アーカイブ - 2006年 11月 16日 - car

第1回ネットワークの中立性に関する懇談会の資料(総務省)

総務省が、2006年11月15日に行われた「ネットワークの中立性に関する懇談会」(第1回)の配布資料を公開しています。米国・韓国におけるネットワーク中立性に関する議論のまとめなども含まれています。ネットワークの中立性に関する懇談会(第1回)(平成18年11月15日) - 総務省http://www.soumu.g

JLA、「豊かな文字・活字文化の享受と環境整備: 図書館からの政策提言」を発表

日本図書館協会(JLA)が、「豊かな文字・活字文化の享受と環境整備: 図書館からの政策提言」と題する見解を発表しました。文字・活字文化振興法を積極的に活かす政策提言を「図書館振興に責任を負う団体の立場」から提起するとして、(1)公立図書館の整備、(2)学校図書館の整備、(3)大学図…

古地図の活用−Google Earthに古地図のレイヤー追加

Googleが提供する「Google Earth」に、古地図データが追加されました。このデータは、地図の個人収集家David Rumsey氏から提供されたもので1680年の東京、1710年のアジアの古地図も含まれています。http://www.google.com/press/pressrel/earth_awareness.htmlhttp://googleblog.blogspot.com/2006/11/old-world-meets-new-on-google-ea...

Google Books Library Projectにバージニア大学図書館も参加

Google Books Library Projectの9番目の参加機関として、バージニア大学が加わることが発表されました。The University of Virginia Library Joins the Google Books Library Projecthttp://www.google.com/press/annc/books_uva.htmlU.Va. Library Joins the Google Books Library Projecthttp://www.virginia.edu/uvatoday/newsRelease.php?id=1053

米国の研究図書館統計・2004会計年度版

全米教育統計センター(NCES)が、2004会計年度の研究図書館統計を発表しています。対象は3,653館で、以下のような結果が出ています。・合計の蔵書数は約9億8,260万冊。・合計の職員数は94,085人(フルタイム換算)。このうち司書は25,936人。博士課程まである大学に54,963人、修士課程まである大学…

「国家の鏡」としての国立図書館の役割(インド)

インド国立図書館は、「国家の鏡」としての国立図書館の役割について考える会議「NACONAL2006」を、11月13日、14日の両日にわたって開催しました。会議運営の理事であるP.B.Mangla氏は、この会議開催の理由について、インド国立図書館が、(設立から)100年経ったにも関わらず、果すべき役割を果…

学校図書館も2.0の時代−SLJ誌リーダーシップサミットの資料

2006年11月3日・4日にシカゴで行われた、“2006 School Library Journal Leadership Summit”の資料が、ウェブサイトで公開されています。今回のサミットのキャッチフレーズは「21世紀の学習: 学校図書館メディアプログラムの役割」で、(1)テクノロジーとリテラシー、(2)情報が豊富な時代における学校メディ…

CiNiiのサービスに対する評価は?

国立情報学研究所(NII)が2006年8月〜10月に実施した、学術論文のデータベース・サービス“CiNii”に関するアンケート調査の結果が発表されています。回答者(有効回答数:416)の属性は公開されていませんが、主に検索する分野として人文科学を挙げている回答者が多い(58.4%)ことが特徴的…

netLibraryに日本語電子ブックが登場

紀伊国屋書店は、OCLCのnetLibraryで日本語の電子ブックを図書館向けに販売すると発表しています。2007年1月にサービス開始とのことです。OCLC NetLibraryからの和書eBook提供開始!http://www.kinokuniya.co.jp/03f/es/OCLC_NetLibrary_Forum_2006.pdf紀伊國屋書店、電子化した和書を図書館向けに販売(日経パソコンオン…