アーカイブ - 2011年 1月 20日 - book

E1138 - 国立国会図書館における2009年度の大量脱酸性化処理試行結果

 国立国会図書館(NDL)は,2009年度に,国内で実用化されている大量脱酸性化処理の二つの処理方法を試行し,その有効性,安全性等について調査した。『国立国会図書館における平成21年度の大量脱酸性化処理試行に関する結果報告』(2010年12月)は,その試行結果を取りまとめ,NDLホームページで公開したものである。...

E1137 - OCLC,利用頻度の低い資料の共同管理に向けたレポートを刊行

 2011年1月6日にOCLCが,“Cloud-sourcing Research Collections: Managing Print in the Mass-digitized Library Environment”と題するレポートを公開した。これは,大学・研究図書館が所蔵しているあまり使われていない印刷資料の管理を,共有サービス提供機関に外部委託することについて検証したものである。なお,この研究は,OCLC Research,米国を中心とした大学による共同デジタルリポジトリHathiTrust,ニューヨーク大学Elmer Holmes Bobst図書館,印刷資料を保存するReCAP(Research Collections Access & Preservation Consortium)による共同プロジェクトである。...

E1136 - 北米の大学図書館における障害者サービスの調査結果

 北米研究図書館協会(ARL)は,2010年12月に,報告書シリーズ“SPEC Kit”の第321号として,研究図書館・大学図書館における,障害のある利用者向けのサービスについての調査結果報告書を刊行した。ARLのウェブサイトで公開されている要約部分を基に,その概要を紹介する。...

E1135 - Wikileaksに対する図書館界の反応

 2010年12月3日,米国議会図書館(LC)は,米国政府の機密情報等を公開しているウェブサイト“Wikileaks”への館内からの利用者・職員によるアクセスを制限する措置を講じた。LCのブログには,その理由について,「法律により連邦機関は機密情報を保護する義務があり,不認可の暴露行為は機密状態を変化させるものではない」と記されている。この件に対する図書館界の反応を紹介する。...

E1134 - LJ誌がライブラリアン・オブ・ザ・イヤー2011を発表(米国)

 2011年1月15日付けのLibrary Journal誌で,2011年のライブラリアン・オブ・ザ・イヤーが発表された。選ばれたのは,公共図書館勤務を経て,現在は公共ラジオ局“National Public Radio”や地方のテレビ番組等のメディアでの活動や,自身のウェブサイトや著作等を通じて読書振興のために多彩な活動を行っている,パール(Nancy Pearl)氏である。...

E1133 - 電子書籍貸出サービスを開始した堺市立図書館にインタビュー

 2011年1月8日に,大阪府堺市立図書館が電子書籍の貸出提供サービスを開始した。このサービスの導入までの検討経緯,利用状況,そして今後の目標と課題等について,同館の担当者にインタビューを行った。...