』としてリニューアルしました。この『Ask.com』で、AskCityというサービスの提供が開始されています。チケットやレストランの予約サイトなどのデータを統合して、1つのインターフェースから検索できるようにしてい…

ボール州立大学、30のデジタルコレクションの統合サイト構築

2004年、インディアナ州のボール州立大学では、多様なデジタルコレクションを統合的に提供するために、デジタルコレクション・マネジメントソフトウェアのCONTENTdm(OCLC提供)の採用を決定し、サイトの構築を進めてきました。そのサイト:デジタル・メディア・レポジトリ(Digital Media Repositor…

2006年のベストセラー(日本)

株式会社トーハンが、2006年年間ベストセラーを発表しています。2006年 年間ベストセラー発表http://www.tohan.jp/tohan-news/06-12-05.html

12月 5日

BLのビジネス・知財センター、International Information Industry Awardsを受賞(英国)

英国図書館(BL)で、ビジネス支援や知識財産権に関する情報サービスを行っているビジネス・知財センター(BIPC:Bisiness&IP Center)が、International Information Industry Awardsを受賞しました。BIPCは、今年3月にオープンしたセンターですが、初年度の充実した活動内容が認められたようです。 British Library busi…

2006年の司書免許試験の結果公表(フィリピン)

フィリピンの職業規制委員会(Professional Regulation Commission)が、司書評議会(Board of Librarians)によって11月に行われた司書免許試験の合格者を発表しています。合格率は、昨年度の31%から37%にあがっているようです。http://newsinfo.inq7.net/examresults/http://newsinfo.inquirer.net/examresults/20061204_lib_12042006.pdfh

EU議会が地図・空間情報の統合・開放を目指すINSPIRE指令を採択

欧州議会は、EU域内の地図・空間情報の統合・共有化を目指すINSPIRE指令を採択しました。公共機関のもつ地図・空間情報を統合したポータルを構築し、基本的な情報はEUのインフラとして無料で開放する試みです。この試みは農業や運輸等に貢献するとともに国境を越えた環境政策を立てやすく…

ゲイツ財団、ボツワナ・ラトビア・リトアニアの図書館に助成

ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団が11月30日、“Global Libraries”イニシアチブの“Access to Information”プログラムの一環として、ボツワナ・ラトビア・リトアニアの3か国に対し、公共図書館へのPCの導入とインターネット環境の整備等のために、総額3億2,800万ドル(約378億5,000万円)の助成を行う…

有名な図書館猫、死す(米国)

米国アイオワ州スペンサー公共図書館の図書館猫「デューイ・リード・モア・ブックス」が11月29日に死去したと発表されました。「デューイ」が1988年1月のとある寒い夜に、スペンサー公共図書館の返却ポストに捨てられていたところ、翌朝職員に発見され、図書館協議会の議決を経て、同図書…

NACSIS-CAT/ILL実務研修資料

国立情報学研究所(NII)が、過去5年分のNACSIS-CAT/ILLの実務研修資料を公開しました。総合目録データベース実務研修成果物 - 国立情報学研究所http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/contents/tools_db_seika.html

12月 4日

政府情報のデジタル保存の試み(オーストラリア)

オーストラリアでは、国立図書館(NLA)、公文書館、情報管理局(AGIMO)、地球科学局、統計局の5つの政府機関の代表者からなる、デジタル化された政府情報の管理・長期保存について取り組むMAGDIR(Managing Australian Government Digital Information Resources)ワーキンググループが活動しています。このワ…

ITUのインターネット報告書・2006年版

国際電気通信連合(ITU)が、2006年版のインターネット報告書“digital.life”を刊行しています。デジタル化の進展、ライフスタイル、ビジネス、アイデンティティ、デジタル世界を生きること、という5章から成り立っており、インターネットやブロードバンド、携帯電話に関する世界各国の統計…

Wall Street Journal誌、2007年1月にウェブ版をリニューアル

米国のWall Street Journal誌は、2007年1月2日から、同誌のウェブ版“WSJ.com”をリニューアルすると発表しました。利用者のニーズに合わせ、印刷版は「それが意味するところは何か?」(what it means)、ウェブ版は「ビジネスや市場で今何が起きているのか?」(what's happening right now)に焦点を…

すべての書誌データをFRBRに−OpenFRBR

「すべての書誌データをみんなでFRBR化する」ためのオープンソース・ソフトウェアとして“OpenFRBR”というRuby on Railsベースのツールが作成されています。このプロジェクトでは手始めに、ハリー・ポッターの書誌データすべてをFRBR化することで、ツールのチューニングや作業の進め方の検証な…

Internet Archive、DMCAの改正を歓迎

Internet Archiveが、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)にコピープロテクトを回避することができる例外規定が追加された件について、歓迎するコメントを出しています。この改正によって、Internet Archiveが行っているソフトウェアやゲームの収集、アーカイビングについて法的な根拠が示されたこ…

LCとアレキサンドリア図書館が貴重資料のデジタル化で協力関係を強化

米国議会図書館(LC)とアレキサンドリア図書館(エジプト国立図書館)は、11月に、貴重資料のデジタル化の分野でより強力な協力関係を築くことを発表しています。両館は既に“Islamic Civilization and Science”という協同デジタル化プロジェクトで協働していますが、文化遺産のデジタル化・ネッ…

内閣府、「個人情報の保護に関する主な検討課題」の意見募集結果を公表

内閣府国民生活局が、10月に行った「個人情報の保護に関する主な検討課題」に関する意見募集の結果を公表しています。合計447件の意見が寄せられたそうです。その中には日本図書館協会(JLA)からの意見も含まれています。また、内閣府は、9月に行った「個人情報保護に関する世論調査」の…

ページ