アーカイブ - 2010年 6月 24日 - book

E1065 - 国立情報学研究所オープンハウス2010<報告>

2010年6月3日と4日の2日間にわたり,国立情報学研究所(NII)において「NIIオープンハウス2010」が開催された。特に2010年はNIIの10周年記念イベントを兼ねており,多様なテーマの講演,展示等が催された。ここでは筆者が参加した6月4日のプログラムについて報告する。...

E1064 - スミソニアン協会,資料デジタル化についての戦略文書を公表

スミソニアン博物館等を運営する米国のスミソニアン協会(以下「スミソニアン」とする)は,2010年5月に,今後5年間における資料デジタル化の戦略を示した文書「デジタル・スミソニアンの創造」(“Creating a Digital Smithonian”)を公表した。その概要を紹介する。...

E1063 - “2010 Library of the Year”受賞館が発表される(米国)

2010年6月7日,米国のLibrary Journal誌(LJ)と出版大手のGale社が選定する“2010 Library of the Year”が発表された。受賞したのは,オハイオ州のコロンバス・メトロポリタン図書館(Columbus Metropolitan Library:CML)である。同館は,米国の公共図書館を独自の基準で評価する“Hennen's American Public Library Rating Index”でも,2008年に1位,2009年と2010年に2位になるなど高い評価を受けている。

E1062 - ポール・マッカートニー,LCのガーシュウィン賞を受賞

2010年6月2日,米国議会図書館(LC)がポピュラーソングの分野で優れた功績を挙げたアーティストに贈るガーシュウィン賞が,バラク・オバマ(Barack Obama)米国大統領の手により,ポール・マッカートニー(Paul McCartney)氏に授与された。...

E1061 - 電子ジャーナル契約料を巡りカリフォルニア大とNatureが火花

カリフォルニア大学(UC)と,総合科学雑誌Nature等を発行しているNature Publishing Group(NPG)が,2011年の電子ジャーナルの契約料を巡って,火花を散らしている。...

E1060 - 知識の生成と思索に貢献する“Europeana”を目指して

欧州デジタル図書館“Europeana”が,2005年の設立以来初めてとなる白書を刊行した。「知識=文脈の中の情報」(Knowledge = Information in Context)と題するこの白書は,Europeanaに携わるドイツ・フンボルト大学のグラートマン(Stefan Gradmann)教授によって著されており,Europeanaの役割が,文化遺産のデータを蓄積するにとどまらず,従来の電子図書館の枠組みを超えて,知識を生成することにあると述べられている。...