アーカイブ - car

12月 2日, 2020

『ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)』誌がバックナンバーのオンライン公開を順次開始:刊行後3年程度が経過した段階でオンライン上で無償公開する方針を併せて発表

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(arg)が刊行する図書館専門誌『ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)』は、2020年12月1日付のFacebookアカウントの投稿において、同誌のバックナンバーのオンライン公開を開始したことを発表しました。

LRGは同誌のバックナンバーの多数が在庫僅少となり、入手が難しくなっていることを受けて、刊行後3年程度が経過した段階でオンライン上で無償公開する方針を発表しました。無償公開の第1弾として、2012年11月から2013年8月までに刊行されすでに完売・終売した、創刊号から第4号がslideshareで公開されました。

LRGは2017年3月刊行の第18号までのバックナンバーについて、オンライン公開を順次進める予定です。

@LRGjp(Facebook,2020/12/1)
https://www.facebook.com/LRGjp/posts/3195534650550717

オーストラリア国立公文書館(NAA)、第二次世界大戦時の兵役記録(service record)約65万件をデジタル化

2020年11月10日、オーストラリア国立公文書館(NAA)が、第二次世界大戦時の65万件を超す兵役記録(service record)の一括デジタル化作業の契約を行なったことを発表していました。

4年間・1,000万オーストラリアドルによる第二次世界大戦時の記録の大半をデジタル化するプロジェクトの一環であり、今回デジタル化の対象となるのは、同館所蔵のB883(第二次オーストラリア帝国軍の兵役記録 1939年から1947年)とB884(市民軍の兵役記録 1937年から1947年)です。

作業は2023年半ばまでが予定されていますが、すでにB884のデジタル化は開始されており、デジタル化された記録は、2020年12月以降同館ウェブサイトを通じて無料で公開されます。

第二次世界大戦時の兵役記録は、2023年までに100万近くがデジタル化され利用できるようになると説明されています。

東京大学総合図書館の改修工事が完了しアジア研究図書館とともにグランドオープン:2012年に開始した「東京大学新図書館計画」が完了

2020年12月1日、東京大学は、東京大学総合図書館の別館竣工・本館改修工事・アジア研究図書館開館を含む「東京大学新図書館計画」が全て完了したことを受けて、11月26日に学内関係者によるグランドオープン記念式典を開催したことを発表しました。

東京大学総合図書館は、2012年に開始した「新図書館計画」により、2014年度から2017年度に行われた別館新築工事、2015年度から2020年度に実施された本館耐震改修工事を経て、資料収容能力385万冊、座席数総計約1,100席を有する図書館となりました。また、2020年10月、同館の本館4階にアジア研究のための第一級の学術資料、貴重な蔵書やコレクションを収集し、研究機能を備えた図書館としてアジア研究図書館が開館しました。

改修工事を経た東京大学総合図書館では、本館1階の記念室や3階のホールの創建当時の意匠が復元され、別館には約300万冊の収容力を持つ地下40メートルに及ぶ自動書庫や、学習やイベントのためのスペース「ライブラリープラザ」が設置されています。

記念式典の内容は、東京大学附属図書館のウェブサイト上で、後日動画として公開される予定です。

米・アイビー・プラス図書館連合、南アジア地域のジェンダー・セクシュアリティに関連する運動等の記録を収集したウェブアーカイブを公開

2020年11月25日、米国のアイビー・プラス図書館連合は、ウェブアーカイブ“South Asian Gender and Sexuality Web Archive”が公開されたことを発表しました。

同アーカイブは、家父長制に対抗する人々を支援するために、南アジア及び南アジアから世界各地に離散した性的マイノリティ(LGBTQAI+)や女性運動の記録を保存する目的で構築されました。NGOや活動家団体、個人がウェブ上で作成したコンテンツに特に重点を置いて、南アジア地域のジェンダー・セクシュアリティ問題に関連するアドボカシーや教育、社会基盤強化の取り組みに、これらの組織がどのようなアプローチを試みているかを示したものである、と説明しています。また、当事者である女性やLGBTQAI+の人々の直接の意見が反映された口述記録・文章・パフォーマンス等の収集も重視したことで、疎外された人々の苦闘や逆境に対抗するあり方についての洞察を得ることが可能な貴重資料を提供している、としています。

米国議会図書館(LC)の議会調査局(CRS)、米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)による州への助成金プログラムの概要を報告したCRSレポートを公開

2020年11月17日付で、米国議会図書館(LC)の議会調査局(CRS)は、米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)による州への助成金プログラム(Grants to States program)について報告したCRSレポートとして、“Institute of Museum and Library Services Grants to States Funding Formula: In Brief”を公開しました。

同レポートは、IMLSによる州への助成金プログラムの概要、州・準州・海外領土等への配分額を決定するための手順、2020会計年度を具体例とした資金配分の実際などを概説しています。

Institute of Museum and Library Services Grants to States Funding Formula: In Brief [PDF:8ページ](CRS,2020/11/17)
https://crsreports.congress.gov/product/pdf/R/R46611

京都外国語大学付属図書館、京都府立図書館が管理・運営する「京都府図書館総合目録ネットワーク」に参加:同ネットワークを通じた府内の公共図書館・読書施設、参加大学図書館との相互貸借が可能に

2020年12月1日、京都外国語大学付属図書館が、京都府立図書館が管理・運営する「京都府図書館総合目録ネットワーク(K-Libnet)」に参加したと発表しています。同ネットワークに参加する大学図書館としては12館目です。

これにより、同大学の教職員および学生は、京都府内の公共図書館・読書施設およびK-Libnetに参加している大学図書館の蔵書を取り寄せて利用することができるようになります。また、京都府立図書館および府内の公共図書館・読書施設の利用登録者も、同大学図書館の所蔵資料(一部を除く)を取り寄せて利用することができます。

12月から試行され、2021年から本格サービスに移行される予定です。

K-Libnet(京都府図書館総合目録ネットワーク)への参加と試行サービス開始について(京都外国語大学付属図書館,2020/12/1)
http://www.kufs.ac.jp/toshokan/klibnet.html

中国の高速鉄道駅に設けられた読書ステーション(記事紹介)

中国新聞網による2020年11月11日付けの記事で、中国の「広西北部湾経済区図書館サービス連盟」の取組が紹介されています。

「広西北部湾経済区図書館サービス連盟」は、広西チワン族自治区の南寧市・北海市・欽州市・防城港市・玉林市・崇左市の計6市における公共図書館資源を統合することによりサービス水準向上を図っています。6市の公共図書館では資料の相互貸借・相互返却、総合目録、データ資源の共有、読書推進活動、人材育成等の分野で協力を実現しています。

記事中では、同連盟による取組である高速鉄道駅への読書ステーション設置についても紹介しています。現時点で南寧・北海・欽州の高速鉄道駅に設置されており、旅行客は貸出カードの申請または身分証のチェックを経て資料を借りることができます。借りた資料は別の高速鉄道駅にある読書ステーションや6市の公共図書館で返却が可能であり、高速鉄道ネットワークを通じた文化の流通を促す「文化ステーション」でもあると述べられています。

英・Birmingham Museums Trust、バーチャル空間で美術作品の展示を作成できるオンラインゲームと提携

2020年11月18日、英・バーミンガム美術館等の9のミュージアム(総称は“Birmingham Museums”)を運営する英・Birmingham Museums Trustは、バーチャル空間で美術作品の展示を作成できるオンラインゲーム“Occupy White Walls”(OWW)との提携を発表しました。発表によれば、OWWと提携する初の“official museum”です。

Birmingham Museumsの所蔵品200点の画像(いずれもパブリックドメイン)がOWW上で利用可能となっており、今後の計画として、Birmingham Museumsがオンラインデータベースで提供しているパブリックドメインの全画像をOWWにアップロードするとしています。また、OWWではバーミンガム美術館の公式デジタル版への訪問も可能となっています。

発表では、英国での新型コロナウイルス感染症の拡大によるロックダウンのため、家で過ごす時間の増加やミュージアムの休館が発生していることに触れ、今回の連携によってOWWのプレイヤーは外出せずに世界中の美術館から作品を見つけ、展示をキュレーションできるようになると述べています。人々とコレクションの関わりについてのデータ収集・分析が可能となる点にも触れています。

米国アーキビスト協会(SAA)ら、連邦政府記録の管理に関する推奨事項をバイデン氏の政権移行チームに提出

2020年12月1日、米国アーキビスト協会(SAA)は、連邦政府記録の管理に関する推奨事項“Recommendations on Federal Archives and Records Management Issues”をバイデン氏の政権移行チームに提出したことを発表しました。米・州公文書館館長会議(CoSA)、米・地域アーカイブ協会コンソーシアム(Regional Archival Associations Consortium:RAAC)、米・全国政府アーカイブズ記録管理者協会(National Association of Government Archives and Records Administrators:NAGARA)との連名による提出です。

推奨事項では、公務員の記録管理責任、連邦政府の電子記録管理、米・国立公文書館(NARA)、連邦政府によるアーカイブズへの助成、(文書の)機密解除、情報公開法(Freedom of Information Act)の遵守、米国著作権法と知的財産権に関する内容に言及しています。

12月 1日

英国図書館(BL)、2023年までのコンテンツ戦略“Enabling access for everyone”を公表:1945年以降の出版物が対象

2020年11月30日、英国図書館(BL)は、2020年から2023年までのコンテンツ戦略“Enabling access for everyone: the British Library’s content strategy 2020-2023”を公表しました。

同戦略は、1945年以降の紙・デジタルの出版物(contemporary published content)を対象とした、BLのコレクション構築に関する主な方針と実践を示しています。納本制度に依拠した収集に留まらない積極的な収集に焦点を当てており、他機関との接続(connect)による他機関所蔵コンテンツの利用も同戦略の対象範囲に含んでいます。

同戦略が定める内容として、以下の3点を挙げています。

・どのようなコンテンツを対象として収集や接続を行うのか
・そのコンテンツがどのように取得・保管、またはリンクされるか
・そのコンテンツが短期・長期的にどのように利用可能となるか

早稲田大学文化資源データベースの「バーチャルミュージアム」で早稲田大学図書館の貴重資料の紹介ページが公開

2020年11月30日、早稲田大学図書館が、早稲田大学文化資源データベース内の「バーチャルミュージアム」で、同館が所蔵する貴重資料の紹介ページが公開されたことを発表しました。

「図書館の貴重資料」として、「国宝・重要文化財」、「古典籍~さまざまな書物~」、「古文書~歴史を紡ぐ~」が掲載されています。

バーチャルミュージアムで図書館の貴重資料を紹介します(早稲田大学図書館, 2020/11/30)
https://www.waseda.jp/library/news/2020/11/30/9117/

バーチャルミュージアム
https://archive.waseda.jp/archive/vm-top.html?arg={%22vm_carousel_max%22:10}&lang=jp

フランスとカナダ・ケベック州、フランス語圏の文化的コンテンツのオンラインにおける発見可能性向上のための戦略を発表

2020年11月30日、フランスとカナダ・ケベック州が、フランス語圏の文化的コンテンツのオンラインにおける発見可能性向上のための戦略を発表したことが、フランス・文化省のウェブページに掲載されました。

同戦略は2019年1月から策定が進められてきたものであり、策定の過程で200人以上の関係者等から協力を得たとされています。また、発表の中では、フランス語圏の文化的コンテンツの拡充は、オンライン上で文化的表現の多様性を保証するために不可欠であると述べられています。

戦略の主な内容は以下の4点です。

・研修支援やコミュニティの支援を行う
・オンラインでのフランス語圏のコンテンツの利用可能性や広報を強化する
・発見可能性の状況を継続的に把握する
・公共政策への適用

南相馬市立中央図書館(福島県)、2020年の全米図書賞翻訳部門を受賞した同市在住の作家・柳美里氏に関する記念展示を実施中

2020年11月29日、福島県の南相馬市立図書館は、同市在住の作家・柳美里氏が2020年の全米図書賞(National Book Awards)翻訳部門を受賞したことを記念して、同市の中央図書館において柳氏に関する記念展示を実施していることを発表しました。

柳氏はホームレスとして生活する南相馬市出身の男性の生涯を描いた物語『JR上野駅公園口』で、2020年の全米図書賞の翻訳部門に選ばれました。南相馬市立中央図書館は同館特別コーナーで、柳氏の著作や、2019年12月の同館10周年事業において柳氏が直筆で寄せたメッセージなどを展示しています。

新着情報(南相馬市立図書館)
https://www.city.minamisoma.lg.jp/portal/culture/chuotoshokan/index.html
※2020年11月29日欄に「柳美里さん全米図書賞受賞記念企画」とあります。

仙台市図書館、2020年8月に全館で実施した「仙台市の図書館に関するアンケート調査」の結果を公開

2020年11月26日、仙台市図書館は、全館で実施した「仙台市の図書館に関するアンケート調査」の結果を公開しました。

同館は2020年8月13日から30日まで、利用者等の利用状況や図書館に期待することなどについて把握し、今後の運営に生かすことを目的としたアンケート調査を実施しました。アンケート調査は仙台市図書館の各館、移動図書館、各分室、サービススポットに設置されたアンケート用紙への記入及びインターネットによる無記名式回答の形で行われました。

公開された同アンケート調査に関する報告書では、回収された1,048件の回答に基づいて、利用者の属性・利用状況・主に利用する図書館・主な利用目的・サービスへの満足度・読書状況・電子書籍に対する希望・情報収集の方法・認知されているサービス・図書館資料に対する希望・期待する図書館のイメージ・読書支援の取り組みに対する意見・サービスの浸透度等に対する回答状況が示されています。また、資料、図書館サービス、施設・設備、イベントの開催、その他に関する自由記述回答の内容も公開されています。

米・ワシントンD.C.公共図書館、特別区内全域の図書館建築に関する2030年までの基本計画として“Next Libris: Library Facilities Master Plan”を発表

2020年11月20日、米国のワシントンD.C.公共図書館は、今後10年間の地域のニーズに応え得る、特別区内全域の図書館建築の基本計画として“Next Libris: Library Facilities Master Plan”を発表しました。

同館は発表した基本計画を、地区の図書館を維持するだけでなく、新たな利用に対応し、成長するための戦略的機会を追求し続け、より多くの住民に地区の生活の原動力を提供できるように、同館の関与を明確に示したものとして位置付けています。中央館であるマーティン・ルーサー・キング・ジュニア記念図書館をはじめ、地区内の26館中24館が2024年までに新築・改築予定であることを表明しています。

基本計画では、優れた施設管理、責任ある設計と建築、公平で活発な成長の3つの目標の下で、2021年から2030年における地区内の図書館の新築・改築や来館サービスの改善に向けた同館の見通しが示されています。

@dcpl(Twitter,2020/11/20)
https://twitter.com/dcpl/status/1329492182915555329

プレプリントサービスAfricArXiv、オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)等とアフリカにおけるオープンサイエンスの機能構築・基盤強化等を目的としたパートナーシップ協定を締結

2020年11月19日、アフリカ諸国の多様な科学分野の学術成果の共有を目的としたプレプリントサービスAfricArXivは、オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)及び非営利団体Training Centre in Communication(TCC Africa)と、アフリカにおけるオープンサイエンスの機能構築・基盤強化等を目的とするパートナーシップ協定を締結したことを発表しました。

同パートナーシップ協定は、情報共有・機能開発・アドボカシー活動を通して、アフリカにおける書誌多様性(Bibliodiversity)を促進すること、AfricArXivが国際的なプレプリント・リポジトリサービスのネットワークの中で、ベストプラクティスや次世代のリポジトリ機能に関する議論へ参加できるようにすることを目的として締結されました。

TCC Africaは、学術情報流通・科学コミュニケーションに関するスキルの獲得を支援するアフリカで初めての組織です。2006年にケニアで非営利団体として設立され、Executive DirectorのJoy Owango氏はAfricArXivの諮問委員会のメンバーとなっています。

国立公文書館が『アーカイブズ』第78号を公開:「デジタル保存連合によるデジタル保存スキルの普及にかかる取組について」等の記事を掲載

国立公文書館は、2020年11月30日付けで、『アーカイブズ』第78号を同館ウェブサイト上で公開しました。

広島市公文書館のデジタルアーカイブに向けた取組、開館30周年を迎えた鳥取県立公文書館による取組、あまがさきアーカイブズの始動、国際公文書館会議(ICA)のオンライン研修プログラム、令和2年度国立公文書館実習に関する記事等のほか、同館の公文書専門官・渡辺悦子氏による記事「デジタル保存連合によるデジタル保存スキルの普及にかかる取組について」も掲載されています。

『アーカイブズ』第78号(国立公文書館)
http://www.archives.go.jp/publication/archives/category/no78

科学技術振興機構(JST)、2020年度第1回J-STAGEセミナー「ジャーナルから見た研究データ:研究データ公開の意義」の開催報告書を公開

2020年11月30日、科学技術振興機構(JST)は、2020年8月28日に開催した2020年度第1回J-STAGEセミナー「ジャーナルから見た研究データ:研究データ公開の意義」について、開催報告書の公開を発表しました。

同セミナーで行われた下記講演の概要、質疑応答の内容、セミナー後の反響等が掲載されています。

・研究データ公開が学術コミュニケーションにもたらす変化
倉田敬子氏(慶應義塾大学)

・Research data and scholarly journals: developments, policy and implementation
Dugald McGlashan氏(INLEXIO)

・社会科学分野における研究データ公開
朝岡誠氏(国立情報学研究所)

・実験技術開発における研究データ公開の役割について
笹川洋平氏(理化学研究所)

・J-STAGE Dataのご紹介
古瀬慶博氏(JST情報基盤事業部)

関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)、関西大学デジタルアーカイブで「鱒澤文庫コレクション」を公開:中国語教育史に関わる資料群

2020年11月30日、関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)は、関西大学デジタルアーカイブで「鱒澤文庫コレクション」を公開したことを発表しました。

「鱒澤文庫コレクション」では、鱒澤彰夫氏(元日本大学教授)が収集した中国語教育史に関わる資料群「鱒澤文庫」の一部を公開しています。「鱒澤文庫」は同氏からの寄贈により関西大学が所蔵しており、その目録「関西大学東西学術研究所鱒澤文庫目録(初稿)」も関西大学学術リポジトリ上で公開されています。

鱒澤文庫コレクションを公開しました(KU-ORCAS, 2020/11/30)
https://www.iiif.ku-orcas.kansai-u.ac.jp/news/20201130

11月 30日

saveMLAK、「COVID-19の影響による図書館の動向調査(2020/11/27)」の結果を発表

2020年11月27日、saveMLAKが「COVID-19の影響による図書館の動向調査(2020/11/27)」の結果を発表しました。

同調査は、10月7日にsaveMLAKが結果を公開した第11回目調査に続く、第12回目の調査として、日本の公共図書館・公民館図書室等1,722館を対象に、11月21日10時から11月24日21時にかけて実施されました。

発表によると、新型コロナウイルス感染症の影響で休館している図書館は3館であり、入館記録を取っている図書館は前回調査時の376館から371館に微減しました。

その他、「各図書館の状況・取り組み」として、各館が提供しているオンラインコンテンツや、オフラインイベント、感染症対策、ガイドライン等について事例が紹介されています。

同調査のデータは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC0で公開され、saveMLAKのウェブページからダウンロードできます。また、調査の根拠となったウェブページの中で、可能なものはInternet ArchiveとArchivetodayに保存され、調査時点のページを閲覧できます。

ページ