アーカイブ - 2006年 8月 15日 - car

英国図書館統計が博物館・文書館のものと一本化

英ラフバラ大学のLISUは、英国国内の図書館をカバーする図書館統計年鑑LIST(Library Information Statistics Tables)を冊子体のほか、ウェブサイトでも提供してきましたが、今後は図書館のほか博物館、公文書館に対象機関を広げ、"LAMPOST"(Libraries Archives Museums Publishing Online Statistics Tables)という名称で…

大学院生の情報探索行動(米国)

米カーネギーメロン大学図書館が、大学院生の情報探索行動についてのレポートを発表しています。Scholarly use of information: Graduate students’information seeking behaviorhttp://www.library.cmu.edu/Libraries/ScholarlyUse_Grads.pdf参考:関西文化学術研究都市内研究機関に属する研究者の情報行動パターンに関する調査(…

効率的な蔵書購入で、図書館サービスを充実させよう!(英国)

英国では、公共図書館の蔵書の購入方法を効率化することで経費を浮かし、他のサービスを充実させようという試みが、英国の図書館・博物館・文書館国家評議会(MLA)を中心に検討されています。これに関連して、8月14日に“Better stock, better libraries”と題する報告書が刊行されました。およそ3…

LC、書誌コントロールに関する外部諮問委員会を準備中

典拠のシリーズ標目の作成中止など、米国議会図書館(LC)の最近の目録政策については、米国図書館協会(ALA)をはじめとする関係機関から懸念の声が上がっています。これに関して、Library Journal誌がLCのマーカム(Deanna Marcum)図書館サービス担当副館長に対し、インタビューを行っています…

Google Books Library Projectの現状

Googleの図書館蔵書デジタル化プロジェクトの現状に関する記事が、米ワシントンポスト紙に掲載されています。Googleがどのように同プロジェクトをはじめたか、著作権法上の問題点はどうか、著作者や出版社の反応はどうか、Googleとパートナーシップを結んでいる各図書館はどのようなスタンス…