アーカイブ - 2015年 4月 - book

4月 23日

E1671 - 2015年CEAL年次大会・NCC公開会議<報告>

E1671 - 2015年CEAL年次大会・NCC公開会議<報告>         

 2015年3月25日から26日まで,残雪の米国シカゴにおいて,東亜図書館協会(CEAL)年次大会と北米日本研究資料調整協議会(NCC)公開会議が開催された。

E1670 - 危機に瀕した文化遺産のアーカイブ:英国図書館の10年の取組

E1670 - 危機に瀕した文化遺産のアーカイブ:英国図書館の10年の取組

 リビアのティフィナグ語の碑文,マリ共和国トンブクトゥの手稿,ロマの民族自決運動黎明期の新聞,カメルーンの写真スタジオの写真,ギニアのセク・トゥーレ大統領時代の音楽,イランのラジオ番組…。これらの文化遺産はよく知られているとは言い難いが,政治的な紛争,自然災害等のさまざまな理由により,いずれも消滅の危機に瀕していたという。

E1669 - 高齢社会における図書館について考えるシンポジウム<報告>

E1669 -高齢社会における図書館について考えるシンポジウム<報告>

 2015年3月6日,筑波大学知的コミュニティ基盤研究センターは,公開シンポジウム「インタージェネレーション:高齢社会における図書館」を開催した。関東圏の図書館員 や研究者を中心に約90名が一堂に会し,高齢社会における新しい図書館のありかたについて考える機会となった。

E1668 - 筑波大学雙峰祭「近未来図書館シリーズ」5年間の軌跡

E1668 - 筑波大学雙峰祭「近未来図書館シリーズ」5年間の軌跡

 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科宇陀・松村研究室は,筑波大学附属図書館と共同で,2010年から「近未来の図書館」をコンセプトとした学園祭企画を出展してきた。学園祭の来場者投票による企画コンテストでグランプリを3回受賞する快挙も成し遂げ,高い評価をうけている。本稿では,5年間にわたる試みの全体像を概観する。

4月 9日

E1667 - NDL,情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査の成果を公開

E1667 - NDL,情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査の成果を公開

 「インターネット元年」と称された1995年から約20年,われわれの情報環境は,劇的な変化を遂げてきている。この変化の中で,これからの図書館はどのようにサービスを展開していけばよいのだろうか。その在り方を検討するには,現在の図書館利用者だけでなく,図書館を利用していない潜在的な利用者も対象として,図書館が果たすべき役割についてのニーズや図書館利用も含む広い意味での情報行動の傾向を把握する必要がある。

E1666 - リポジトリの相互運用性:研究情報とオープンアクセスを繋ぐ

E1666 - リポジトリの相互運用性:研究情報とオープンアクセスを繋ぐ

 オープンアクセスリポジトリ連合(Confederation of Open Access Repositories:COAR;E992参照)は,2015年2月に「COARロードマップ:リポジトリの相互運用性のための将来的な方向性」(COAR Roadmap: Future Directions for Repository Interoperability;以下ロードマップ)を公開した。本稿ではロードマップを中心に,COARをめぐるリポジトリの動向について整理する。

E1665 - 第4回LRGフォーラム「貧困と図書館」<報告> 

E1665 - 第4回LRGフォーラム「貧困と図書館」<報告> 

 2015年3月8日,第4回LRGフォーラム「貧困と図書館-困った時に頼れる図書館へ」が開催された。フリーランス・ライターのみわよしこ氏の「貧困ジャーナリズム大賞2014」受賞スピーチと,みわ氏と神代浩氏の2名を講師に迎えたトークセッションの2部構成で行われた。ここでは特にトークセッションについて報告する。

E1664 - シンポジウム「図書館の音と学び」<報告>

E1664 - シンポジウム「図書館の音と学び」<報告>

 2015年3月15日,筑波大学知的コミュニティ基盤研究センターは,シンポジ ウム「図書館の音と学び」を開催した。筑波大学寺澤洋子氏(音響情報学)の呼びかけで,図書館実務者,利用者,研究者が50名ほど集い,分野横断的な議論を行った。図書館の役割の変容を見据え「学びのメディアとしての音と声」と「学びを養う環境としての図書館」という現代的な視点から,図書館音響の課題を検討した。本稿では当日の流れを報告する。