アーカイブ - 2006年 11月 - car

11月 7日

オーストラリア国立大学の電子ブック

オーストラリア国立大学の出版部門ANU E PRESSは、出版物(単行本)のオンデマンド印刷サービスとともに、オンラインでは全点を無料で本文まで読めるようにしています。ANU E PRESShttp://epress.anu.edu.au/titles/index.htm

MARCからMODS Ver3.2へのマッピング

米国議会図書館(LC)が、MARCからMODS(Ver3.2)、MARCXMLからMODS(Ver3.2)へのマッピングツールを公開しました。MARC Mapping to MODS Version 3.2http://www.loc.gov/standards/mods/mods-mapping.htmlMARCXML to MODS (version 3.2)http://www.loc.gov/standards/mods/v3/MARC21slim2MODS3-2.xslMODS Metadata Object Description Schema - Official Web Sitehttp://www.loc.gov/s

中国学術雑誌オンライン出版統合データベース

中国国家教育部が主管し、清華大学が運営している学術文献データベースサービス「中国知網」(CNKI)に、2006年10月から「中国学術期刊網絡出版総庫」(中国学術雑誌オンライン出版統合データベース)が加わりました。この「中国学術期刊網絡出版総庫」では、1979年から現在までに、中国国…

11月 6日

Internet Librarian International 2006の資料

2006年10月に開催された、インターネットを通して活動する図書館員の会議“Internet Librarian International 2006”の資料が、主催したInformation Today社のウェブサイトで公開されています。Internet Librarian International 2006http://www.internet-librarian.com/presentations.shtml

オーストラリア国立図書館における録音資料デジタル提供の試み

オーストラリア国立図書館が行っているデジタル録音資料の作成・整理・管理・提供について紹介するスタッフペーパーが公開されています。Marie-Louise Ayres et al. Bringing the stories to the people: online sound at the National Library of Australia.http://www.nla.gov.au/nla/staffpaper/2006/documents/Mari-Louise.pdfExplore the National Libra…

米国の司書の給与調査

米国図書館協会(ALA)傘下で、図書館情報学修士号を持つ司書の待遇改善のための活動を行っているALA-APA(American Library Association Allied Professional Association)が実施した公共/大学図書館の司書の給与調査の結果概要が、ALAから公表されています。結果の全編を見るには、冊子を購入する必要があり…

翻訳資料「英国のリポジトリをリンクする:予備的評価研究報告書」

国立情報学研究所(NII)が、翻訳資料「英国のリポジトリをリンクする:予備的評価研究報告書」及び同「付録」を公開しています。Alma Swan, Chris Awre「英国のリポジトリをリンクする:予備的評価研究報告書」http://www.nii.ac.jp/irp/info/translation/LinkingUKRepositories.html「予備的評価研究報告書 付録」ht…

JLA、素案「加害少年推知記事の扱い(提供)について」を発表

日本図書館協会(JLA)図書館の自由委員会が作成した検討素案「加害少年推知記事の扱い(提供)について」が一般に公開され、会員の意見募集に付されています。加害少年推知記事の扱い(提供)について(自由委員会検討素案 2006.10.27) - 日本図書館協会http://www.jla.or.jp/jiyu/syonenhou.html参考:JLA、…

JLA、「個人情報保護に関する主な検討課題」に関する意見を提出

内閣府が行っていた「個人情報保護に関する主な検討課題」への意見募集に対し、日本図書館協会(JLA)が提出した意見が公開されています。「個人情報保護に関する主な検討課題」に関する意見 - 日本図書館協会http://www.jla.or.jp/jiyu/hogohoupubcom.html参考:個人情報保護に関する主な検討課題、意…

11月 2日

Webアーカイブ用ツール“Web Curator Tool”

英国図書館(BL)とニュージーランド国立図書館が共同で開発した、選択的ウェブサイト収集のためのツール“Web Curator Tool”のウェブサイトができています。ソフトウェアのVer1.1や、プレゼンテーション資料がダウンロードできます。Web Curator Toolhttp://webcurator.sourceforge.net/November 02, 2006付けPeter Sco…

Crossrefのシンプル・テキスト・サーチ

Crossrefが、普通のテキスト文で書かれた論文情報から、そのDOIを返すサービスを開始しました。2006年2月から会員だけに限定して公開していたものです。Crossref Simple-Text Query Service Officially Launcheshttp://www.crossref.org/01company/pr/press103006.htmSimple Text Queryhttp://www.crossref.org/freeTextQuery/参考:CrossrefのDOI検索ht…

ウェブセミナー「国際法とインターネット」(米国)

米国国際法学会(ASIL)が、10月24日に行ったウェブセミナー「国際法とインターネット」の動画・講義資料を公開しています。WIPOの法制化や、中国におけるGoogleの検閲など、注目のトピックも取り扱われています。International Law and the Internet - ASILhttp://www.asil.org/events/calendarmore.cfm?confid=415&URLmonth=10&U

JLA、少年犯罪実名報道紙についての新方針固める

新聞報道によると、日本図書館協会図書館の自由委員会は、少年犯罪の実名報道紙について提供を原則とするという方針を固め、常務委員会でも承認を得たそうです。強制力をもたない方針です。詳しくは『図書館雑誌』12月号に載るようです。少年犯罪の実名報道紙・誌 図書館協会「原則公…

電子ジャーナルのアーカイビング事業を比較・レビューした報告書

米国の図書館情報資源振興財団(CLIR)が、LOCKSS、CLOCKSS、KB e-Depot、Portico、OCLC ECO、PubMed Centralなど、12の電子ジャーナルアーカイビング事業を比較・レビューした報告書を刊行しています。CLIR pub 138:E-Journal Archiving Metes and Bounds: A Survey of the Landscapehttp://www.clir.org/pubs/abstract/pub138abst.html参考:CA1597 (No…

11月 1日

“English Short Title Catalogue”が公開される(英国)

英国図書館(BL)が、“English Short Title Catalogue(ESTC)”をウェブで公開しました。英国および1801年以前に英国領であった地域で、1473年〜1801年にかけて刊行された図書(印刷本)、雑誌、新聞、パンフレット、広告などを収録対象としている目録です。このプロジェクトそのものは1977年に、BLとカリ…

デジタルイメージと大学教育の関係:報告書が刊行される(米国)

大学教養課程での教育活動におけるデジタルイメージの活用度を調査した研究報告が公表されています。Using Digital Images in Teaching and Learninghttp://www.academiccommons.org/files/image-report.pdf

パソコンを使わないネットワーク読書端末の実証実験(日本)

シナノケンシ株式会社が、日本点字図書館と日本ライトハウスと共同で、「視覚障害者の方が、インターネット配信の録音図書を、365日24時間、パソコンを使わなくても手軽に楽しめるネットワーク読書端末」の実用化を目指した実証実験を行っています。パソコンを使わない「ネットワーク読…

ポーランド国立図書館、国産ソフトを用いた電子図書館サービスを開始

ポーランド国立図書館が10月11日、同国ポズナン・スーパーコンピュータ&ネットワークセンターが開発した電子図書館ソフトウェア“dLibra”を用いた電子図書館サービス“CBN Polona”を開始しました。なおこのソフトは、ポズナン地区の大学・研究図書館、科学図書館、公共図書館などが参加し…

Ariadne (49)

AriadneIssue 49. October 2006http://www.ariadne.ac.uk/issue49/Editorial・Technology is Only Part of the StoryMain Article・Creative Commons Licences in Higher and Further Education: Do We Care?Naomi Korn and Charles Oppenheim・From Nought to a Thousand: The HUSCAP ProjectSUZUKI Masako and SUGITA Shigeki(※北海道大学の機関リポジトリ“HUSCAP”の紹介)・Considering a Mark…

NDL遠隔研修「資料保存の基本的な考え方」第2期募集開始

国立国会図書館(NDL)が、11月1日から遠隔研修「資料保存の基本的な考え方」第2期の募集を開始しました。国立国会図書館 遠隔研修ポータルhttps://tlms-p.ndl.go.jp/library/html/portal.html

ページ