アーカイブ - 2011年 8月 - book

8月 25日

E1209 - 北米260大学のOPACの「次世代度」をチェック<文献紹介>

E1209 - 北米260大学のOPACの「次世代度」をチェック<文献紹介>

Library Hi Tech誌の29巻2号(2011)に,米国ニュージャージー州のライダー大学の図書館員であるヤン(Yang)氏とホフマン(Hoffmann)氏による論文“Next Generation or current generation?: A study of the OPACs of 260 academic libraries in the USA and Canada”が掲載された。これは,米国・カナダの大学図書館のOPAC(ディスカバリインターフェース含む)が,「次世代OPAC」(CA1727参照)の機能として著者らが選んだ12項目をどれくらい実装しているか調査したものである。...

E1208 - スペインで電子出版物等の納本を定めた法定納本法が成立

E1208 - スペインで電子出版物等の納本を定めた法定納本法が成立

2011年7月21日,スペイン下院議会において法定納本法(La Ley de Depósito Legal)が可決され,同法が成立した。7月30日付けの官報(Buletín Oficial del Estado)で公示され,6か月の期間をおいて施行される。...

E1207 - 2011年版図書館職員の職業満足度調査(米国)

E1207 - 2011年版図書館職員の職業満足度調査(米国)

米Library Journal誌が,2011年6月1日付けの記事で,米国の図書館員を対象とした2011年版職業満足度調査の結果を公開した。同様の調査が2007年に行われている(E767参照)。...

E1206 - 英国政府,著作権等の知的財産制度見直しに向けた文書を公表

E1206 - 英国政府,著作権等の知的財産制度見直しに向けた文書を公表

英国政府は,2011年8月3日に,知的財産制度の見直しに関する文書“The Government Response to the Hargreaves Review of Intellectual Property and Growth”を公表した。これは,政府の委託によりカーディフ大学のハーグリーブズ(Ian Hargreaves)教授がまとめ2011年5月に公表したレポート“Digital Opportunity”を受けて作成されたもので,レポートの内容・提案をほぼ受け入れたものとなっている。政府文書の概要を,著作権に関する部分を中心に紹介する。...

E1205 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2011/8/24現在)

E1205 - 東日本大震災後の図書館等をめぐる状況(2011/8/24現在)

東日本大震災後の図書館等をめぐる状況について,『カレントアウェアネス-E』での既報(E1155E1161E1166E1172E1177参照)に続き,2011年6月から8月にかけての主な情報をまとめた。...

8月 11日

E1204 - NDL,電子情報の長期保存に関する調査研究総括報告書を公開

E1204 - NDL,電子情報の長期保存に関する調査研究総括報告書を公開

国立国会図書館(NDL)は,2011年8月,同館ウェブサイトの「電子情報の長期的な保存と利用」ページにて「電子情報の長期利用保証に係る調査研究(平成18年度~平成22年度)総括報告書」を公開した。以下,本報告書の概要について説明する。...

E1203 - 電子ジャーナルアーカイビングのコストと事例研究(英国)

E1203 - 電子ジャーナルアーカイビングのコストと事例研究(英国)

2011年7月,英国情報システム合同委員会(JISC)が “E-Journal Archiving For UK HE Libraries”という17ページのペーパーを公開した。書庫スペース狭隘化や予算削減等の理由から,英国の高等教育機関は冊子体雑誌の購読を中止して電子ジャーナル(EJ)契約のみ(e-only)へ移行することを迫られており,EJへの長期的なアクセスを保証するためのEJアーカイビング(CA1597参照)が課題として浮上している。同ペーパーは,そのような機関がe-onlyへの移行に向けてEJアーカイビング方針を策定することを支援する目的で作成され,内容はEJアーカイビングのコストとケーススタディの紹介が2本柱になっている。以下ではこれらの概要を紹介する。...

E1202 - 効果的なバーチャルレファレンスサービスを行うためには

E1202 - 効果的なバーチャルレファレンスサービスを行うためには

OCLCは,2011年6月に,対面ではなくオンライン上のチャットや電子メール等により行われるバーチャルレファレンス(VR)サービスに関するレポート“Seeking Synchronicity”を公表した。このレポートは,2005年から2008年にかけて行われた,図書館員,利用者,非利用者を対象にしたインタビューとアンケート,VRの事例分析等の結果概要と提言等をまとめたものである。...

E1201 - ウェブ本棚サービス「ブクログ」の図書館における活用

E1201 - ウェブ本棚サービス「ブクログ」の図書館における活用

ウェブ上には「本棚サービス」と呼ばれるサービスが存在する。例えば,日本国内では「ブクログ」「読書メーター」「メディアマーカー」等,海外では“LibraryThing”や“Shelfari”等(E616参照)が知られている。国内の図書館がウェブ本棚サービスをどのように活用しているか,導入事例の多いブクログを例としてまとめてみたい。...

E1200 - 被災地支援活動紹介(1)心のとしょかんプロジェクト

E1200 - 被災地支援活動紹介(1)心のとしょかんプロジェクト

2011年3月11日の東日本大震災の発生以降,日本各地で本を通じた被災者支援が行われている。その中で,Facebookを通じて協力を呼び掛け,被災地へ本を寄贈する活動を行っている「心のとしょかんプロジェクト」代表の山中善昭氏にインタビューを行った。...