アーカイブ - 2006年 10月 - car

10月 20日

Googleの新しい検索インターフェース“searchmash”

Googleが、新しい検索インターフェース“searchmash”を公開しています。検索結果の並べ替え機能、「次の検索結果」を同一ページ内の下部に表示する機能、「同じウィンドウで開く」「別ウィンドウで開く」「キャッシュを見る」「関連ページを見る」などクリック時の動作を選択できる機能など…

10月 19日

目録のタイピングミス単語を紹介するブログ

目録で間違いやすい単語をピックアップするプロジェクトが活動していますが、その成果を生かすブログが、10月11日に登場しました。毎日、タイピングミスをしやすい単語をブログの本文で紹介するとともに、太字で強調して表示しています。Typo of the Dayhttp://typooftheday.blogspot.com/New Blog Tracks Typos…

電子ジャーナル購読費が大幅に増加:カナダ研究図書館協会が発表

カナダ研究図書館協会の発表によると、加盟館の2004年から2005年にかけての電子ジャーナル購入費は9,400万カナダドル(約98億円・前年度より約20パーセント増)に達したのに対し、冊子体雑誌の購入費は6,960万カナダドル(約72億円・前年度より約3パーセント減)となり、電子ジャーナル購入費が…

RNIB、NLBを吸収合併(英国)

英国の王立盲人援護協会(Royal National Institute for the Blind: RNIB)と盲人図書館(National Library for the Blind: NLB)が、2007年4月に合併します。組織の効率化、寄付受付の一本化、利用者の利便性の向上などが、合併の理由・目的として挙げられています。後継組織はRNIBです。両機関はFAQなどで、周知を行…

非英語資料へのアクセスに必要なことは?(米国)

米国図書館協会(ALA)の下部組織である図書館コレクション・技術サービス協会(ALCTS)は、非英語資料へのアクセスを研究するためのワーキンググループがまとめた報告書を公表しました。多言語で資料へのアクセスを試みる人々が増加するにつれ、言語環境に関する問題が次々に現れてきた…

ロンドンオリンピックに合わせたMLAの取り組み - Setting the Pace

2012年のオリンピック大会はロンドンで開催されますが、英国博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)はこの度、オリンピックの理念が文化・教育の発展にもつながるという考えから、ロンドンオリンピックに結びつけた文化・教育関連の計画“Setting the Pace”を発表しました。MLAのウェブサイ…

図書館職員の属性に関する調査(米国)

米国図書館協会(ALA)が1990年と2000年に行った全数調査を元に、図書館職員の性別、人種、年齢などの属性を分析した研究結果が発表されています。以下のような研究結果が出ています。・およそ11万人の有資格者の典型像は、45〜54歳の女性、白人。・2000年のデータでは、白人以外の人が占める…

ネットワーク電子出版物の法定納本制度に関するサイト(ドイツ)

ドイツ国立図書館が、ネットワーク系出版物の法定納本に関する情報サイトを公開しました。「ドイツ国立図書館法」に基づき実施される、ネットワーク電子出版物の収集・整理・目録化・保存に関する、法的な規定などの情報が提供されるそうです。Info Deposithttp://info-deposit.d-nb.de/参考:「ドイ…

LCがコミックアートの図録を刊行

米国議会図書館(LC)が、11月に開催する展示会“Cartoon America”にあわせて、コミックアートを取り上げた図書“Cartoon America: Highlights from the Art Wood Collection of Cartoon and Caricature”を刊行するそうです。プレス・リリースによると、コミックアートはかつて、政治的・政治的風刺に用いられ、LCでは開…

学術出版物・学術コミュニケーションにどのような価値があると見なされているか?(米国)

米国カリフォルニア大学バークレー校の高等教育研究センター(Center for Studies in Higher Education: CSHE)が、学術出版物・学術コミュニケーションに対してどのような価値付けがなされているかについて、同校の5つの学問分野(化学工学、人類学、法学・経済学、英語学、生物統計学)のステークホ…

公共図書館の資料購入費調査(英国)

2004/2005会計年度から2006/2007会計年度までの、英国における公共図書館の資料購入費に関する統計調査結果が、調査のスポンサーであるNielsen Bookdata社から公開されています。実施したのはラフバラ大学です。この調査では、以下のような結果が出ています。・2005/2006会計年度の全体の予算は、前年…

Library Journal 2006-10-15

Library JournalVol.131 Issue 17 (Oct.15,2006)http://www.libraryjournal.com/community/891/Current+Issue/43259.htmlFeaturesStarting Pay Breaks $40K―Placements and Salaries 2005Stephanie MaattaWhere Are They Now?Raya KuzykClass of 2005 Shikun “KK” Jiang―Placements and Salaries 2005John N. Berry IIINewsStat WatchFilter Opposition Fodder for Attack AdMinneapolis PL Faces Major CutsCourt: PL …

eBay英国サイト、骨董品の不正取引防止のため大英博物館・MLAと提携

大手オンラインショッピングサイト・eBayの英国サイトが、骨董品の不正売買を防ぐため、大英博物館および英国博物館・図書館・文書館国家評議会(MLA)提携したそうです。MLAが助成し、大英博物館が運営する“PLA”(Portable Antiquities Scheme)が、eBay.co.ukに出品される骨董品を監視し、問題のあ…

資金不足による図書館閉鎖の危機(南アフリカ)

南アフリカ・ケープタウンでは、資金不足のため図書館職員が解雇され、人手が足りなくなって開館時間の短縮や閉鎖の危機に追い込まれる図書館が複数館発生しているとのことです。市の中央図書館も、開館時間を4時間短縮せざるを得ない状況だとのことです。市は5百万ランド(約7,890万円)…

UDCを使用している国はどのくらい?

国際十進分類法(Universal Decimal Classification: UDC)が現在、どのくらい使用されているかを調査したレポート(Journal of Documentation誌に掲載される論文のプレプリント)が、dLISTで公開されています。すべての図書館を調査したわけではないが、UDCの使用が減ってきているという傾向がわかったとのこ…

新種の検索エンジンインターフェース? “Ms. Dewey”

米国の女優Janina Gavankarが演じる“Ms. Dewey”のさまざまな反応を楽しみ?ながら検索できる映像付き検索エンジンサイト“Ms. Dewey”が公開され、ウェブ関係者の注目を集めています。同サイトに背景・素性等の説明はまったくありませんが、検索結果としてMicrosoftのWindows Live Searchと同じものが出…

図書館職員「大量退職時代」に関する報道(日本)

現在、団塊世代の大量退職問題が「2007年問題」として広く認識されていますが、図書館におけるこの問題を取り扱った記事が、毎日新聞に掲載されています。司書07年問題:今後5年で半数定年 都立図書館ピンチに(毎日新聞)http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061018k0000e040091000c.html参考:図…

学術情報のデジタル出版に関する書誌サイト、まもなく10周年

米国ヒューストン大学図書館の電子図書館企画・開発担当副部長・ベイリー(Charles W. Bailey, Jr.)氏が作成している、学術情報のデジタル出版に関する文献・ウェブ情報の書誌情報サイト“Scholarly Electronic Publishing Bibliography”が、1996年の開設からまもなく10周年を迎えるそうです。ちなみに同サイ…

Information Today 23(9)

Information TodayVol.23 No.9 (Oct.2006)http://www.infotoday.com/it/oct06/index.shtmlNews BriefsProQuest Partners with Iron MountainMacmillan Medical Communications Appoints Staff in JapanWiley Partners with the International Society for Stem Cell ResearchEndeavor Announces Partnership with National Library of New ZealandIn Memoriam: Wilhelm ‘Bill’ BartenbachNewsMakersFEATURESAnd the Winners…

D-lib magazine 12(10)

D-lib magazine Vol.12 No.10 (Oct.2006)http://www.dlib.org/ARTICLESDLF-Aquifer Asset Actions Experiment: Demonstrating Value of Actionable URLsRobert Chavez, Timothy W. Cole, Muriel Foulonneau, Thomas G. Habing, Jon Dunn, William Parod, and Thornton StaplesAn Interoperable Fabric for Scholarly Value ChainsHerbert Van de Sompel, Xiaoming Liu, Carl Lagoze, Sandy Payette, Simeon Warner, and Jeroen …

ページ