アーカイブ

3月 2日, 2006

ベルリン市、失業者・社会扶助対象者の図書館利用を無料に

ベルリン市は2006年から、失業者・社会扶助対象者が公共図書館を無料で利用できるように変更しました。これまでは、毎年、利用登録証の作成費用として5ユーロ(約690円)かかっていました。http://www.berlin.de/landespressestelle/archiv/2005/12/20/33577/index.html

Library Journal 3/1/2006

Library JournalMarch 1, 2006http://www.libraryjournal.com/community/891/Current+Issue/43259.html?pubdate=3%2F1%2F2006Striking Thirteen By Ann-Marie Breaux & Laura Dawson Paraprofessional of the Year 2006?Valeria Fike By John N. Berry III Hot Ice, Cool Birds By Gregg SappConferencing @ Your Computer By Steven Bell & John D. Shank Boston Beckons By Michael Rogers Down South America Way By…

3月 1日

Google Book Search裁判の行方

Googleによる画像のサムネイル使用が著作権侵害にあたるという裁判所の判決が、全米作家協会やAAPが訴えているGoogle Book Searchへの裁判にどう影響するかが話題になっています。Ruling may undercut Google in book scan fighthttp://news.com.com/Ruling+may+undercut+Google+in+book+scan+fight/2100-1030_3-6043322.html

中国で辞書の間違いで訴訟沙汰?

中国で、とある辞書に間違いが多いとして、辞書を売った書店を訴えているという事件があるそうです。原告は、仕事を辞めて辞書を点検することに8年間費やした結果、定義や用法が「間違っている」語が4000以上にものぼることを発見したそうです。そして、書店でこの辞書を売るのをやめる…

OAジャーナルのゲートウェイJ-Gate

オープンアクセスジャーナルのゲートウェイ「J-Gate」が公開されていました。キーワードでOA論文が検索でき、フルテキストに飛ぶことができます。現在のところ約3000誌収録、毎年30万件の論文追加されるそうです。What is Open J-Gate?http://www.openj-gate.com/AboutOpenJgate.asp

図書館関係ブログ10選

LISNewsに、2006年に読むブログ10選がポストされていました。10 Blogs To Read in 2006http://features.lisnews.org/article.pl?sid=06/02/21/1328204

フィリピンの大学図書館

米国の大学図書館員がフィリピンのいくつかの大学図書館を訪問してのレポートを公開しています。Academic Librarieshttp://filipinolibrarian.blogspot.com/2006/02/academic-libraries.html参考:◆CA1540◆フィリピン・ライブラリアンシップ法-専門職の法による確立-http://www.ndl.go.jp/jp/library/current/no282/doc0003.htm

エール大学図書館、イラクの学術雑誌をデジタル化

米エール大学図書館は、人文基金(NEH)の助成を受けて、所蔵するイラクの学術雑誌をデジタル化するプロジェクトを始めるそうです。National Endowment for the Humanities Funds Yale Effort to Preserve Iraqi Journalshttp://www.yale.edu/opa/newsr/06-02-20-01.all.html

総務省、日本ブログ協会設立

総務省が日本ブログ協会なるものを設立しています。日本ブログ協会の設立http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/060228_4.html

2月 28日

LISU、英国図書館統計2005ダイジェスト版

英ラフバラ大学LISUから、英国の図書館に関する2005年統計のダイジェスト版が出ています。Digest of Statistics for Museums, Libraries and Archives 2005http://www.lboro.ac.uk/departments/dils/lisu/pages/publications/digest05.html

米国立公文書館、Google Videoで歴史的映像を公開

米国立公文書館が(NARA)が、Googleと協同して、歴史的な記録映画などをGoogle Videoを通して提供し始めました。

National Archives and Google Launch Pilot Project to Digitize and Offer Historic Films Online
http://www.archives.gov/press/press-releases/2006/nr06-64.html

電子インク(Electronic ink)は出版業界を変えるか

白と黒の細かい粒子を電圧によって組み合わせることで、紙に印刷されたインクと同様の見た目を実現しながら表示内容を自由に変えることができる「電子インク」が電子本などに使われ始めていますが、これがPDAなどの携帯端末や出版業界にどのような影響を及ぼすか、といった点に言及した…

2月 27日

WIPO開発アジェンダ2月の会議

IPWatchに、2月21日に開催されたWIPOの開発アジェンダ会議の様子が掲載されています。eIFLから図書館における電子資源保存の問題、DRMの問題などが報告された模様です。Experts Discuss Balance Between Digital Content Access, Protectionhttp://www.ip-watch.org/weblog/index.php?p=229

電子メールの保存−NARAの新たなルール

米国国立公文書館・記録管理局(NARA)は2月21日、政府機関が電子メールなどの電子記録をいかに保存すべきかを定めた新規則を発表しました。
これは、電子記録の管理を定めた36CFR Part1234を改正したもので、これまで印字して保存しておく必要のあった電子記録のうち保存期間が180日以下のものについては印字の必要がなくなること、例えば電子メールであればPC上に保存されているメールの状態で保存すればよくなることを定めています。
報道記事では、これにより「印刷の手間と綴じる手間が省ける」といった効果が示されています…。

36CFR Part1234の改正
http://frwebgate.access.gpo.gov/cgi-bin/getdoc.cgi?dbname=2006_register&docid=fr21fe06-8.pdf


ALAの報道記事から

政府情報へのアクセスのイントロ(デンマーク)

デンマーク人権研究所が、政府情報へのアクセスについてのイントロダクションを公開しています。An Introduction to Openness and Access to Informationhttp://www.humanrights.dk/upload/application/a99e42a1/accesstoinformation.pdf

WIPO開発アジェンダに関する3Dレポート

国際的な人権擁護団体3Dが、WIPOの開発アジェンダ、A2K協定に関するレポートを出しています。POLICY BRIEF ON INTELLECTUAL PROPERTY, DEVELOPMENT AND HUMAN RIGHTS:HOW HUMAN RIGHTS CAN SUPPORT PROPOSALS FOR A WORLD INTELLECTUAL PROPERTY ORGANIZATION (WIPO)DEVELOPMENT AGENDAhttp://www.3dthree.org/pdf_3D/3DPolBrief-WIPO-eng.pdf参考:■E378■ WIPO開発アジ…

障害者向け図書館サービスの情報源−MLAのウェブ情報

英国の博物館、図書館、文書館国家評議会(MLA)はこの度、障害者向け図書館サービスを運営する図書館・図書館員に向けた情報源を集めたウェブサイトを開設しました。大きく10項目(障害を理解する、ウェブサイトを含めて情報源を知る、自館の蔵書・技術を分析する、…など)に関する情…

Consumer International、アジアの著作権法の動向レポート

Consumers International Asia Pacific Officeが、アジア11か国(中国、インド、カンボジア、カザフスタン等)の著作権法における著作権保護/例外規定について調査し、レポートを出しています。Copyright and Access to Knowledgehttp://www.consumersinternational.org/Templates/Internal.asp?NodeID=95105&int1stParentNodeID=89652&int2ndPare

エルゼビア社、NIHのパブリックアクセス方針に対する新方針

エルゼビア社は新しい方針として、NIHのパブリックアクセス方針が適用される研究論文について、エルゼビア社が最終原稿を査読コメント付きでPubmed Centralに登録することにしたそうです。Guide for AuthorsMANUSCRIPT SUBMISSIONhttp://authors.elsevier.com/GuideForAuthors.html?PubID=525489&dc=GFA詳しくは全てエルゼ…

日本の企業・行政の情報発信

RSSを利用したニュースアグリゲートサービス「Unwrap」を提供している株式会社inomaが、1000社ほどの企業・行政機関の情報提供状況を調査しています。約60%がプレスリリースや新着情報などの情報を提供しているそうですが、RSSを採用しているのは1.5%だそうです。情報発信にRSSを採用し…

ページ