アーカイブ - 2006年 6月 - car

6月 26日

地方公共団体における民間委託の推進等に関する研究会の中間論点整理

総務省が設置している「地方公共団体における民間委託の推進等に関する研究会」による中間論点整理が、6月23日に発表されました。民間委託を積極的に推進する立場を採りながら、現状の問題点、留意点などを整理しています。また、国内外の24の参考例を紹介しています。またこれに先立つ6…

ゲイツ財団ほか、ハリケーン被害からの復興を目指す図書館に助成

2005年のハリケーン「カトリーナ」「リタ」の被害を受けたルイジアナ・ミシシッピ両州の図書館の再建を支援するため、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団が1,220万ドル(約14億円)、ブッシュ・クリントン・カトリーナ基金が500万ドル(約5億8千万円)が資金援助を行うと発表しました。この…

フランスでも研究論文のオープンアクセス化推進の動き

フランス国立科学研究センター(CNRS)のセンター長に就任したArnold Migus氏は、センターに所属する研究者が作成した研究論文をHAL(Hyper Article en Ligne)と呼ばれる機関リポジトリに登録するよう求める声明を発表したそうです。研究論文のオープンアクセス化については、前センター長も「勧告(r…

King牧師の資料 Morehouse Collegeに

6月30日にオークションで競売される予定であったキング牧師(Martin Luther King )の資料が、競売をとりやめて彼の母校であるジョージア州アトランタのモアハウス大学(Morehouse college)に行くことになったと、報道されています。Morehouse College Says It Will Receive Martin Luther King Papershttp://www.nbc13.com/news/9

NARAの2007年度予算、800万ドル削減か(米国)

米国下院において、国立公文書館(NARA)の2007年度予算を800万ドル削減する案が出されたそうです。もしこの案が上院で可決されると、NARAにとっては夜間・週末の閲覧室一部閉鎖、開館時間の短縮、職員の削減など、厳しい運営を強いられる一年となる、と危惧されています。

地図窃盗犯、自供する

アンティークマップ専門の古地図業者が、英国図書館やエール大学、ニューヨーク公共図書館などから古地図を切り取りるなどして盗み出していたことを自供したとのことです。盗み出していた地図資料は97点、金額は英テレグラフ紙によると約200万ポンド(約4.2億円)、Forbes.comによると約300万…

フランス版Google Earth“Geoportail”いよいよ公開

Google Earthのような地図・空中写真閲覧サービスとして、フランスの国立地理研究所(IGN)が開発を進めてきたGeoportail.frが、6月23日に公開されました。フランス本土及び海外領の空中写真、地形図、道路地図、都市地図が閲覧できます。公開当日はアクセスが集中してGeoportail.fr、IGNのウェブサイ…

Serials Review 32(2)

Serials ReviewVolume 32, Issue 2, Page 55-150 (June 2006)●ARTICLESVision and Commitment: Deana L. Astle, July 18, 1945–December 7, 2005Connie FosterCopyright Knowledge of Faculty at Two Academic Health Science Campuses: Results of a SurveyKay Hogan Smith, Rajia C. Tobia, T. Scott Plutchak, Lynda M. Howell, Sondra J. Pfeiffer and Michael S. Fitts●SPECIAL FOCUS: ARCHIVING JOURNALS: PROJ…

6月 23日

映像コンテンツ事業者向け「コンテンツ情報管理ツール」

財団法人マルチメディア振興センター(FMMC)が6月23日、映像コンテンツの利活用の推進と、権利処理の円滑化・迅速化のためのメタデータ作成ツールを開発し、無償配布を開始しました。このツールは、「J/Meta」形式のメタデータを入力、管理するツール、「TV Anytime」「CableLabs VOD Metadata」など…

RDA Part A, chapters 6-7のドラフト発表

英米目録規則(AACR)改訂合同運営委員会(JSC)が6月20日、RDA(Resource Description and Access)のパートAの第6章(Related resource)・第7章(Persons, families, and corporate bodies associated with a resource)のドラフトを発表しました。これまでは第2部と呼ばれていたものです。2006年9月1日までコメントを受け付けてお…

カナダのデジタル化プロジェクト“Alouette Canada”始動

カナダ人が自分たちのことをもっとよく知ることができるように、またカナダのことをもっと世界中に知ってもらえるように、カナダの歴史資料をオープンに、永続的にアクセスできるようにしなければならない。このような認識のもと、カナダ研究図書館協会(CARL)がデジタル化イニシアチブ…

図書館情報学論文の生産数トップの大学は?(英国)

米Thomson社が5月8日、同社データベースに登録されている図書館情報学分野の論文(2001年〜2005年)の生産数について、英国の大学トップ5を発表しました。生産数1位はロンドン市立大学でした。U.K. Universities: Most Prolific in Library & Information Science, 2001-05http://www.in-cites.com/research/2006/june_19_2006-2.html参考…

オックスフォードとケンブリッジ、両者の評価の違いは・・・

先ごろ英国タイムス紙が公表した英国大学ランキング"Good University 2007"で、ケンブリッジ大学はほとんどのスコアがオックスフォード大学よりも高いにもかかわらず、総合成績ではオックスフォード大学の後塵を拝す結果となりました。この理由として主筆のJohn O’Leary氏は、図書館とコンピュー…

英国公文書館と公共セクター情報局、2006年10月に合併

英国公文書館(National Archives)と、公共セクター情報局(Office of Public Sector Information: OPSI)が、2006年10月に合併すると発表されました。名称はNational Archivesとなります。新National Archivesは、情報政策を牽引し、政府や他の公共セクターの記録や情報を効果的に提供する役割を果たす、とされています。

The Office of Public Sector Information and The National Archives are to merge - National Archives
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/stories/117.htm

The National Archives and The Office of Public Sector Information to merge - OPSI

大統領が乗ったヘリコプター、大統領図書館で永久展示

ケネディ、ニクソンら4人の大統領が利用し、このほど引退したヘリコプターが、米国カリフォルニア州のニクソン大統領図書館で永久展示されることになりました。重さは6トン、100万ドル(約1億1,600万円)の価値があるそうです。このヘリコプターは、約3メートルの壁で囲って展示されるそう…

GPO、寄託図書の選書に関するアンケート結果を公表

米国政府印刷局(GPO)は、オンラインと冊子体刊行物の選書のための新しいモデル構想のためのアンケート調査を実施し、このたび結果が公開されました。それによると、オンライン刊行物をどのような選書ツールで選書しますか、との問いに、特定のトピックや地域区分ごとの目録で選定する…

令状なしの貸出記録提出を拒んだ館長、非難される(米国)

米国ニュージャージー州で、警察から貸出記録の提出を求められた際、州法に基づいて令状を要求した公共図書館長が、「警察の捜査に非協力的」「操作を妨害した」として市長や郡議会から非難を受けています。図書館委員会は7月の非公開ヒアリングまで保留するとしていますが、郡議会から…

病気について知りたい患者のために−“Deciphering Medspeak”

米国の医学図書館協会(MLA)が、病気の情報を入手したい患者のために、医療分野に特有の用語(Medspeak)という「暗号」を解読する(Deciphering)冊子“Deciphering Medspeak”を作成しています。医療用語、処方せんに使われる略語一覧に加えて、MLAがおすすめする当該の病気に関するウェブサイトが…

蔵書の亡失−対応策は「ホームレスへの貸出制限」(米国)

米国インディアナ州のPorter County Public Libraryでは、過去5年間に年間4,000ドル相当の蔵書が貸し出したまま行方不明になっているという問題を受けて、去る5月に貸し出しシステムを新しくしましたが、その中に地域内の施設にいるホームレスの人々への貸し出しを制限するという規定(3ヶ月間有効…

D-Lib Magazine. 12(6)

D-Lib Magazine. June 2006Vol. 12 No. 6http://www.dlib.org/dlib/june06/06contents.htmlEDITORIALOrphan Worksby Bonita Wilson, CNRIARTICLESDistributed Preservation in a National Context NDIIPP at Mid-pointby Abby Smith, Independent ConsultantMetadata Authentication and Access Managementby Michael Teets OCLC Online Computer Library Center; and Peter Murray, OhioLinkMetadata Interoperability and Sta…

ページ