アーカイブ - 2012年 2月 23日 - book

E1268 - NDL,RDAをテーマに書誌調整連絡会議を開催<報告>

E1268 - NDL,RDAをテーマに書誌調整連絡会議を開催<報告>

2012年1月27日,国立国会図書館(NDL)収集書誌部は2011年度の書誌調整連絡会議(E1006参照)を開催した。この会議は,国内の書誌調整の充実と発展に資することを目的として2000年度から毎年度開催しているものである。12回目となる今年度の会議は「RDA,その動向,構造及び課題整理」と題して,RDA(Resource Description and Access;CA1686CA1713参照)をテーマとして採り上げ,研究者及び関係機関実務担当者7人並びにNDL職員が出席した。...

E1267 - 研究者のニーズ変化に対応する図書館員に必要なスキルとは

E1267 - 研究者のニーズ変化に対応する図書館員に必要なスキルとは

2012年1月付けで英国研究図書館コンソーシアム(RLUK)が“Re-skilling for Research”と題するレポートを公開した。このレポートは,研究者の情報ニーズの変化に対応するために,サブジェクトライブラリアン等に求められるスキルや知識,そしてそれらを身につける研修機会等について,現状と課題を分析したものである。...

E1266 - ディスカバリサービスの様々な関係者の権利と義務を整理する

E1266 - ディスカバリサービスの様々な関係者の権利と義務を整理する

2012年1月30日付けで,全米高度情報サービス連合(National Federation of Advanced Information Services:NFAIS)が,ディスカバリサービス(CA1727参照)に関するガイドライン“Code of Practice: Discovery Services”のドラフト版を公開した。NFAISは,1958年に設立された非営利団体で,Elsevier社等の学術出版社や米国化学会(ACS)等の学協会に加えて,OCLC,国立医学図書館(NLM),英国図書館(BL)といった多様な情報サービス機関が加盟している。...

E1265 - ARLが米国の大学図書館等におけるフェアユースの基準を公表

E1265 - ARLが米国の大学図書館等におけるフェアユースの基準を公表

北米の大学図書館等が加盟する北米研究図書館協会(ARL)は,2012年1月に,大学・研究図書館におけるフェアユースに関するベストプラクティスをまとめた文書“Code of Best Practices in Fair Use for Academic and Research Libraries”を公表した。...

E1264 - オーストラリア国民読書年が開幕

E1264 - オーストラリア国民読書年が開幕

2012年2月14日にオーストラリア国民読書年(National Year of Reading 2012)が開幕した。同国では例年2月14日は“Library Lovers Day”として図書館振興イベントが開催される日にあたる。国民読書年は同国の公共図書館および図書館協会を主体に,学校図書館や国立図書館を含む図書館界のほか,政府,メディア,作家,出版社,書店等と共同で開催される全オーストラリア規模の読書振興活動である...

E1263 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2012/2/22現在)

E1263 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2012/2/22現在)

東日本大震災後の図書館等をめぐる状況について,『カレントアウェアネス-E』での既報(E1155E1161E1166E1172E1177E1205E1222E1248参照)に続き,2012年1月から2月中旬にかけての主な情報をまとめた。...