アーカイブ - 2007年 6月 27日 - book

E667 - 近代デジタルライブラリー,大正時代の図書を提供開始

2007年7月3日,国立国会図書館の「近代デジタルライブラリー」が,大正時代の図書約15,700冊の提供を開始する。「近代デジタルライブラリー」はインターネットを通じて利用可能な,図書の画像データベースである。これまでは明治時代の図書のみが対象だったが,大正時代の図書が初めて加わ…

E666 - NDL,NDLSH2006年度版を公開

国立国会図書館(NDL)は,書誌情報の主題アクセスツールである『国立国会図書館件名標目表』(NDL Subject Headings:NDLSH)を更新し,2006年度版としてホームページ上に公開した。今回公開した2006年度版は,2007年3月末までに行われた標目の新設・訂正・削除を反映したものである。 NDLでは,2004…

E665 - “Evidence Base”のティーン向けサービス・ワークショップ

英国バーミンガム大学図書館は,2004年から“Evidence Base”というプロジェクトを実施している。これは,根拠(エビデンス)に基づいた図書館業務の設計(EBLIP;E583,CA1625参照)を推進するための活動であり,実務者,研究者,政策決定者に対するエビデンスの生成や利用の広報調査や評価の成…

E664 - LC,資料劣化調査にセルロースの専門家を招聘

米国議会図書館(LC)は約1億3千万点の資料を所蔵する,世界を代表する図書館のひとつである。所蔵資料には図書や雑誌をはじめ,希覯書,文書類,映画フィルムなどの貴重なものが多数含まれている。 この貴重な資料の保存に関する研究については「保存研究・試験部門(Preservation Research an…

E663 - レファレンスの記録分析で,心の行き届いたサービスを

カナダのゲルフ大学は,学生数17,000人,遠隔教育の受講生16,000人の大学であり,2001年からDocutek VR(SirsiDynix社)という専用ソフトを使用して同期型のバーチャルレファレンスサービス(VRS)を提供している。ここに2005年9月から2006年2月までに蓄積された記録約600件を分析した研究が,Evidence Based …

E662 - OCRで識別できない大量の文字を,効率的に識別する方法?

近年,書籍をデジタル化する大規模なプロジェクトが,図書館,出版社,データベース提供事業者,インターネット検索サービス提供事業者など,多くの主体によって展開されている。これらのデジタル化プロジェクトの中には,書籍をスキャナーで読み取って画像化した上で,光学式文字認識…

E661 - 図書館への「愛」を表現して10,000ドル

米国で,図書館への「愛」をテーマとしたビデオコンテスト“I Love My Library !”が開催された。賞金総額は10,000ドル。図書館をどれだけ大切に想っているか,図書館員であることをどれだけ楽しんでいるかを2分以内の動画で表現する。全米から175作品以上がエントリーされ,2007年6月24日,ワシン…