アーカイブ - 2006年 8月 4日 - car

中国、2010年までに農村に読書施設20万箇所を建設する計画

人民日報によると、中国では2010年までに、農村地域に合計20万箇所の読書施設「農家書屋」を建設する計画であるとのことです。各「農家書屋」には、図書1千冊以上、雑誌30タイトル以上、電子メディア100点以上を備えることになっており、本が買えない・読めないという農民の問題を解決する…

図書館情報学修士号を持たない職員の給与調査

ALA-APA(American Library Association Allied Professional Association)が、図書館情報学修士号を持たない図書館職員の給与調査を実施しています。プレスリリースによると、図書館情報学修士号をもたない職員は、準司書(associate librarian)、図書館技術助手(library technical assistant)、コピーカタロガー、ILL助…

北アイルランド、積極的な公共図書館振興政策を発表

北アイルランドの文化・芸術・レジャー省が2006年7月、図書館サービスのためのガイドライン・政策として「明日の図書館を実現させること」(Delivering Tomorrow's Libraries)を発表しました。これは、2005年10月に発表した「北アイルランドの図書館: 変化のためのフレームワーク」(Northern Ire…

新刊の刊行はすべて木曜日に?(英国)

英国の出版社協会(Publishers Association: PA)と書籍販売社協会(Booksellers Associaiton: BA)が、新刊の刊行日を毎週木曜日に統一しようと計画しているそうです。月曜日に統一すると売り上げチャートがきっちり週単位になるというメリットがあるのですが、実際の業務から見ると、木曜日の方が都合…

FRPAAへの賛意、図書館関係9団体が表明

米国法律図書館協会(AALL)や米国図書館協会(ALA)など図書館関係9団体は共同で、現在審議が進められている法案“Federal Research Public Access Act(S. 2695)”を支持する声明を発表したとのことです。UNIVERSITY SUPPORT FOR PUBLIC ACCESS ACT EXPANDS:Library groups commend twenty-three provosts for joining recent surge of supporth…

各国の大学図書館の資料購入費に関するレポート

英国の出版社協会(Publishers Association: PA)が、大学図書館における資料購入費の推移を調査した報告書を刊行していますが、このほど、2005年の分を追加してアップデートした版が公開されました。これにより、1999年から2005年までの推移がわかります。フルタイム換算の学生数(FTE)や、学術書…

ホームムービーデーとLC

第4回 Home Movie Day が8月12日に、全米を中心に、日本を含む世界各地で開催されます。家庭が所蔵するホームムービーを持ち寄り上映会をおこなったり、フィルムのメンテナンスについて学ぶイベントが行われるとのことですが、ワシントンでは米国議会図書館(LC)の後援で、LCのジェームス・マ…

WIPO開発アジェンダに関する6月の会議

2006年6月にスイス・ジュネーブで行われた、第2回WIPO(世界知的所有権機関)開発アジェンダに関する提案についての暫定委員会(Provisional Committee on Proposals Related to a WIPO Development Agenda : Second Session)において、IFLA、EIFL(図書館電子情報財団)、EBLIDA(欧州図書館・情報・ドキュメンテーション協…