アーカイブ - 2006年 9月 6日 - car

ARL Bimonthly Report. No.247

ARL Bimonthly Report. No.247August 2006http://www.arl.org/newsltr/247/index.htmlCurrent IssuesThe Changing Role of Intellectual Authorityby Peter J. Nicholson, President, Council of Canadian Academies Scholarly CommunicationCreate Change Web Site Provides Faculty Perspectives on Scholarly Communicationby Karla Hahn, Director, Office of Scholarly Communication, ARLSPARC Introduces Author Rights …

デジタル図書館評価のためのユーザフレンドリーなガイドライン(米国)

米国の大気科学大学連合(University Corporation for Atmospheric Research)が、デジタル図書館評価のためのユーザフレンドリーなガイドラインを作成・公開しています。Evaluating Digital Libraries: A User- Friendly Guidehttp://www.dpc.ucar.edu/projects/evalbook/index.htmlSeptember 6, 2006付けResourceShelfの記事http://www.resourceshelf.com/2006

シアトル中央図書館、新しいサインを準備中

著名な建築家レム・コールハース(Rem Koolhaas)の手による米シアトル公共図書館・中央館では、あまりにもサインがわかりにくいため、職員が道案内に忙殺されています。このため、わかりやすいサインの専門家“wayfinder”を年4万9千ドル(約570万円)で雇い、新しいサインを作っているとのこ…

能力開発eラーニングシステム「CLAD」公開

独立行政法人メディア教育開発センターが9月4日、大学・高等専門学校の卒業生に求められる知識・スキルなどの能力開発のためのeラーニング学習システム“CLAD”(Contents of Learning for Ability Development)の運用を開始しています。このシステムでは、ユーザ登録を行うことで「人間力系」「ビジネ…

リメディアル教育eラーニングシステム「READ」公開

独立行政法人メディア教育開発センターが9月4日、大学・高等専門学校の初学者を対象とする基礎学力向上のためのeラーニング学習システム“READ”(Remedial eLearning for Ability Development)の運用を開始しています。このシステムでは、大学や高等専門学校の教員が申請して教師用IDを取得し、そのID…

「教育訓練現場での教材作成等に係る知的財産権の周知と対策」に関する調査研究

独立行政法人雇用・能力開発機構職業能力開発総合大学校能力開発研究センターが、公共職業能力開発施設における知的財産権に関する指導・取り扱いについて調査した報告書を公開しています。刊行物情報:「教育訓練現場での教材作成等に係る知的財産権の周知と対策」に関する調査研究http…

雑誌のバックナンバーをハードディスクで販売(米国)

米国のThe New Yorker誌が、1925年の創刊号から2006年の4月までの全記事を、80ギガバイトの携帯用ハードディスクに収録して販売しています。値段は299ドル(約3万5千円)です。The Complete New Yorker Portable Hard Drivehttp://www.thenewyorkerstore.com/product_details.asp?sid=122751September 05, 2006付けLISNewsの記事http://geek.lisnews.…

ALAウェブサイトのユーザビリティ調査

ALAがウェブサイトのユーザビリティ調査を実施しています。10月後半までの予定ということです。Usability Assessment Survey Starthttp://www.ala.org/ala/ourassociation/alawebsiteresources/uasurveystart.htm