アーカイブ - 2006年 3月 7日 - car

パッケージ系電子出版物の長期的な再生可能性について

国立国会図書館が、『パッケージ系電子出版物の長期的な再生可能性について』(図書館調査研究リポートNo.6)を公開しました。図書館調査研究リポート No.6 パッケージ系電子出版物の長期的な再生可能性についてhttp://www.ndl.go.jp/jp/library/lis_research/no6/index.html

NIHのOA方針の達成率が低い理由

エルゼビア社やブラックウェル社、AAUPなどで構成するPublishing Research Consortiumが、NIHのOAポリシー達成率がなぜ低いのか調査したレポートを発表しています。NIH Author PostingsA study to assess understanding of, and compliance with, NIH Public Access Policyhttp://www.alpsp.org/news/NIH_authorpostings_report.pdf

無料の電子テキストブックモデル

教科書出版社のFreeload Pressは、電子テキストブックに広告を付けることで、無料のe-textbookを提供するモデルを開発したと発表しています。実験期間の今季は、75コースの教科書を提供し、100万ダウンロードまで可能だそうです。Sponsors Provide Free College Textbooks; New Model from Academic Publishers will deliver 1,0…

NYPL、ウィリアム・バロウズのコレクション購入

ニューヨーク公共図書館は、ウィリアム・バロウズの原稿・手紙コレクションを購入したそうです。The New York Public Library Acquires Archive of Avant-Garde Beat Writer William S. Burroughs http://www.nypl.org/press/2006/burroughs.cfm

MLA、司書が選ぶ死ぬまでに読むべき本

MLAがWorld Book Dayに合わせて、「死ぬ前に大人が読むべき本は何か?」を全国の司書に聞いた結果を発表しています。第1位には、聖書を抜いて、Harper Leeの"To Kill a Mockingbird"が輝いたそうです。To Kill a Mockingbird tops librarian poll - Recommendation coincides with World Book Dayhttp://www.mla.gov.uk/webdav/harmonise?Page/

NIIの学術コンテンツ形成発信事業

国立情報学研究所が、機関リポジトリの構築・運用を支援する「学術コンテンツ形成発信事業」のページを公開しています。 学術コンテンツ形成発信事業http://www.nii.ac.jp/irp/index.html