アーカイブ - 2011年 7月 28日 - book

E1199 - 国立国会図書館,報告会「東日本大震災の復興支援」を開催

E1199 - 国立国会図書館,報告会「東日本大震災の復興支援」を開催

2011年7月13日,国立国会図書館(NDL)東京本館で報告会「東日本大震災の復興支援―図書館支援に求められていること―」が開催された。その内容はNDL関西館にも中継され,東京本館・関西館合わせて191名(NDL職員含む)が参加した。以下,報告会の主な様子を紹介する。...

E1198 - 「国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス開発版」公開

E1198 - 「国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス開発版」公開

国立国会図書館(NDL)は,2011年7月7日に「国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス開発版」(以下「Web NDL Authorities開発版」という)を公開した。

 このシステムは,2010年6月に公開した「Web版国立国会図書館件名標目表」(以下「Web NDLSH」という)(E1071参照)を発展させ,名称典拠データを追加し,機能を拡張したものである。国立国会図書館サーチ(開発版)(E1087参照)との連携を強化し,関連キーワードの提示,典拠コントロールされた各標目からの再検索など多様な検索機能を実現している。...

E1197 - 図書館における電子書籍:実務案内<文献紹介>

E1197 - 図書館における電子書籍:実務案内<文献紹介>

本書は英国の公共図書館,継続教育機関の図書館,高等教育機関の図書館における電子書籍サービスの実践に基づいたガイドブックであり,先に紹介した『書架は不要:図書館における電子書籍』(E1131参照)と比べるとマニュアルの性格が遥かに強い。編者のプライス(Kate Price)氏は英国のサリー大学の電子戦略・リソース部長であり,ハヴァーガル(Virginia Havergal)氏はペトロック・カレッジの学習センター及び電子リソースの管理者である。また,18人の執筆者は情報コンサルタント,出版者,大学図書館職員,公共図書館職員である。...

E1196 - 米国図書館協会(ALA)の2011年の年次大会

E1196 - 米国図書館協会(ALA)の2011年の年次大会

米国図書館協会(ALA)の2011年の年次大会(E1074参照)が,2011年6月23日から28日にかけて,ルイジアナ州ニューオーリンズ市で開催された。ALAは,2006年の年次大会を,2005年のハリケーンで大きな被害を受けた同市で開催しており(E597参照),5年ぶりの開催となった今回の大会では,被災した公共図書館の復興プロジェクトの報告等も行われた。以下に,Library Journal誌での特集の記事を基に,様子の一部を紹介する。...

E1195 - 雑誌論文のコンテンツマイニング,その現状と課題

E1195 - 雑誌論文のコンテンツマイニング,その現状と課題

英国出版社協会(Publishers Association)等が構成メンバーである,出版研究コンソーシアム(Publishing Research Consortium)が“Journal Arcicle Mining: A research study into Practices, Policies, Plans.....and Promises”と題するレポートを公表した(2011年5月付け)。レポートは,学術雑誌論文を対象としたコンテンツマイニングの現状を調査したものである。コンテンツマイニングとは,情報検索・情報抽出・メタ分析を目的として行われる,大量のデジタルコンテンツの自動処理を意味する。調査は,コンテンツマイニングに携わる専門家29名のインタビューや,国際STM出版社協会等の加盟出版社へのメール調査(回答数190件)をもとにまとめられている。ここではレポートの要約部分から,その調査結果の一部を紹介する。...

E1194 - 2011年夏,各地の図書館の節電対策

E1194 - 2011年夏,各地の図書館の節電対策

2011年夏,東日本大震災と福島第一原子力発電所事故等の影響によって東北・関東を中心に電力不足が見込まれている。2011年5月13日に経済産業省が東北・東京電力管内全域で7~9月の平日9~20時の使用最大電力を15%削減するという目標を発表し,他地域では関西電力が15%減を呼びかけている。また,政府はポータルサイト「節電.go.jp」を開設して電力使用状況や節電ノウハウ等の情報を掲載している。...