アーカイブ - 2007年 3月 28日 - book

E628 - IFLA,政府機関図書館のためのガイドライン策定へ

2007年3月5日,“政府機関図書館のためのガイドライン”(Guideines for Libraries of Government Departments)の草案(Version1.0)が公開された。このガイドラインは,国際図書館連盟(IFLA)の政府機関図書館分科会,政府情報と官庁出版物分科会,議会のための調査サービス分科会が,2004年から2年以上かけ…

E627 - 分断されたコミュニティの架け橋として進む図書館協力(南ア)

南アフリカでは,富裕層/貧困層間もしくは就業者/未就業者間の情報格差,図書館サービスの分断や資料の配置の不均衡,あるいは図書館情報専門職の分断など,かつてのアパルトヘイトが残した負の遺産の解決が課題となってきた。このような分断されたコミュニティの架け橋として,図書…

E626 - 公共図書館の協同レファレンスサービスへ向けて基礎調査(韓国)

韓国国立中央図書館は2006年9月,同館が計画する協力型デジタルレファレンスを実現するための基礎調査として,公共図書館のレファレンスサービスに関する実態調査を実施した(E572参照)。この結果が同館のウェブサイトで公開されている。 この調査はインターネットで行われ,全国514の公…

E625 - Web2.0時代の図書館マーケティングを考える

2005年には「Library2.0」という業界用語が登場するなど,図書館界でもWeb2.0の急速な広がりに対応しようとする動きが活発化している(CA1624参照)。中でも,ブログを活用したオンライン読書会(E194参照),フォークソノミーを取り入れたOPACの提供(E595参照)など,Web2.0のツールを活用した図書館サ…

E624 - ワイリー社−ブラックウェル社の合併と学術図書館界の反応

2006年11月17日,ワイリー(Wiley)社はブラックウェル(Blackwell)社の買収を発表した。 ワイリー社は主にSTM(理学,工学,医学)分野や法律分野に関する学術雑誌を約500タイトル,ブラックウェル社は約750タイトル刊行しており,合併後はあわせて約1,250タイトルの学術雑誌を刊行することにな…

E623 - オープンアクセス運動に対し出版界が立場を表明(欧州)

欧州連合(EU)内では,研究助成成果のオープンアクセスを求める運動(E604参照)や欧州委員会(EC)による学術情報のアクセス,提供,保存に関する通知(E611参照)など,学術情報の流通に関係した各機関の動きが活発化している。このような中,「これまでは沈黙を守ってきた」とする出版…

E622 - AIRway: 機関リポジトリ収録文献への「風通し」を良くする試み

北海道大学など国立大学5大学と国立情報学研究所が共同で,リンクリゾルバ(CA1482参照)を利用して,機関リポジトリ(E323参照)に収録された学術文献にナビゲーションするシステムの構築を進めている。このプロジェクト“AIRway(Access path to Institutional Resources via link resolvers)”はオープンア…