アーカイブ - 2008年 9月 - book

9月 25日

CA1670 - 中国图书馆的立法实践与研究进展 / 金晓明

图书馆事业的健康发展,需要强有力的法律作保障。依法治馆,走法治化道路,早已成为中国乃至世界各国的共识。多年来,我国图书馆工作者一直为制定图书馆法、建立图书馆法规体系进行了积极的实践探索,开展了大量深入研究,发表了大量论文讨论图书馆法制建设的有关问题,为推动我国图书馆法制化建设发挥了重要作用。中国改革开放30年,特别是进入21世纪以来,图书馆事业无论在事业规模、服务质量、管理水平和现代科学技术应用等方面都取得了有了很大的发展。图书馆立法实践和法规研究也达到了一个历史高潮。…

9月 22日

CA1673 - 研究文献レビュー:図書館史 / 三浦太郎

日本における近年の図書館史研究には顕著な特色が3つあると考えられる。それは、(1) 図書館史研究の方法論的な問い直し、(2) 日本の戦後図書館史の位置づけ、そして、(3) 人物への注目である。1990年代以降、図書館政策の転換や法制度の改変、利用者構造の変化など、図書館が急激な転換を求められるようになる中で、その存立基盤が歴史的に捉え返されている。…

CA1672 - マンガ同人誌の保存と利活用に向けて -コミックマーケットの事例から- / 里見直紀,安田かほる,筆谷芳行,市川孝一

1. はじめに 一般的に「同人誌」とは「主義・志などを同じくする人たちが、自分たちの作品の発表の場として共同で編集発行する雑誌」(『大辞林』 第2版より)のように定義される。 本稿ではこのうち、同人誌即売会や専門書店等で限定的な形で自費出版として頒布される、マンガ・アニメ・ゲーム等を題材としたいわゆる「マンガ同人誌」の保存と利活用の現状、課題について、筆者が運営に携わっている同人誌即売会「コミックマーケット」(以後、コミケットと呼ぶ)の事例を中心に紹介する。…

CA1671 - 「探究」を促進する学校図書館 / 足立正治

問われる受験型学力観 Benesse教育研究開発センターが実施している学習基本調査によると、1990年の第1回調査以来2006年の第4回調査まで、高校生の家庭での学習時間は減少の一途をたどり、達成意欲や「受験プレッシャー」の低下などもともなって全体的に「脱受験競争時代」の学習傾向が顕著になっているという(1)。その一方で、小中学生もふくめてトップクラスの生徒には、学習習慣が局所的に存在していることから、同センターは、競争する者と競争しない者との分化が進んでいると分析している。…

CA1670 - 中国における図書館法制定に向けての取り組みと研究動向 / 金晓明

図書館事業の健全な発展には、法律による強力な保障が必要である。法律に基づいて図書館を管理し法治化の道を進めることは、中国だけではなく世界各国においてかねてからの共通認識である。中国の図書館関係者は、長年にわたり図書館法の制定と関連法を含めた法体系の構築に向けて積極的な取り組みを進め、詳細な研究を行い、多くの論文を発表して、図書館法の制定に関する議論を交わし、図書館の法制化の推進に重要な役割を果たしてきた。…

CA1669 - Library of the Year -良い図書館を良いと言う- / 田村俊作

2006年、NPO法人知的資源イニシアティブ(IRI)は「Library of the Year」(以下「LoY」という。)という事業を始めた。毎年開催される図書館総合展のフォーラムの一つとして行われているこの企画は、幸い好評を得て、第3回にあたる2008年度は、総合展初日の11月26日(水)午後3時~5時に最終選考が予定されている。また、その前後に関連企画もある。…

9月 17日

E833 - ユネスコ,情報公開法に関する報告書の改訂第2版を刊行

2008年3月18日,ユネスコは情報公開法に関する国際的な動向について調査した報告書“Freedom of Information: A Comparative Legal Survey(情報の公開:比較法調査)”の第2版を公開した。...

E835 - 世界図書館情報会議(WLIC):第74回IFLA年次大会 <報告> 

2008年8月10日から14日まで,世界図書館情報会議(WLIC):第74回国際図書館連盟(IFLA)年次大会が「国境なき図書館:国際理解への航 海(Libraries Without Borders: Navigating Toward Global Understanding)」をテーマとして,カナダのケベックシティ・コンベンション・センター(QCC)で開催された。150か国以上から 3,000名以上が参加し,日本からは,長尾真国立国会図書館(NDL)館長を団長とするNDLからの代表団7名を含め,30名以上が参加した。...

E834 - 紀要電子化の周辺には,どんな世界が広がっているか?<報告>

2008年9月2日・9月3日の両日にわたり,京都大学数理解析研究所(RIMS)の主催,国立情報学研究所 国際学術情報流通基盤整備事業(SPARC Japan)の共催でRIMS研究集会(第4回 SPARC Japan セミナー2008)「紀要の電子化と周辺の話題」が開催された。...

E832 - BL,2011年までのデジタル化戦略を発表

英国図書館(BL)はこのほど,2008年から2011年にかけてのデジタル化戦略を発表した。戦略は,(1) イントロダクション,(2) 今後3年間のわれわれの活動の要因と優先順位,(3) 指針,(4) 実施上の留意点,(5) 戦略の見直し,(6) 成果の評価という6つのパートから構成されている。...

E831 - ブックトラックで図書館広報?!

『図書館情報学用語辞典 第3版』(丸善,2007年)によるとブックトラックは,「図書館内で資料の運搬用に利用する台車」「資料の運搬以外にも,返却 された資料や新着資料の一時的な展示用,返却台用,整理作業中の資料の積載用,参考係用のレファレンスブックの積載用など,図書館で多様に利用されてい る」と説明される。日本では,この辞書の説明にあるとおりの仕方で利用している図書館が多いのではないだろうか。...

E830 - 経営破綻したカレッジ図書館の悲劇(米国)

米国アラスカ州にある私立のシェルドン・ジャクソン・カレッジは2007年6月29日,長年にわたる経営トラブルから資金繰りに窮し,突如,全教職員を解 雇し,運営を停止した。これに伴い,同校の附属図書館も閉鎖を余儀なくされたばかりか,空調設備の停止等により,多くの貴重資料を含む蔵書が危機に瀕する 事態に陥っている。この惨状を,American Libraries誌が報じている。...

E829 - Google,過去の新聞記事のデジタル化・オンライン提供に着手

Google社は2008年9月8日,新聞社や出版社と提携して,過去の新聞記事をデジタル化し,オンライン上で検索・閲覧可能にするプロジェクトを開始 した。Google社の最終目標は,同社が数十億ページあると試算する,あらゆる新聞の紙面にすべての人々がアクセスできるようにすることだという。...