アーカイブ - 2006年 12月 - car

12月 25日

教育機関における職員のICT利用に関する調査(英国)

英国情報システム合同委員会(JISC)が、高等教育・継続教育(HE/FE)機関における職員のICT利用に関する調査結果を発表しています。自分のPCを持つべき職員や職員のICT利用を定めるポリシーを有さない機関が多かったこと、職員のICT利用は期待されているものと大きな差はなかったものの契約…

相続税の代わりに「お宝」を公共に(英国)

英国では、相続税を納める代わりに、重要な文化遺産の所有権を放棄し公共の持ち物とする“Acceptance in Lieu”というスキーマがあります。これによって重要な文化遺産の散逸を防ぎ、図書館や博物館など、公共施設のコレクションを充実させるというものですが、このスキーマの2005/2006会計年度…

もっと家族で図書館を使ってもらうためには?(英国)

英国博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)が運営する、公共図書館のオンラインサービスプログラム“People's Network”は2006年、家族での図書館利用を推進するために、家族が図書館のどのような点を評価しているか、図書館がより良くなるために必要なものは何だと見なしているかに…

PLoS ONE、創刊

“Open Access 2.0”をキャッチフレーズとする、全科学分野・医学分野の査読付きオープンアクセス誌“PLoS ONE”が、2006年12月20日、創刊しました。ベータ版でのリリースとなっていますが、これは、PLoS ONEを提供しているオープンソースソフトウェアを、人々の意見を聞きながら今後2年かけて改良し…

ALA、FBIの図書館に対する無理解を批判

2006年5月に行われた、米国上院の司法委員会による連邦捜査局(FBI)の監査前ヒアリングにおいてFBIが委員会に提出した回答が、11月30日に公開されました。ヒアリングでは、図書館が国家安全保障書簡(NSL)に従うべきであるとするFBIの見解について、明確にするように求めていました。この回…

ICADL2006京都大会の紹介記事

京都大学を会場に開催された第9回アジア電子図書館国際会議(9th International Conference on Asian Digital Libraries:ICADL2006)の紹介記事が、MYCOM ジャーナル誌で連載されています。ICADL2006 - 京都のデジタルアーカイブ - 長尾真教授 講演http://journal.mycom.co.jp/articles/2006/12/18/icadl1/ICADL2006 - アウラリー: フォー…

科研費DB・学術研究DBリポジトリに関するアンケート

国立情報学研究所(NII)が、GeNiiユーザビリティ調査の一環として、科学研究費補助金採択課題・成果概要データベース“KAKEN”及び学術研究データベースリポジトリ“NII-DBR”のサービスに関するアンケートを、2006年1月22日まで実施しています。【GeNiiユーザビリティ調査】KAKEN のサービスに関…

Ajax技術を用いたNDC検索システム

大阪市立大学学術情報総合センター基盤支援システムとして、Ajax(Asynchronous Javascript and XML)技術を用いたNDC検索システム「NDC Suggest」が公開されています。http://kuroyuri.media.osaka-cu.ac.jp/~ueda/ajax_ndc/参考:http://www.media.osaka-cu.ac.jp/~harumi/research/kiban.shtmlhttp://ojs.info.gscc.osaka-cu.ac.jp/JI/viewarticle.php?id=29&layo

12月 22日

"FRBR化"した目録データベースの例示:FictionFinder

OCLCが、FRBRプロジェクトの一環として研究開発を進めているプロトタイプシステム『FictionFinder』を、アップデートしたようです。『FictionFinder』では、OCLCのWorldCat内に登録されている280万ほどのフィクションの著作(Workレベル)を検索することができるようになっており、'FRBR風の(frbresque…

CILIP、新しいビジネスモデルに向けて

CILIPの新しいビジネスモデルを検討しています。新ビジネスモデル・ワーキンググループ(New Business Model Working Group:NBMWG)が、最初のレポートを出し、11月7日のCILIP評議会の会議で、圧倒的支持を得て認められたそうです。First report of the New Business Model Working Group http://www.cilip.org.uk/aboutcilip/newbusines

東アジア図書館実態調査に関する調査報告(文部科学省)

文部科学省が、2005年度に実施した「東アジア図書館実態調査に関する調査報告」(調査委員会主査:慶應義塾大学・糸賀雅児教授)の報告書をウェブサイトで公開しています。韓国、シンガポール、中国の3か国の図書館政策、情報化政策、人材育成、公立図書館運営について紹介するとともに…

ニュージーランド、"Digital Content Strategy"のドラフト公表

ニュージーランド政府が、“The Draft New Zealand Digital Content Strategy”を発表しています。“Digital Content Strategy”は、ニュージーランド政府が2005年から進めているデジタル戦略(the Digital Strategy)の一部としてまとめられているものです。このドキュメントは、第1部(Section A)でデジタルコンテンツ…

インターネットアーカイブに100万ドルの寄付

Internet Archiveが、Alfred P. Sloan財団から、貴重資料の電子化のため、100万ドルの資金提供を受けたことを発表したそうです。OCA(Open Content Alliance)からニュースリリースが出ています。今回の資金により、ボストン公共図書館のジョンアダムズ・コレクション、メトロポリタン美術館の出版物など、5機…

ドイツで社会科学分野のOAリポジトリ

ドイツで、ドイツ研究協会(DFG)の助成により、社会科学情報センターとベルリン大学定性的調査研究所が運営する社会科学オープンアクセス・リポジトリが開設されることが決まったようです。Zugang zu Volltexten verbessern: Informationszentrum Sozialwissenschaften baut sozialwissenschaftliches Open Access Repository aufhtt…

12月 21日

Science Direct、フルテキスト10億ダウンロード突破

エルゼビア社のScienceDirectのフルテキストデータのダウンロード件数が、2006年11月14日に10億件を突破したそうです。平日では、世界中で毎秒36件のフルテキストがダウンロードされているとの計算になるそうです。ScienceDirect’s Billionth Article Downloadhttp://www.info.sciencedirect.com/news/archive/2006/news_billionth.…

英国公文書館のウェブサイト刷新

英国公文書館(NA:the National Arichives)のウェブサイトが新しくなりました。

http://www.nationalarchives.gov.uk/

New look for The National Archives website homepage
http://www.nationalarchives.gov.uk/news/stories/138.htm

RSSフィード(新着資料、ニュースリリース、Podcast)
http://www.nationalarchives.gov.uk/rss/?homepage=news-rss

公共図書館業務システムの運営経費等に関する調査結果(日本)

総務省と財団法人地方自治情報センターが、全国の市町村における業務システムの導入及び運用に要する経費等の調査を行い、そのデータが12月20日に公表されています。調査対象には図書館も含まれており、システムの用途(「システム構成」と標記)、処理形態、稼動開始年月、費用などが市…

コンテンツ戦略に関する2007年の公約(BL)

BL(英国図書館)が、コンテンツ戦略をさらに推し進めるための公約を発表しています。BLでは2006年4月から行ったコンテンツ戦略に対する意見公募を行っていました。今回の公約はこの結果を踏まえたもので、2007年に戦略をさらに推し進めるために取り組む課題を示しています。参考:Content Stra…

クリスマス気分で、音楽アルバムチャート50周年記念展示会期間延長(BL)

BL(英国図書館)が、現在開催中の音楽アルバムチャート50周年記念展示の期間延長を発表しています。この展示会は人気を博しているらしく、クリスマスで気分も盛り上がっているようです。Get into the festive spirit with Christmas number one albums at the British Library!http://www.bl.uk/news/2006/pressrelease20061215.html参考…

12月 20日

電子ブックが大学図書館にあまり広まらない理由は?(英国)

Information World Review誌に、英国の大学図書館で電子ブックがあまり広まっていない理由について、何人かの大学図書館員にインタビューした短い記事が掲載されています。授業で使うテキストが電子ブックになっていない、電子ブックになっているのは(今の学問から見ると)古いものばかりであ…

ページ