アーカイブ - 2006年 11月 9日 - car

BL、資料単位で寄付を募る試み・第2弾

英国図書館(BL)は、修復が必要な貴重書について資料単位で寄付を募る試み“Adopt a Book”(本を養子に)の第2弾を開始しました。第1弾は2006年のバレンタインデーを機に行っており、今回はクリスマスを機に行うものです。寄付にはランク付けがあり、・25ポンド(約5,600円)・・・寄付者と本…

NLM、分類表を改訂

米国国立医学図書館(NLM)が、分類表を改訂し公開しています。ポスターも作成されているようです。NLM Classification 2006http://www.nlm.nih.gov/class/terms_cond.htmlNLM Classification Posterhttp://www.nlm.nih.gov/class/nlmclasspost.htmlNovember 9, 2006付けResourceShelfの記事http://www.resourceshelf.com/2006/11/09/briefs-2-national-library-of-medicine

ALAは中間選挙の結果を歓迎(米国)

米国図書館協会(ALA)のワシントン・オフィス(議会担当)事務局長は、Library Journal誌のインタビューに対し、2006年中間選挙の結果(民主党が下院で過半数を獲得、上院でも獲得見込み)を歓迎するとしました。ブッシュ政権は議会案よりも多い額の図書館予算をつけているものの、DOPA法案、…

学術情報のデジタル出版に関する書誌サイトが移行

このほど開設10周年を迎えた学術情報のデジタル出版に関する書誌サイト“Scholarly Electronic Publishing Bibliography”が、作成者のベイリー(Charles W. Bailey, Jr.)氏の異動に伴って独自ドメインに移行しました。Scholarly Electronic Publishing Bibliographyhttp://www.digital-scholarship.com/sepb/sepb.htmlDigital Works by Charles W. Bail…

著作権保護期間の延長を巡る著作権者側の動向(日本)

日本における著作権保護期間の延長をめぐっては、著作権者側の活動にも注目が集まっています。9月22日、著作権関係権利者16団体が、著作権保護期間の延長実現を目指し「著作権問題を考える創作者団体協議会」を立ち上げ、文部科学省等に声明書の説明を行いました。これに対し、著作権の…