アーカイブ - 2006年 6月 - car

6月 23日

挿絵ばかり1,000点以上のアーカイブ

From Old Booksというウェブサイトでは、カナダで著作権が切れてPublic Domainの扱いになっている古書の挿絵ばかりを1,130点集めて公開しています。このウェブサイトはカナダのLiam Quin氏によって運営されているもので、それぞれの挿絵には出典や解説がつけられており、jpg形式でのダウンロードもで…

6月 22日

PLoS、雑誌投稿料を値上げへ

「著者支払い型」モデルでオープンアクセス(OA)の雑誌を刊行しているPLoS(Public Library of Science;CA1433,E046参照)は、7月から投稿料が値上げされ、1,500ドルから2,500ドルになるのことです。6/20日のnews@nature.comの記事が伝えています。値上げの理由として、PLoSは出版コストを厳密に反映させたも…

電子本の新標準が出される−ソフトウェア、機器メーカも支持

国際電子出版フォーラム(International Digital Publishing Forum:IDPF)はこの度電子本の新しい標準を開発しましたが、ソフトウェア、機器のメーカもこの標準をサポートする考えを明らかにしたと、6月20日付IDPFプレスリリースで発表されています。この新標準は”Open eBook Publication Structure(OEBPS) Container F…

Library Journal. 2006-06-15

Library JournalJune 15, 2006http://www.libraryjournal.com/community/891/Current+Issue/43259.htmlFeaturesWhere Democracy Happens?Library of the YearBy John N. Berry IIIYour Zine Tool Kit, A DIY CollectionBy Jenna FreedmanMaking “E” VisibleBy Lesley WilliamsNews・ Stat Watch・ ALC: “Push Leaders To Boost Libraries”・ BEA in DC Has Political Flavor・ ALA Rebukes LC Over Changes・ “N…

6月 21日

若年層を対象とした図書館に対する意識調査(英国)

英国博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)が、14歳〜35歳の人々を対象とした公共図書館に対する認識・態度の調査結果をレポートにまとめたことは既報のとおりですが、この度そのレポート“A Research Study of 14-35 year olds for the Future Development of Public Libraries”が6月19日付で発表されました。こ…

Reference & User Services Quarterly 45(2)

Reference & User Services QuarterlyVolume 45, Number 2 (Winter 2005)The Alert CollectorDiane Zabel, EditorSIKHISMBuilding a Basic Collection on Sikh Religion and CultureRajwant Singh ChilanaCommunity BuildingKathleen de la Peña McCook, EditorPoverty, poor people, and our prioritiesJohn GehnerReaders’ AdvisoryBarry Trott, EditorWorking without a netReaders’ Advisory in the Small Publi…

闘病記ライブラリー(日本)

NIIの高野明彦教授が主催する連想出版と、東京都立中央図書館に闘病記文庫を設置してきた「健康情報棚プロジェクト」が連携して、闘病記700冊を病名ごとに分類して仮想本棚に収蔵したブックガイド「闘病記ライブラリー」を公開しています。目次や前書きを本をめくるようにみることができ…

あなたにぴったりのE-Learningを見つけます・・・図書館員向けE-learning検索サイト

図書館員向けにオンライン学習コミュニティを提供しているWebjunctionが、E-learningプログラムやALA認定校が提供する継続教育課程を検索できるサイト"Webjunction E-Learning Clearinghouse"を開設しています。米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)の援助により作成されたとのことです。E-Learning Clearinghousehttp:…

JASIST 57(9)

Journal of the American Society for Information Science and TechnologyVolume 57, Issue 9, Pages 1135-1280 (July 2006)Documents and queries as random variables: History and implicationsDavid Bodoff, Samuel Po-Shing WongAutomated judgment of document qualitiesKwong Bor Ng, Paul Kantor, Tomek Strzalkowski, Nina Wacholder, Rong Tang, Bing Bai, Robert Rittman, Peng Song, Ying SunProperties of the n-…

JASIST 57(8)

Journal of the American Society for Information Science and TechnologyVolume 57, Issue 8, Pages 993-1133 (June 2006)The place of serials in referencing practices: Comparing natural sciences and engineering with social sciences and humanitiesVincent Lariviere, Eric Archambault, Yves Gingras, Etienne Vignola-GagneMachine learning for Arabic text categorizationRehab M. DuwairiArts and humanities l…

6月 20日

図書館ツアービデオもラブストーリーで

亜細亜大学図書館では、学生の自主制作映画による図書館ツアービデオを公開しています。図書館の利用ガイドでもあり、ラブストーリーでもあるとのこと。Asia University Library Tour Videohttp://www.asia-u.ac.jp/mml/html/tour200x/tour.htm

先住民向け図書館サービス向上のための援助プラン(米国)

米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)は、全米のネイティブ・アメリカンとアラスカの先住民向けの図書館サービスを向上させるために、133万7千ドル(約1億5千万円)の助成をおこなうと発表しました。Over $1.3 Million in Federal Grants to Improve Library Service for Native Americans http://www.imls.gov/news/2006/061906.…

6月 19日

“World Book Capital”2008年はアムステルダムに

ユネスコ、IFLA、国際出版社協会(IPA)、国際書店機構(IBF)の4団体は2001年から毎年、本と読書を推進する世界的な活動の一環として“World Book Capital”(本の首都)を選んでいます。このたび、2008年の首都として、オランダのアムステルダムが選ばれました。著作権、学術出版、子どもの本など…

図書館情報学研究者、米国科学審議会のメンバーに

このたび、ノースカロライナ大学のグリフィス(Jose-Marie Griffiths)図書館情報学部長が、ブッシュ大統領によって米国の科学審議会(National Science Board)のメンバーに選ばれました。24名で構成される同会は、国立科学財団の活動を監督・リードする最高意思決定機関であるとともに、大統領と議…

京都大学の機関リポジトリ

京都大学附属図書館が6月8日、ソフトウェア“DSpace”を利用した機関リポジトリを試験公開しました。これと同時に、「京都大学学術情報リポジトリ準備サイト」も開設されました。こちらでは、機関リポジトリやオープンアクセスとは何か、その効果、他大学の状況、登録方法、利用条件など…

Flamenco Search

UC Berkeley School of Information がFlamenco Searchという検索インターフェイスの開発をおこなっています。Flamenco(FLexible information Access using MEtadata in Novel COmbinations) は、メタデータを活用してナビゲーションを効果的に行う検索システムで、デモではノーベル賞受賞者や芸術作品を検索できるようになってい…

ブルガリアの図書館のIT事情

最近の調査によって、ブルガリアでは約70%の図書館がコンピュータを持っていないことが判明したそうです。Bulgarian Libraries Starve for IT Upgradehttp://www.novinite.com/view_news.php?id=64797

図書館を変えるのはあなた−Mash Up the Library プロジェクト

英国、アイルランドの公共・大学図書館向けにサービスのマーケティング事業を展開しているTalis社が、図書館システムの改良、図書館の価値や実力をアピールする方法、図書館の持つ情報をいかに効果的に見せるかなど、図書館サービスに関する企画を募集しています。締め切りは8月18日、1位…

6月 16日

アドヴォカシーのトレーニング(米国)

ALA年次大会のプログラムとして、6月24日に図書館のアドヴォカシー(advocacy)のトレーニングが行われるとのことです。寄付、愛国者法、フェア・ユース、Google、さらには最近のネットの中立性、ユニバーサル・サービス、E-rateといった図書館を取り巻く問題について、図書館の立場をどのよう…

各社サーチエンジンの中国における検閲状況

国境なき報道団(Reporters Without Borders)が6月15日、各社が中国で提供しているサーチエンジンの検閲状況を調査した結果を発表しています。これによると、もっとも厳しく検閲を行っていたのはYahoo!で、中国国産のサーチエンジン「百度」よりも厳しかったとのことです。「チベット独立」など特…

ページ