アーカイブ - 2012年 2月 - book

2月 23日

E1268 - NDL,RDAをテーマに書誌調整連絡会議を開催<報告>

E1268 - NDL,RDAをテーマに書誌調整連絡会議を開催<報告>

2012年1月27日,国立国会図書館(NDL)収集書誌部は2011年度の書誌調整連絡会議(E1006参照)を開催した。この会議は,国内の書誌調整の充実と発展に資することを目的として2000年度から毎年度開催しているものである。12回目となる今年度の会議は「RDA,その動向,構造及び課題整理」と題して,RDA(Resource Description and Access;CA1686CA1713参照)をテーマとして採り上げ,研究者及び関係機関実務担当者7人並びにNDL職員が出席した。...

E1267 - 研究者のニーズ変化に対応する図書館員に必要なスキルとは

E1267 - 研究者のニーズ変化に対応する図書館員に必要なスキルとは

2012年1月付けで英国研究図書館コンソーシアム(RLUK)が“Re-skilling for Research”と題するレポートを公開した。このレポートは,研究者の情報ニーズの変化に対応するために,サブジェクトライブラリアン等に求められるスキルや知識,そしてそれらを身につける研修機会等について,現状と課題を分析したものである。...

E1266 - ディスカバリサービスの様々な関係者の権利と義務を整理する

E1266 - ディスカバリサービスの様々な関係者の権利と義務を整理する

2012年1月30日付けで,全米高度情報サービス連合(National Federation of Advanced Information Services:NFAIS)が,ディスカバリサービス(CA1727参照)に関するガイドライン“Code of Practice: Discovery Services”のドラフト版を公開した。NFAISは,1958年に設立された非営利団体で,Elsevier社等の学術出版社や米国化学会(ACS)等の学協会に加えて,OCLC,国立医学図書館(NLM),英国図書館(BL)といった多様な情報サービス機関が加盟している。...

E1265 - ARLが米国の大学図書館等におけるフェアユースの基準を公表

E1265 - ARLが米国の大学図書館等におけるフェアユースの基準を公表

北米の大学図書館等が加盟する北米研究図書館協会(ARL)は,2012年1月に,大学・研究図書館におけるフェアユースに関するベストプラクティスをまとめた文書“Code of Best Practices in Fair Use for Academic and Research Libraries”を公表した。...

E1264 - オーストラリア国民読書年が開幕

E1264 - オーストラリア国民読書年が開幕

2012年2月14日にオーストラリア国民読書年(National Year of Reading 2012)が開幕した。同国では例年2月14日は“Library Lovers Day”として図書館振興イベントが開催される日にあたる。国民読書年は同国の公共図書館および図書館協会を主体に,学校図書館や国立図書館を含む図書館界のほか,政府,メディア,作家,出版社,書店等と共同で開催される全オーストラリア規模の読書振興活動である...

E1263 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2012/2/22現在)

E1263 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2012/2/22現在)

東日本大震災後の図書館等をめぐる状況について,『カレントアウェアネス-E』での既報(E1155E1161E1166E1172E1177E1205E1222E1248参照)に続き,2012年1月から2月中旬にかけての主な情報をまとめた。...

2月 9日

E1262 - ILLにおいて効率的な資料配送を実現するための推奨指針

E1262 - ILLにおいて効率的な資料配送を実現するための推奨指針

米国情報標準化機構(NISO)が,2012年1月19日付けで,相互貸借(ILL)等の資源共有活動において,図書館間の物理的資料の配送にかかる時間やコストを削減することを目的とした推奨指針「図書館資料の物理的配送」(Physical Delivery of Library Resources)を発表した。このような指針の策定に至った背景として,第1節では,電子リソースの増加にもかかわらず米国の多くの図書館では図書やAV資料といった物理的資料の配送が依然として大きな課題であると説明されている。...

E1261 - 図書館等におけるソーシャルメタデータ活用の実態調査報告書

E1261 - 図書館等におけるソーシャルメタデータ活用の実態調査報告書

2012年1月16日,米国OCLCの研究部門OCLC Researchが,“Social Metadata for Libraries, Archives and Museums”と題したレポートの第2部(2011年12月付)を公開した。3回に分けて公開が予定されている一連のレポートは,図書館・博物館・文書館(MLA)等の機関のウェブサイトにおいて,タグ付けやコメント付与といったソーシャル機能を用いてユーザーが作成した,いわゆるソーシャルメタデータ(social metadata)の活用をテーマとしたものである。...

E1260 - 著作権侵害サイト規制法案“SOPA”等をめぐる動向(米国)

E1260 - 著作権侵害サイト規制法案“SOPA”等をめぐる動向(米国)

2012年1月18日,英語版Wikipediaのサイトで,米国連邦議会に提出されている著作権侵害サイト規制法案への反対の意思表示として,通常サービスの停止(ブラックアウト)が実施された。24時間にわたり,同サイトには法案に反対する内容のメッセージが表示され,そのページは1億6千万人以上が見たとされている。同日には,Internet Archive,Google等を含む多数のウェブサイトにおいても,サイトの表示の一部を黒塗りする等の反対の意思表示が行われた。...

E1259 - 「電子書籍の流通と利用の円滑化に関する検討会議」の報告

E1259 - 「電子書籍の流通と利用の円滑化に関する検討会議」の報告

2012年1月10日付けで,「電子書籍の流通と利用の円滑化に関する検討会議」の報告が文化庁のウェブサイトで公表された。この会議は,2010年6月に取りまとめられた「デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会報告」(E1066参照)を受けて設置されたもので,(1)デジタル・ネットワーク社会における図書館と公共サービスの在り方に関する事項,(2)出版物の権利処理の円滑化に関する事項,(3)出版者への権利付与に関する事項,の3点について,著作者,出版関係者,図書館関係者,配信事業者,有識者等により,2010年11月以降,計14回の検討が行われ,報告がまとめられた。...

E1258 - 東日本大震災アーカイブ国際合同シンポジウム<報告>

E1258 - 東日本大震災アーカイブ国際合同シンポジウム<報告>

2012年1月11日,仙台国際センターにおいて「『東日本大震災アーカイブの最前線と国境・世代を超えた挑戦』~東日本大震災アーカイブ国際合同シンポジウム~」と題するシンポジウムが,ハーバード大学,東北大学防災科学研究拠点,東北大学附属図書館,総務省の主催によって開催され,筆者を含め約250名の参加があった。...