アーカイブ - 2006年 12月 14日 - car

Intute、インターネット調査スキルを身に着けるためのトレーニング・サイトを開設(英国)

英国情報システム合同委員会(JISC)が助成している、高等教育・継続教育用インターネット情報資源検索サービス“Intute”が、インターネットを利用して情報を調査し、その質を峻別できるスキルを身につけてもらうための学生・研究者向けオンライントレーニングサイト“Virtual Training Suite”…

FRPAA、2006年中の成立はムリか

超党派で米議会に提出されているFRPAA(連邦政府機関の助成金を得た研究成果をオープンアクセスとする法案)には、支持する声が高まりつつありますが、中間選挙の影響により2007年に再提出される状況になっているようです。US elections delay open access articles billhttp://www.iwr.co.uk/information-world-review/n

Yahoo!のQ&Aサイト、全世界で1億6千万件の回答を突破

米Yahoo!が提供しているQ&Aサイト“Yahoo! Answers”が1周年を迎えました。同様のサービスを行っている全世界のYahoo!のQ&Aサイト(Yahoo! Japanの「Yahoo!知恵袋」など)とあわせると、現時点で利用者は合計で6千万人、回答数は1億6千万件を超えているとのことです。なお同時に、Yahoo!が調査会社Harris Intera…

百度、ウェブアーカイビングサービスを登録ユーザ向けに開始(中国)

中国の検索エンジンサービス「百度」が11月28日、ブックマークするとそのサイトにあるコンテンツもアーカイブするサービス「百度捜蔵」を、登録ユーザ向けに開始しました。一度アーカイブすると、そのコンテンツには迅速にアクセスできるほか、このコンテンツを他のユーザと共有すること…

ボット対策プロジェクトポータルサイト「サイバークリーンセンター」

総務省・経済産業省の連携プロジェクトとして、12月12日、ボット対策プロジェクトポータルサイト「サイバークリーンセンター」が開設されました。Cyber Clean Centerhttps://www.ccc.go.jp/総務省・経済産業省連携事業 ボット対策プロジェクトを推進するポータルサイト「サイバークリーンセンター」の…

平成18年度著作権テキスト(文化庁)

文化庁が、「著作権テキスト」の平成18年度版をPDFファイルで公開しています。著作権テキスト 〜初めて学ぶ人のために〜 - 平成18年度 文化庁長官官房著作権課http://www.bunka.go.jp/1tyosaku/pdf/chosaku_text_18.pdf

英国の学校・子どもに対する図書館サービス統計・2005会計年度版

英国のラフバラ大学が、学校・子どもに対する図書館サービスの統計・2005会計年度版を刊行しています。今年の統計の主な特徴としては、以下のものが挙げられています。・公共図書館の子ども向け資料の数は、15歳以下の子ども1人当たり2.3冊(合計2,530万冊)。1年間の購入冊数は390万冊で、子…

英国の図書館統計・2006年版

英国のラフバラ大学が、2006年の図書館統計を刊行しています。今年の統計の主な特徴としては、以下のものが挙げられています。・公共図書館の支出は7年連続で増加し、人口1人当たり約18ポンド(約4,200円)であった。イングランド、ウェールズで公共図書館サービス基準が引き上げられ開館時…

シンポジウム「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」の模様

12月11日に開催されたシンポジウム「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」の模様が各種メディアで取り上げられています。オフィシャルサイトでは、パネルディスカッションの動画も配信されています。シンポジウム「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」http://thinkcopyright.org/

書架案内サインを色・文字でわかりやすくする試み(英国)

英国の図書館・情報専門家協会(CILIP)が刊行しているLibrary + Information Update誌の10月号で、デューイ十進分類法(DDC)を用いた書架分類について、学生によりわかりやすいよう、分類名の頭字語の文字をデフォルメしたピクトグラム(741 Graphic Designであれば「gr」、746 Textilesであれば「tx」など)…

RDAのスコープ、構造、目的、原則の定義資料

英米目録規則(AACR)改訂合同運営委員会(JSC)が作成中の『資料の記述とアクセス(RDA: Resource Description and Access)』について、RDAが基づいているFRBR、FRAD(Functional Requirements for Authority Data; FRAR(RはRecordsを意味)の新名称)と関連付けて、RDAのスコープ、構造を定義する資料が公開されています…

Podcastをダウンロードしたことがある人はどのくらい?(米国)

米国におけるインターネットの社会的影響について調査を行っているPew Internet & American Life Projectが11月22日、ラジオ番組などの音声録音コンテンツ“Podcast”をダウンロードしたことがあるかどうかに関する調査結果を発表しています。2006年2〜4月の調査では、「ある」と回答した人は調査対象の7…

アジア経済研究所、デジタルアーカイブ「近現代 アジアのなかの日本」を公開

日本貿易振興機構(JETRO)アジア経済研究所図書館が12月8日、デジタルアーカイブス「近現代 アジアのなかの日本」を公開しています。戦前・戦中期に日本の関係機関がアジア各国で刊行した刊行物の書誌・所蔵情報のデータベースとともに、その中で稀少とされる資料について、デジタル化…

日本の図書館統計・2006

日本図書館協会(JLA)が、冊子で刊行する『日本の図書館 統計と名簿』の刊行前速報版として、日本の公共図書館、大学図書館の統計(2006年版)を発表しています。日本の図書館統計http://www.jla.or.jp/statistics/index.html