アーカイブ - 2022年 8月 31日

鎌倉市(神奈川県)、鎌倉の町並みの変遷をたどる写真記録集を作成するためのガバメントクラウドファンディングを実施中

2022年8月9日、神奈川県の鎌倉市が、鎌倉の町並みの変遷をたどる写真記録集を作成するためのガバメントクラウドファンディングを実施することを発表しました。

これまでに鎌倉市中央図書館近代史資料室で収集してきた数万点の写真の中から、昭和30年代から50年代にかけての鎌倉の風景約1,000点を地域・テーマ別に編集し、写真記録集として発行するとしています。写真記録集は電子書籍化も予定されています。

鎌倉の町並みの変遷をたどる写真記録集を作成するためのガバメントクラウドファンディングについて(鎌倉市,2022/8/9)
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kisya/data/2022/20220809-02.html

【イベント】日本図書館研究会第379回研究例会「指定管理者制度とNPOによる図書館運営-「まちの住民の声の記録15年間」の歩みから-」(9/25・大阪)

2022年9月25日、日本図書館研究会第379回研究例会「指定管理者制度とNPOによる図書館運営-「まちの住民の声の記録15年間」の歩みから-」が大阪市立総合生涯学習センターにおいて開催されます。

発表者は下吹越かおる氏(特定非営利活動法人 本と人とをつなぐ「そらまめの会」理事長・鹿児島県指宿市立図書館長)です。公共図書館の指定管理制度導入が決まったまちのNPOとしての能動的な実践例から成功例と課題を検討するとあります。また、発表者からの話題提供としての発表の後,参加者との質疑応答・意見交換の時間が設けられます。

定員は40人で、事前の申し込みが必要です。

日本図書館研究会 第379回研究例会(日本図書館研究会)
https://www.nal-lib.jp/379reikai/

オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)、教材「情報基盤スタッフ向けの研究データマネジメント」を公開

2022年8月19日、オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)が、教材「情報基盤スタッフ向けの研究データマネジメント」を公開しました。

JPCOAR研究データ作業部会が2020年に公開した「研究者のための研究データマネジメント」を基に、大学ICT推進協議会(AXIES)研究データマネジメント部会のメンバーが再構成・加筆を行ったと述べられています。

「概要と背景」、「研究前 データ管理計画(DMP)の作成」、「研究実施中 研究データの保存」、「研究実施中 データの収集・分析・整理」、「研究後 研究データの公開」で構成されているとあります。

2022年度お知らせ(JPCOAR)
https://jpcoar.repo.nii.ac.jp/news/2022
※2022年8月19日付で「教材「情報基盤スタッフ向けの研究データマネジメント」の公開について」が掲載されています。

品川区(東京都)、戸籍専門書籍の電子書籍AI検索サービスを導入:戸籍事務における業務効率化等

2022年8月26日、東京都品川区が、戸籍専門書籍の「電子書籍AI検索サービス」を利用開始したことを発表しました。

日本加除出版株式会社の専門書籍を中心とした約370冊の戸籍関連書籍の電子データ化を行い、人工知能(AI)で検索を行うことができるサービスです。導入の目的として、戸籍事務における業務効率化、区民対応の時間短縮と正確性の向上が挙げられています。

同サービスは、2020年11月から2021年3月にかけて、同区と富士通Japan株式会社による実証実験が行われ、1か月の戸籍届書類審査等約150件の調査時間が、従来の77時間から40時間に短縮できることを確認したと述べています。

全国初!戸籍専門書籍の電子書籍AI検索サービスを利用開始(品川区, 2022/8/26)
https://www.city.shinagawa.tokyo.jp/PC/press_release/press_release-2022/20220824201608.html

カナダ・ケベック国立美術館、美術作品の3Dデジタル化に関するガイドを公開

2022年8月22日、カナダのケベック国立美術館(Musée national des beaux-arts du Québec:NMBAQ)が、美術作品の3Dデジタル化に関するガイドを公開したと、同館のTwitterで発表しました。

美術作品の3Dデジタル化について、特にフランス語の資料がないことを踏まえ、ケベック文化通信省がMNBAQに技術の試験・ガイドの作成を委託したとあります。ガイドは、同館の写真や博物館学の専門家が構成する学際的チームにより1年間かけて作成されました。

文化や遺産に関係する機関にとって必要な技術や最適な手法、予算、人的リソースに関するニーズ、3Dデジタル化の現在と将来の可能性について情報を提供するものであると述べられています。3Dデジタル化の起源や基本原則、実施に向けての準備、技術に関する情報、構造光やフォトグラメトリによる3Dデジタル化の手順、手法の比較と推奨事項等がまとめられています。

@mnbaq(Twitter, 2022/8/22)
https://twitter.com/mnbaq/status/1561713564783677440

実践女子大学・実践女子大学短期大学部図書館、冊子『図書を探索する:インターネットと書誌情報』を公開

2022年8月30日、実践女子大学・実践女子大学短期大学部図書館が、『図書を探索する:インターネットと書誌情報』をリポジトリで公開したことを発表しました。

同書は1997年のものであり、1998年に初版が出た『インターネットで文献探索』の第0版ともいうべき冊子と説明されています。主要国のOPAC、雑誌記事・論文索引サービス、新刊情報の入手、古書の検索等についてまとめられています。

また、同館のウェブページ「図書・雑誌探索ページ」において、2022年5月に刊行された『インターネットで文献探索2022年版』が公開されています。

沿革(実践女子大学・実践女子大学短期大学部図書館)
https://www.jissen.ac.jp/library/library_info/history/index.html
※「図書館プレイバック(2022年8月30日追記)」欄に『図書を探索する:インターネットと書誌情報』を掲載したとあります。

ラトビア教育科学省、2021年から2027年までのオープンサイエンス戦略の英語版を公開

2022年8月9日、ラトビア教育科学省が、2021年から2027年までのオープンサイエンス戦略の英語版“Latvian Open Science Strategy 2021-2027”を公開しました。

同戦略は、社会、研究者、企業、政策立案者等に自由にアクセスできる学術情報を提供し、学術研究の進展への社会的関与を促進することを目的としており、コミュニケーションや普及のために英語への翻訳を行ったとあります。

発表によると、「学術出版へのオープンアクセス」、「FAIR研究データ」、「市民科学」の3つで構成されています。

Latvian Open Science Strategy 2021-2027 now in English(Ministry of Education and Science Republic of Latvia, 2022/8/9)
https://www.izm.gov.lv/en/article/latvian-open-science-strategy-2021-2027-now-english