アーカイブ - 2006年 8月 7日 - car

LCのプロフェッショナル・ギルドによるWorld Digital Libraryへの懸念

7月27日に行われた下院運営委員会において米国議会図書館(LC)のプロフェッショナル・ギルド(職員組合)の代表者が陳述した、LCとGoogleによるプロジェクト“World Digital Library”に懸念を示す声明文が、プロフェッショナル・ギルドのウェブサイトに掲載されています。Statement of Saul Schniderman, re…

Wikimania 2006

Wikimedia財団の第2回年次会議“Wikimania 2006”が、8月4日から8月6日まで、米国マサチューセッツ州で開催されました。この会議の様子が、フィリピンの図書館司書のブログ“ Filipino Librarian”で詳細に紹介されています。Wikimania 2006http://wikimania2006.wikimedia.org/Wikimania - Filipino Librarianhttp://filipinolibrariancate

ARROWプロジェクトは第2ステージへ

オーストラリアで進められている機関リポジトリの研究プロジェクトARROWはこのほど、過去3年間の活動が一定の成功を収めているとの認識を示した上で、今後、機関リポジトリの可能性を引き続き探ると共に新しいメンバーの獲得に向けた活動も含めた第2ステージに移行することを発表しました…

韓国国会図書館、蔵書構築のための利用者アンケートを実施

韓国国会図書館が、蔵書構築政策立案のため、蔵書に関する利用者アンケートをオンラインで行っています。蔵書開発政策樹立のためのアンケート調査 - 韓国国会図書館http://www.nanet.go.kr/madang/gongji/k06_openspace_read.html?nav=060100&seq=707アンケート質問紙http://www.nanet.go.kr/poll/

ニュージーランド国立図書館、デジタル文化遺産の長期保存事業のパートナーを発表

ニュージーランド国立図書館が進めているデジタル文化遺産の長期保存・提供プロジェクト「国家デジタル遺産アーカイブ」(National Digital Heritage Archive: NDHA)において、Elsevier社の子会社であるEndeavor Information Systems社と、Sun Microsystems社とパートナーシップを結ぶことが、同館とEndeavor社から発表…

日本の基金によるアジア・太平洋地域の情報専門家向け遠隔研修プログラム

ユネスコの掲げる「すべての人に情報を」(Information for All)プログラムのもと、日本のユネスコ人的資源開発信託基金(The Japanese Funds-in-Trust for the Capacity-building of Human Resources)によるアジア・太平洋地域の情報専門家向けの遠隔研修プログラムが開始されると発表されました。ユネスコでは2000…

Googleのデータを使った巨大コーパス

Googleが、収集したウェブページの文字データを利用して、1兆語にも及ぶ単語を収めた巨大なコーパス(コンピュータによる検索が可能な言語データの集まり)を作ったそうです。近く、Linguistic Data ConsortiumからDVD6枚組みにて配布される予定だそうです。All Our N-gram are Belong to You. Official Google Researc…

ソウル大学図書館、人皮装丁本など貴重書を展示

ソウル大学附属図書館が開館60周年を記念した展示会を、2006年8月8日から約2か月、開催します。この展示では、17世紀に刊行された「人皮装丁本」やレオナルド・ダ・ヴィンチの研究書、イエズス会神父の中国探訪記など、国宝を含む貴重書が数多く公開されます。この中には、第一次世界大戦…