アーカイブ - 2012年 7月 26日 - book

E1319 - 続・北米260大学のOPACの「次世代度」をチェック<文献紹介>

E1319 - 続・北米260大学のOPACの「次世代度」をチェック<文献紹介>

Library Hi Tech誌の30巻2号に,米国ニュージャージー州のライダー大学の図書館員であるホフマン氏とヤン氏による論文““Discovering” what's changed: a revisit of the OPACs of 260 academic libraries”が掲載された。この論文は,2人が2011年に同誌で発表した“Next generation or current generation?: A study of the OPACs of 260 academic libraries in the USA and Canada”(E1209参照)の続編に当たるものである。...

E1318 - セルフアーカイブの影響を調査するPEERプロジェクトが終了

E1318 - セルフアーカイブの影響を調査するPEERプロジェクトが終了

PEER(Publishing and the Ecology of European Research)プロジェクトが活動を終え,2012年6月に最終報告書を公表した。同プロジェクトは欧州連合(EU)の支援の下,大規模・体系的なセルフアーカイブが欧州における研究の生態系に与える影響を調査してきたものである。図書館・リポジトリコミュニティ,学術出版社,研究所,研究助成団体という様々なステークホルダーが参加し,2008年9月から2012年5月まで45か月間にわたって活動してきた。...

E1317 - 米国公共図書館による電子書籍貸出サービスと利用者

E1317 - 米国公共図書館による電子書籍貸出サービスと利用者

2012年6月22日,米国の調査機関Pew Research Centerが,“Libraries, patrons, and e-books”と題する調査レポートを公開した。この調査レポートは,Pew Research Centerによる電子書籍調査プロジェクトレポートの第2弾にあたるものであり(E1288参照),公共図書館の役割を検証する内容となっている。このレポートに対しては米国図書館界も高い関心を示し,7月3日には,米国図書館協会(ALA)の情報技術政策局が,レポートの重要箇所とそれに関する見解等をまとめた背景説明書(Backgrounder)を公開した。ここでは,このALAの見解を引用しつつ,Pew Research Centerの調査レポートを紹介する。...

E1316 - 公共図書館のOPACでラジオ番組を:シアトル公共図書館の取組

E1316 - 公共図書館のOPACでラジオ番組を:シアトル公共図書館の取組

2012年7月12日,米国のシアトル公共図書館からニュースリリースがあった。その内容は,シアトル公共図書館の蔵書検索システム(OPAC)において,ラジオ番組で放送された音楽のライブパフォーマンスをストリーミング配信する,というものである。...

E1315 - 佛教大学図書館デジタルコレクションの設計とデザイン

E1315 - 佛教大学図書館デジタルコレクションの設計とデザイン

佛教大学図書館(以下,当館)では,2012年6月5日に,当館に所蔵される京都にまつわる御伽草子や絵巻,浄土宗文献等をウェブ上で閲覧できるデジタルアーカイブ「佛教大学図書館デジタルコレクション」を公開した。『洛中洛外図屏風』,『羅生門』,『法然上人形状絵図』など,計160点,画像数7,200枚(学内限定コンテンツ除く)のコンテンツを登載したもので,公開後は『洛中洛外図屏風』を中心に反響を集めた。当館では,本デジタルコレクション向けに,オープンソース技術を基盤に“BuArc”(ビュアーク)というデジタルアーカイブシステムを開発している。ここではその開発の経緯と今後の展望について紹介したい。...

E1314 - 情報発信活動インタビュー(2)実業史研究情報センター

E1314 - 情報発信活動インタビュー(2)実業史研究情報センター

インターネット上で図書館業界の情報を積極的に収集・発信している方々に対する連続インタビュー企画(E1308参照),第2回目となる今回は公益財団法人渋沢栄一記念財団実業史研究情報センターの茂原暢(しげはら・とおる)さんにお話を伺った。...