アーカイブ - 2012年 3月 28日 - book

E1278 - 書架は不要(2):電子書籍の利用と管理<文献紹介>

E1278 - 書架は不要(2):電子書籍の利用と管理<文献紹介>

本書は『書架は不要:図書館における電子書籍』(E1131参照)の続編に当たり,電子書籍が紙の書籍の売り上げを超えるなど電子書籍市場が転換点を迎え,その対応に取り組んでいる米国の図書館における電子書籍及び電子書籍リーダーの利用と管理について検討している。編者のポランカ(Sue Polanka)氏は米国オハイオ州に本部を置くライト州立大学図書館の参考調査担当課長であり,各章の執筆者は大学図書館員,学校図書館員,公共図書館員,大学教員,ベンダーである。...

E1277 - 2020年,学術論文の90%はOA誌に掲載される?<文献紹介>

E1277 - 2020年,学術論文の90%はOA誌に掲載される?<文献紹介>

2006年創刊のオープンアクセス(OA)誌PLoS ONEは,2011年には1年間で約14,000本の論文を掲載する世界最大の学術雑誌となった。同誌のように著者が支払う掲載料を収入源とし,広い分野を対象に,多数の論文を簡単な査読の下で出版するOA誌は「OAメガジャーナル」と呼ばれ,PLoS ONEの成功を受け,他の商業出版社も相次いで同様のOA誌を創刊している。...

E1276 - Google助成のデジタル人文学プロジェクトから得られた教訓

E1276 - Google助成のデジタル人文学プロジェクトから得られた教訓

米国のイリノイ大学アーバナシャンペーン校のバーベル(Virgil E. Varvel Jr.)氏らによるレポート“Google Digital Humanities Awards Recipient Interviews Report”(2011年12月付)は,同大学とインディアナ大学が共同で設立したHathiTrustリサーチセンター(HTRC)の今後の在り方を考える上での検討資料として作成されたものである。Googleは2010年7月にデジタル人文学研究プロジェクトへの助成を発表しており(E1081参照),そこでは資金面だけでなく,Googleブックスプロジェクトが抱える膨大な量のデジタルテキストデータを研究者へ提供している。そのため,HathiTrust(CA1760参照)の有するデジタルテキストの活用を支援する目的で設立されたHTRCにとっては,同様の研究支援を行っているGoogleの助成プロジェクトから学ぶところがあると判断したものと思われる。...

E1275 - シンポジウム「東日本大震災の記録の収集と保存」<報告>

E1275 - シンポジウム「東日本大震災の記録の収集と保存」<報告>

2012年3月14日,国立国会図書館(NDL)東京本館で,シンポジウム「東日本大震災の記録の収集と保存-震災アーカイブの構築に向けて-」が開催された。その様子はNDL関西館へも中継され,合計270名が参加した。シンポジウムでは3本の講演及び報告に続いてディスカッションが行われた。...

E1274 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2012/3/28現在)

E1274 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2012/3/28現在)

東日本大震災後の図書館等をめぐる状況について,『カレントアウェアネス-E』での既報(E1155E1161E1166E1172E1177E1205E1222E1248E1263参照)に続き,2012年2月下旬から3月下旬にかけての主な情報をまとめた。...