アーカイブ - 2006年 10月 12日 - car

Reference & User Services Quarterly誌、オープンアクセスに

米国図書館協会(ALA)傘下のレファレンス・利用者サービス協会(RUSA)が刊行している査読誌“Reference & User Services Quarterly”(RUSQ)誌が、印刷媒体のデザインを変更するとともに、オープンアクセスになりました。RUSQhttp://www.rusq.org/RUSA issues redesigned journal and new journal website - ALAhttp://www.ala.org/ala/p

BnF、巨大な地球儀・天球儀を永久展示

フランス国立図書館(BnF)は10月4日から、フランソワ・ミッテラン館の入り口に、17〜18世紀のフランチェスコ会修道士・地理学者コロネリ(Vincenzo Maria Coronelli(1650〜1718))が作成した地球儀・天球儀を永久展示しています。この1対の地球儀・天球儀は直径約4メートル、重さが2トンにも及ぶも…

欧州デジタル図書館を紹介する冊子

欧州デジタル図書館プロジェクトを紹介する冊子(ブロシュア)が10月3日に刊行されています。オンラインでも見られます。i2010: Digital Librarieshttp://europa.eu.int/information_society/activities/digital_libraries/doc/brochures/dl_brochure_2006.pdf

デジタルコンテンツをより利用してもらうための助成プログラム(EU)

欧州連合(EU)の欧州委員会(EC)は、2005年から2008年までの4年間に、既存のデジタルコンテンツとそれに関連する技術をもっと多くの人・国に利用してもらえるようにするための取り組みに対して総額1億4,900万ユーロ(約223億3千万円)を助成する“eContentplus”プログラムを実施しています。こ…

Aslib Proceedings 58(5)

Aslib ProceedingsVol.58, Issue 5 (2006)http://www.emeraldinsight.com/Insight/viewContainer.do?containerType=Issue&containerId=24258Advances in e-democracy: overview Barrie GunterParliamentary communication in an age of digital interactivity Stephen ColemanBenchmarking e-government policy within the e-Europe programme Patrick WautersOnline campaign communication and the phenomenon of blogg…

Library Journal 2006-10-1

Library JournalVol.131 Issue.16 2006.10.1http://www.libraryjournal.com/community/891/Current+Issue/43259.html?pubdate=10%2F1%2F2006FeaturesSaint Paul’s Strategic Solution By Stu Wilson Ref Logs Now By Emily Barton They’ve Got Style By Barbara Hoffert with Ann Burns Listen For Success! By Dodie Ownes NewsLike Cabbies, Library Staff Honest with Cash Stat Watch Boozocracy Aims To Help New Orle…

10月は全米医学図書館員月間!

米国の医学図書館協会(MLA)は、10月を全米医学図書館員月間と定め、医療情報の専門家としての医学図書館員の重要性をもっと認知してもらうための活動を行っています。ウェブサイトでは、この活動のポスターのほか、各図書館が作成したポスターやキャンペーングッズ等の紹介も行ってい…

全米デジタル戦略諮問委員会の会議報告

米国議会図書館(LC)で7月に行われた、全米デジタル戦略諮問委員会(NDSAB)の会議報告が、LCのウェブサイトで公開されています。今回の会議では、LCから全米デジタル情報基盤整備・保存プログラム(NDIIPP)の第1フェーズの終了を報告するとともに、第2フェーズの方向性についての議論がな…