アーカイブ - 2006年 3月 31日 - car

オーストラリアの図書館におけるフィルタリング

オーストラリア図書館協会は先ごろ、公共図書館におけるインターネット利用サービスの状況について調査報告を発表しました。この報告書では、公共図書館におけるインターネットのフィルタリングの状況についても触れられていますが、調査対象の図書館の約3割がフィルタリングソフトを導…

韓国の大学図書館活性化事業

韓国国内の学術情報の共同活用体制構築、歴史資料の全文デジタル化などの大学図書館活性化事業に対し、教育人的資源部が90億ウォン(約11億円)を投入する、と韓国の朝鮮日報紙が報じています。また教育学術情報院も、e-ラーニング等の大学情報化に142億ウォン(約17億円)を投入すると発…

韓国の学校図書館活性化事業

韓国教育学術情報院(KERIS)は、2006年度の学校図書館活性化事業に730億ウォン(約88億円)の投資を行うと発表しました。2003年から2005年までのプログラムでは、1,800億ウォンで3,800の学校図書館を拡充しましたが、今回のプログラムでは1,462館の拡充と蔵書の強化、専門職員の配置、官民一体とな…

「情報社会における著作権及び著作隣接権に関する法案(DADVSI)」可決

フランスの国民議会(Assemblee nationale)で21日、「情報社会における著作権及び著作隣接権に関する法律案(DADVSI)」が286票対193票で可決したそうです。同法案は続いて、5月初旬までに上院(Senat)で審議される予定とのことです。Ou en est DADVSI?http://bbf.enssib.fr/tourdetoile.php

ニューオーリンズに本を寄贈するプロジェクト

ハリケーン「カトリーナ」の被害に遭ったニューオーリンズ公共図書館とニューオーリンズ市民に対して本を寄付する“Levee for Life”(生活のための堤防)プロジェクトが始まりました。Levee for Life | Katrina Projecthttp://katrina-project.org/taxonomy/term/4Powell's Books - The Katrina Projecthttp://www.powells.com/ka

第8回灰色文献に関する国際会議はニューオーリンズで開催

第8回灰色文献に関する国際会議が、2006年12月4日から、カトリーナの被害に遭ったニューオーリンズで行われます。テーマは“Harnessing the Power of Grey”(灰色の力を利用すること)で、準備会議の記録等がオンラインマガジンとして提供されています。GL8-Eighth International Conference on Grey Literaturehttp://…

「フランス語圏電子図書館」の計画

フランス国立図書館(BnF)のプレスリリースによると、フランス、カナダ(ケベック州も)、ベルギー、ルクセンブルグ、スイスの6か国の国立図書館は、フランス語圏電子図書館(bibliotheque numerique francophone)をつくる計画案を発表したとのことです。La francophonie a l'heure du numeriquehttp://www

BLの紛失資料

英国図書館(BL)が紛失資料のリストを公開したと、3月28日付けの英ガーディアン紙が報じています。BLのサイトにはまだ情報がありません。ガーディアン紙によれば、国際的窃盗団により最近5年間に10万ポンド(約2,050万円)相当の紛失・切り取りが行われたとのことです。このほか、排架ミス…