アーカイブ - 2006年 4月 - car

4月 4日

Library & Information Science Research. 28(1)

Library & Information Science Research. 28(1), 2006.Peer review revisited Peter Hernon and Candy SchwartzReviewer Merits ●ARTICLESFactors influencing information needs among cancer patients: A meta-analysis Kalyani AnkemPeer review of chat reference transcripts: Approaches and strategies Jeffrey Pomerantz, Lili Luo and Charles R. McClureThe role of information in successful aging: The case fo…

The Journal of Academic Librarianship. 32(2)

The Journal of Academic Librarianship. 32(2), 2006.Where's the Library? David Kohl●ARTICLESFinding Information in (Very Large) Digital Libraries: A Deep Log Approach to Determining Differences in Use According to Method of Access David Nicholas, Paul Huntington, Hamid R. Jamali and Carol TenopirThe Myths and Realities of SFX in Academic Libraries Jina Choi Wakimoto, David S. Walker…

Scandinavian Public Library Quarterly (Vol 39 No.1)

Scandinavian Public Library Quarterly.39(1), 2006.HTML版:http://www.splq.info/issues/vol39_1/index.htmPDF版:http://www.splq.info/issues/vol39_1/splq1_06.pdf・ Children a constant challenge - also to the library Jens Thorhauge・ The Bittis Project brought libraries to the center of the school Susanne Ahlroth・ Cooperation between public and school libraries. A Norwegian view Tertit Knud…

Library Journal (2006-04-01号)

Library Journal, 2006-04-01.http://www.libraryjournal.com/community/891/Current+Issue/43259.html●Features●Dark is the New CozyBy Wilda W. WilliamsReshuffling the DeckBy Marshall BreedingIn Praise of Blue NotesBy Mark Woodhouse他、ニュースなど

オープンアクセス出版の法的要件の解説書

ドイツ・ゲッティンゲン大学の法律学者9名がオープンアクセスを法的側面から解説した"Rechtliche Rahmenbedingungen von Open-Access-Publikationen"(オープンアクセス出版の法的基本要件)が刊行されたそうです。著作権法の基礎、大学におけるオープンアクセス、オープンアクセスのライセンス、オープンア…

将来の目録業務−米国インディアナ大学の調査報告書

米国・インディアナ大学は、目録業務を取り巻く最近の傾向を明らかにし、同大学におけるオンライン目録業務や目録スタッフに課せられる新たな役割を定義することを目的として、学内の目録部門を対象に調査を実施したとのことです。調査結果と今後求められる戦略は、”A White Paper on the Futu…

4月 3日

CNIのプロジェクト一覧

米国で、大学、図書館のネットワーク化を進めているCNIが、現在進めているプロジェクトのリストを公開しています。Coalition for Networked InformationProject Briefings: A Preliminary Listhttp://www.cni.org/tfms/2006a.spring/project.html

Webjunctionにeラーニング委員会

図書館員の情報共有プロジェクトWebJunctionが、e-ラーニングについての委員会を立ち上げています。WebJunction E-Learning Advisory Committee namedhttp://www.oclc.org/news/releases/200612.htm

IMLS、160億円を交付

博物館・図書館サービス機構(IMLS)は、各州の図書館に総額1億6000万ドル(約160億円)を交付することを決めたそうです。リテラシー教育やコンピュータの訓練、高齢者への健康情報などを重点領域としています。Institute of Museum and Library Services Awards Over $160 Million to State Librarieshttp://www.imls.gov/news/

図書館と教育の現場におけるFair Useの意義

米国研究図書館協会(ARL)から、標記についてのレポートが発表されています。The Role of Fair Use in Libraries and Education. ARL Bimonthly Report. (244), 2006.http://www.arl.org/newsltr/244/fairuse.html

Google・Yahoo!4か国版の検索結果を比較−CenSEARCHip

米国インディアナ大学の研究者が開発した”CenSEARCHip”というシステムが、3月に発表されました。米国、中国、フランス、ドイツ各国のうち2か国のGoogleとYahoo!で同じ検索語を検索し、その結果を一覧形式で比較できるというものだそうです。CenSEARCHiphttp://homer.informatics.indiana.edu/censearchip/関連記事…

情報管理 49(1)

情報管理Vol. 49 (2006) , No. 1有力特許に引用された科学論文の計量書誌学的分析富澤宏之, 林隆之, 山下泰弘, 近藤正幸RSS(RDF Site Summary)を活用した新たな図書館サービスの展開 ―OPAC2.0へ向けて―林賢紀, 宮坂和孝ライフサイエンス辞書とは金子周司人類の知的財産としての情報マネジメント宗定勇公…

情報の科学と技術 56(4)

情報の科学と技術Vol.56 No.4, 2006特集:システムライブラリアン育成計画総論:システムライブラリアンをめぐる状況と課題宇陀則彦サービス指向環境下におけるシステムライブラリアンの役割とスキル中尾康朗, 永井善一山中湖情報創造館のデジタルライブラリアンがシステムライブラリアンにつ…

JST, 「情報管理」誌を一般公開

科学技術振興機構(JST)が、4月1日から「情報管理」誌をウェブで一般公開しています。情報管理Webhttp://johokanri.jp/

ページ