アーカイブ - 2011年 11月 25日 - book

E1242 - 欧州科学財団によるデジタル人文学のための研究インフラ提言

E1242 - 欧州科学財団によるデジタル人文学のための研究インフラ提言

「研究インフラなくして,人文学の重要な一部の研究を行うことは不可能であろう。」冒頭そのように説く報告書を,欧州科学財団(European Science Foundation)が2011年9月付けで公表した。報告書のタイトルは「デジタル人文学における研究インフラ」(Research Infrastructures in the Digital Humanities)という。報告書は,人文学の研究インフラに関する欧州レベルでの共通戦略に向けて,優先事項と今後の研究の指針を示すものであり,研究者や情報専門家(図書館員・アーキビスト等),研究助成機関等向けに作成された。2009年以来2年間の検討を経てまとめられたこの報告書では,人文学における研究インフラのケーススタディを多数収録しており,研究インフラが人文学の抱える問題の探求の方法と,人文学に対し新たな問いを投げかける手段を研究者に提供するものであるとしている。...

E1241 - ハイブリッドOAを巡る高等教育機関・出版社・助成機関の問題

E1241 - ハイブリッドOAを巡る高等教育機関・出版社・助成機関の問題

英国情報システム合同委員会(JISC)傘下のJISC Collectionsは,2009年から2011年にかけて学術ジャーナル出版の新たなビジネスモデルとしてのオープンアクセス(OA)出版をテーマに据えた,3フェーズから成る研究プロジェクトを実施した。2011年3月に開始されたフェーズ3では「ハイブリッドOA」モデルに焦点を当て,高等教育機関の図書館員や機関リポジトリ担当者,助成機関や出版社の関係者へのインタビュー等を行った。その結果が2011年9月付けで発表された報告書“JISC Collections Open Access Fees Project: Final Report”にまとめられている。...

E1240 - 図書館によるLinked Dataの活用へ向けたW3Cのグループの提言

E1240 - 図書館によるLinked Dataの活用へ向けたW3Cのグループの提言

2011年10月25日に,ウェブ技術の標準化を推進する団体W3C(World Wide Web Consortium)のLibrary Linked Dataインキュベーターグループが,図書館におけるLinked Data(CA1746参照)の活用に向けた最終報告書を公表した。同グループは,図書館データのウェブでの相互運用性の向上の支援を目的に,2010年5月から2011年8月まで設置されていたものである。なお,この報告書において“Library”という用語は博物館・美術館や文書館等も含む用語として使用されており,本稿においても,「図書館」をそのような意味で用いる。...

E1239 - オープンアクセスに関するIFLAの取り組み

E1239 - オープンアクセスに関するIFLAの取り組み

IFLA(国際図書館連盟)は,2011年10月11日に,オープンアクセス(OA)に関するタスクフォースを設立することを発表した。IFLAは2010年11月にOAに関するベルリン宣言(E144参照)に署名し,2011年4月にはOAに関する声明を発表している。声明は,IFLAの立場と戦略を明確にするためのもので,以下のような内容を含むものである。...

E1238 - 第13回図書館総合展が開催される

E1238 - 第13回図書館総合展が開催される

2011年11月9日から11日にかけて,神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で第13回図書館総合展/学術情報オープンサミット2011が開催された。来場者は3日間合計で25,631人であった。公式Twitterアカウント(@libraryfair)によるツイートが行われ,1・2日目にはウェブサイトに速報記事も掲載された。...