アーカイブ - 2006年 4月 - car

4月 6日

文部科学省『これからの図書館像−地域を支える情報拠点をめざして−』を公表

文部科学省が「これからの図書館の在り方検討協力者会議」による提言として、報告書『これからの図書館像−地域を支える情報拠点をめざして−』を公表しました。これからの図書館像−地域を支える情報拠点をめざして−(「これからの図書館の在り方検討協力者会議」報告書)http://www.mext.…

図書館界 57(6)

図書館界57巻6号(通巻327号)March, 2006国立大学附属図書館のゆくえ:法人化の課題と現実その2寒川登東京の公共図書館政策の一考察:1970年代における美濃部都政の図書館政策(1)松尾昇治黒人への公立図書館サービスの転機:『公立図書館へのアクセス』(1963年)の意義(2)川崎良孝《特集・第4回…

Library and Information Sciecnce (54)

圧縮プログラムを応用した著者推定安形輝グーテンベルク聖書と写本の伝統安形麻理http://wwwsoc.nii.ac.jp/mslis/lis05.html#no54

ICBC 35(1)

International Cataloguing and Bibliographic Control (ICBC)Vol 35 No 1 - January/MarchMARC/XML Derivates: the State of the ArtWorkshop held during the World Library and Information Congress, Oslo, 16 August 2005IntroductionAlan HopkinsonMARC/XML SamplerSally H. McCallumDelivering MARC/XML Records from the Library of Congress Catalogue Using the Open Protocols SRW/U and Z39.50Mike Taylor and Adam…

GPO,連邦政府情報提供システムに関する意見募集

米国政府印刷局(GPO)が進めている連邦政府情報の提供システムFDsysについてのプロポーザルが募集されています。プロポーザルの全文はこちらから(520ページ)http://www.gpo.gov/projects/pdfs/FDsys_RFP.pdfプレスリリースはこちらhttp://www.gpo.gov/news/2006/06news08.pdf

オープンソースの教材を考えるフォーラム

オープンソースの教育資源(教材など)について、現場の経験などを踏まえて可能性を考えたオンラインフォーラム”Open Educational Resources”の報告書が公開されています。※UNESCOの教育計画国際機関(International Institute for Educational Plannning)が主催。2005年10月24日から12月2日までの6週間、電子メー…

電子ジャーナルのアーカイブに関するARLのレポート

米国研究図書館協会(ARL)はこのほど、研究図書館における電子ジャーナルのアーカイビングの状況について調査した結果をまとめたレポート“Surveying the E-Journal Preservation Landscape”を発表しました。短いレポートですが、電子ジャーナルのアーカイビングに関する主要な10の事業についての紹介…

4月 5日

ヨーロッパの図書館コンソーシアム

ヨーロッパにおける図書館コンソーシアムについて調査したレポートが発表されています。フィンランド、ギリシャ、ロシア、英国などが取り上げられています。Consortia in Europe: Describing the Various Solutions Through Four Country Exampleshttp://www.redorbit.com/news/technology/448194/consortia_in_europe_describing_the_various_solut

マックスプランク研究所、OAジャーナルに助成

マックスプランク研究所は、OAジャーナルNew Journal of Physicsへの論文投稿費用を助成すると発表しました。Max Planck Society funding for New Journal of Physicshttp://www.iop.org/news/1085

国立中央図書館はポータルサイトNAVERと協同

米国議会図書館(LC)とGoogle、英国図書館(BL)とマイクロソフトなど、国立図書館と検索サービス提供者とのパートナーシップが注目されていますが、3月29日、韓国国立中央図書館は国内大手ポータルサイトNAVERとの業務協力協定を締結しました。これにより、国立中央図書館のデータがNAVERか…

国立中央図書館、DCMIに加入

韓国国立中央図書館が、4月1日にDublin Core Metadata Initiative(DCMI)に加入しました。これにより、Dubline Coreを国内標準にする権限と、国際会議委員の資格を得たとのことです。国としてはフィンランド、英国、シンガポール、ニュージーランドに続いて5番目です。 DCMI(Dublin Core Metadata Initiative)に…

韓国、国家知識情報資源管理事業を拡大

韓国では、科学技術・教育学術・文化・歴史などの分野について、各国家機関が各種情報をデジタル化して提供する「国家知識情報資源管理事業」が行われていますが、2006年度は430億ウォン(約52億円)を投入して、「学術研究DB」「生命情報知識DB」など43テーマ、計2千万点の資料のDBを作成す…

図書館のための情報サイト - Informaiton Literacy

英国図書館・情報専門家協会(CILIP)、博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)などで構成されるILGroupが運営するウェブサイト"Information Literacy"が、3月28日に公開されました。図書館などで情報を専門に扱う人々に向けて、情報リテラシーに関する研究成果など各種情報をまとめて提供すること…

公共図書館員に図書館学修士号は必要か? - PLA全国大会から

3月に米国・ボストンで開催された公共図書館協会(Public Library Association:PLA)の全国大会は、11,000人を超える多数の参加者を得て、大変活気があったようです。この大会では、PLAのウォルター(Daniel Walters)会長と米国図書館協会(ALA)のゴーマン(Michael Gorman)会長が、"Is the MLS Needed for a Career i…

EBSCO、Teacher Reference Centerを無料公開

EBSCO社が、K-12(Kindergarten to 12th: 保育園・幼稚園から高等学校まで。盲聾養護学校も含む)の教育にたずさわる教師・図書館のためのデータベース“Teacher Reference Center”を無料公開しています。Tearcher Reference Center(※LISTAと同じURL)http://www.libraryresearch.com/What is Teacher Reference Center?http://support.epnet.co

EBSCO、新着情報をRSSで配信

EBSCO社が、雑誌の新着情報や、特定キーワードに関する文献の新着情報をRSSで配信することになりました。EBSCO Supports RSS Feedshttp://support.epnet.com/support_news/detail.php?id=204

4月 4日

メタデータ、メタサーチの初歩

メタデータ及びメタサーチの概要を説明した文書がありました。'Marketing' with Metadata - How Metadata Can Increase Exposure and Visibility of Online Content.http://www.icbl.hw.ac.uk/perx/advocacy/exposingmetadata.htm

図書館が出てくる先人の言葉

IFLAが、図書館や図書館員に言及した先人の言葉を紹介したリストを公開しています。Quotations about Libraries and Librarians: Subject Listhttp://www.ifla.org/I/humour/subj.htm

Government Information Quarterly. 22(4)

Government Information Quarterly. 22(4), 2006.●ARTICLESIntroduction to the special issue: National security policies and implications for information flow Nadia CaidiThe information gulag: Rethinking openness in times of national danger Lee S. StricklandWill the Academy survive 9/11? Scholarship, security, and United States Government policy Shelly WarwickTransforming travel and border contro…

Serials Review. 22(1)

Serials Review. 22(1), 2006.The Serials Information Chain Connie Foster●ARTICLESA Systematic Approach for Evaluating and Upgrading Academic Science Journal Collections Randall K. Ward, John O. Christensen and Elizabeth SpackmanSome Thoughts on the Meaning of Open Access for University Library Technical Services Amy E.C. KoehlerEffecting Change in Periodicals Service: Management Models and a P…

ページ