アーカイブ - 2011年 4月 28日 - book

E1171 - 研究と研究者に対して図書館の持つ価値とは(英国)

2011年3月23日,英国の研究情報ネットワーク(RIN)と英国研究図書館コンソーシアム(RLUK)は共同で“Value of Libraries for Research and Researchers”と題するレポートを公表した。レポートの目的は,英国の大学等による研究を支援するために図書館が備えている重要な特徴を明らかにすることにある。レポートでは,研究者に対して図書館が提供するサービスと,図書館が属する機関の行っている研究に対して図書館が果たす貢献の,それぞれの価値について体系的に分析されており,その結果として以下の10項目が挙げられている。...

E1170 - デジタル情報保存プログラムNDIIPP,設立から10年の報告書

2011年3月8日に,米国議会図書館(LC)が主導している「全米デジタル情報基盤整備・保存プログラム」(NDIIPP;CA1502参照)の2010年版の報告書が公表された。NDIIPPが設立された2000年からの10年間における活動と,今後の計画等を示したものである。報告書の要約部分から,その概要を紹介する。...

E1169 - 2010~2011年の図書館システムの市場動向は?(米国)

米国のLibrary Journal誌が2011年4月1日号でヴァンダービルト大学のブリーディング(Marshall Breeding)氏による米国内の図書館システム市場調査レポート“Automation Marketplace”の2010-2011年版を発表した。これは図書館における主要ツールの新たな展開について紹介したシリーズ“LJ Explores the Big Tools”の一編で,他に5編の記事がある。...

E1168 - 世界図書・著作権の日に各国でイベントが開催される

1995年にユネスコは,読書や出版,著作権を通じた知的財産保護の促進を目的に,毎年4月23日を「世界図書・著作権の日」(World Book and Copyright Day)と定めた。4月23日とされたのは,シェイクスピアやセルバンテス等の歴史上有名な作家が死去したとされる日にあたり,またスペイン・カタルーニャ地方で「サン・ジョルディの日」(サン・ジョルディとは聖人)として,本やバラを贈りあう日であることに因んでいる。日本でも,2001年に施行された「子どもの読書活動の推進に関する法律」によって,同日は「子ども読書の日」と定められている。各国では例年この日に,本や読書等に関連したイベントが開催されている。以下では,ユネスコによる「世界本と著作権の日」のポータルサイトに掲載された情報やインターネットニュース等の記事を基に,4月23日の各国でのイベントの様子をいくつか紹介する。...

E1167 - 非印刷出版物の法定納本に関する規則案をめぐる動向(英国)

英国では,2010年9月30日から2011年1月11日までの間,オンライン出版物等の非印刷出版物(non-print publications)の法定納本図書館への納本に関する規則案について,英国図書館(BL)等の納本図書館,出版社,関係団体等からの意見聴取が行われていた。2011年4月5日に,文化・メディア・スポーツ省(DCMS)は,意見聴取の結果を踏まえ,この規則案の実施を見送り,再度の検討を行うことを発表した。提案されていた規則案の概要と,それに対する反応等について紹介する。...

E1166 - 東日本大震災の被災図書館等への支援状況(2011/4/27現在)

2011年4月7日付けの『カレントアウェアネス-E』No.191(E1161参照)に掲載した「東日本大震災の被災者・被災図書館等への支援の輪が広がる」の続報として4月27日までの主な震災関連情報を紹介する。...